4:877


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

877 :名無しさんなんだじぇ:2011/12/23(金) 23:23:24 ID:gu.tPfGo
【食堂】

上条「………」グッタリ
士郎「………」グッタリ

セイバー「ご馳走様でした」
インデックス「ごちそうさまなんだよ!」
C.C.「ふん…まずまずだな…」
美琴「散々食っておいてその態度は何ッ!?」
C.C.「仕方ないだろ。アーチャーのピザと比べたらやはりまだまだだ」
黒子「文句言いつつ全部食べているではありませんの!」
C.C.「リ○ークだって禁断症状を抑える為に乾いたリンゴを食べてたぞ」
美琴「本当にあれと一緒のレベルかアンタは!?」
C.C.「しかしアーチャーの奴…いつになったら帰って来るんだ?」
ひたぎ「病院もいつの間にか退院してたらしいわね…」
黒子「確かに早く帰ってきて下さらないと、士郎さんの負担が増えるばかりですの…」
上条「…あ、あの…俺は?」
衣「なあシーちゃん…上条も衛宮も大分疲れている…。
  シーちゃんが前に持っていたハロに手伝わせることはできないのか?」
C.C.「それは無理だな。この前のハロは麻雀専用ハロだ。料理はできない」
衣「むぅ…そうなのか…」
C.C.「料理の手伝いならこっちの料理専用ハロでないと」
ハロ「リョウリ!リョウリ!」
ひたぎ「あら?それ出しちゃうの?」
衣「おお!やっぱりシーちゃんは何でも持ってるんだな!」
C.C.「何でもは持ってないさ、持っているものだけだ」
全員「いやもっと早く出せよそれ!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。