5:819


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

819 :名無しさんなんだじぇ:2012/08/02(木) 02:38:23 ID:uTd7HeqQ
ツモ リンシャンカイホウ
ギャー! マタヤラレタシ!

イリヤ「また何の騒ぎ?」
リボンズ「なに、ただ彼女たちが麻雀をしているだけだよ」

部長「ロン、5200!」

イリヤ「普通の麻雀じゃないの? 牌の一部は透けてるし、台も真ん中に穴開いてるし山も積んでないし、全員右手に革手袋してるし」
リボンズ「まぁちょっと特殊なルールなのは間違いないね」

とーか「ツモですわ! 2000、3900!」

イリヤ「それで、今は誰が勝ってるの?」
リボンズ「さぁ?」
イリヤ「……見てたんじゃないの?」
リボンズ「みんな交代で打ってるみたいだし、僕も真剣に見てないから」

衣「ツモ、リーチ一発海底摸月ドラドラ、6000オール」

リボンズ「でもあのルールなら、誰が有利で誰が不利かくらいは分かるよ」
イリヤ「へー……聞かせて貰おうじゃない」

和「ツモ、2000、4000」

リボンズ「まず原村和や龍門渕透華のようなデジタル派は有利だね」
イリヤ「理由は?」
リボンズ「デジタルは場の捨て牌や副露牌、そして自分の手牌などの見えている牌から、受け入れ牌の種類と枚数、残っている牌の確率なんかを効率的に考える」
イリヤ「なるほど、見えてる牌が増えてるこのルールなら、より正確な確率を叩き出せるわけね」
リボンズ「そういうこと。まぁ龍門渕透華は、度々ブレるみたいだけど」

モモ「ロン、5800っす」

リボンズ「彼女もまぁ有利かな」
イリヤ「ステルスの前じゃ、自分の手牌が透けてても関係ないもんね」
リボンズ「一部の人間には通用しないみたいだけどね」

加治木「ロン、11600」

イリヤ「他は?」
リボンズ「加治木ゆみはガラス牌を逆に利用する打ち方をしてる。竹井久も相変わらずの悪待ちだけど、どちらも手牌によるね。ガラス牌のおかげで待ちがバレバレじゃ意味ないし、逆に待ちを勘違いさせる手もある」

美穂子「ツモです、1000、2000」

リボンズ「彼女はちょっと不利かな。彼女のすごいところは他家の理牌の癖や視線の動きなんかから相手の手を読むことだけど……」
イリヤ「最初から何枚か見えてたらその力も半減か。それでもそれなりに勝ってるみたいだから対したものね」

咲「カン……ツモ、嶺上開花、4000、8000です」

リボンズ「……彼女と天江衣は言うまでもないね」
イリヤ「山積んでなくても関係ないんだ」
リボンズ「……とまぁ、色々言ってはみたけど……」

池田「ギニャー! また負けたしー!」

リボンズ「結局どんなルールでやっても、この面子じゃ彼女がカモにされちゃうんだよね」
イリヤ「……あの子も実力者の筈なのにね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。