5:817


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

817 :名無しさんなんだじぇ:2012/07/19(木) 02:00:10 ID:5ip9fOB.
~ν放課後ティータイム練習場~

ジャーン♪

モモ「先輩、お疲れ様っす」っ水
かじゅ「あぁ、ありがとうモモ」

ムギ「何だかすっかりマネージャーみたいになっちゃってるわね」
律「ゆみさん専属だけどな~」
美琴「結局、部屋も一緒になったんだっけ?」
梓「みたいですね。当たり前みたいに同じ部屋に入って行きましたから」
唯「仲睦まじい先輩後輩だね~、羨ましい。あずにゃんももっと先輩に甘えていいんだよ~?」
律「そうだぞ梓~」
梓「遠慮させて頂きます」
美琴「……どっちが後輩か分からないわね」

プリシラ「ああぁーーーっ!!」

唯「ど、どうしたのプリプリ?」
律「急に大声出して何だ?」
プリシラ「……謝って貰ってない」
ムギ「? 何のこと?」
プリシラ「私、ホバーベースの事、ルルーシュに謝って貰ってない!」
全員「…………はい?」
プリシラ「だ、だから、あいつの所為であんな風に大破したんだから、謝罪の一つくらいあっても」
かじゅ「いや、ホバーベースを壊したのは信長なんだが」
梓「そもそもあの人、ホバーベースの持ち主がプリシラさんだってことも知らないと思うし」
モモ「実際私は今知ったっす」
美琴「それに今更そんな話されてもねぇ」
プリシラ「何かみんな冷たい!?」
梓「というか、あれだけ大破してたらもうこっちに来てるんじゃないですか?」
律「あー確かに」
プリシラ「そ、そっか……そうだよね。じゃあデュオたちに修理頼まなきゃ」
美琴「もう勝手にやってる気もするけど」
唯「そうだね、きっと船の中にあったロボットとかと一緒に直してるよ」
梓「そういえばありましたね、そんなものが船の中に……!?」
唯「? どうしたのあずにゃん?」
梓「……船の……中……!?」
律「あ……!」
ムギ「そ……!」
かじゅ「……!」
美琴「ま……!」
プリシラ「……!」
モモ「? どうしたんすか皆さん?」
梓「あ、あの東横さん、つかぬことをお訊きしますが……」
モモ「何すか?」

梓「唯先輩の遺体って、何処にあったか覚えてます?」
モモ「え? 保管カプセルに入れてそのままなんじゃないっすか」

全員「…………」
唯「……ねぇ」
律「さぁ練習再開するか!」
梓「そうですね! そうしましょう!」
唯「……もしかして私、死体損壊」
ムギ「唯ちゃん! それ以上言っちゃダメ!」
かじゅ「気にしても無意味だ!」
美琴「そうそう! 歌って忘れちゃいましょう!」
唯「そ、そうだよね」
プリシラ「それじゃ次何にする?」
律「んーそうだなー」
モモ「……この話はこれ以上しない方がいいみたいっすね」

【でも実際まだホバーベースに残ってたらバラバラの黒こげは間違いない気がする】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。