4:656~659


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

656 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/25(金) 00:04:12 ID:zV1cDeOM
―――死者スレ控え室―――

ひたぎ「ただいまーっと」
C.C.「おかえりーっと」
ひたぎ「って私達こんなこと言うキャラじゃないでしょう…」
C.C.「まぁそれは今更だろう…大体キャラを崩さず『死者スレ』で出番をもらえるキャラなど、極々限られる」
ひたぎ「それもそうね……痛ッ…」
C.C.「ん?…どうしたひーちゃん?」
ひたぎ「いえ…さっきの戦闘で少し怪我をしたのよ…」
C.C.「何だと?…確かによく見たら制服も結構ボロボロだな…」
ひたぎ「まあ仮にもガンダムパイロットとBASARA世界の住人よね…登場率の減少で弱体化してなければ間違いなく死んでたわ…」
C.C.「それはそうだろ…ひーちゃんは本来普通のか弱い女子高生なのだからな…ちなみにどれくらい弱体化してたんだ?」
ひたぎ「ある程度戦闘した感じだと、本来の力の二分も出てないわね…」
C.C.「二分…つまりたった2%?いくら何でもそれは弱すぎだろう…今のひーちゃんは通常の数倍の力を持っているというのに…」
ひたぎ「それだけここ最近の空気っぷりが響いたということでしょうね…本番までには勘を取り戻して欲しいものだわ…」
C.C.「まぁ確かに…それより今は怪我の手当てだ。ちょっと診せてみろ」
ひたぎ「え?大丈夫よ…大したことないわ…」
C.C.「駄目だ。痕が残ったら大変だ。早く服を脱いで診せてみろ」
ひたぎ「…『死者スレ』では痕も残らず治るんだけど…はぁ…分かったわ…」


657 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/25(金) 00:04:39 ID:zV1cDeOM
C.C.「ふむ…よく診たら体中傷だらけじゃないか…」
ひたぎ「…そんなにじっくり見ないでよ…」
C.C.「せっかくの綺麗な肌が…あいつら許さん…今から私が潰しn」
ひたぎ「いやさすがにシーちゃんが行くのは…それに彼らもう充分潰れてるし…」
C.C.「む…そうか…ひーちゃんがそう言うなら…」
ひたぎ「でもシーちゃんがピザ以外のことでそこまで怒るなんて、珍しいわね…」
C.C.「当り前だ。嫁入り前の親友が傷物にされたのだからな」
ひたぎ「…何だか違う意味に聞こえるんわね…そして嫁入り前も何も、私達はもう死んでるんだけど…」
C.C.「しかし阿良々木暦が羨ましいな…こんな魅力的な彼女がいるとは…」
ひたぎ「あのー…シーちゃん?」
C.C.「いや…そんな彼女との関係がAで止まってしまったのは、逆に不幸なのかもしれんな」
ひたぎ「………もう服を着ていいかしら?」
C.C.「まあ待て…そんなに慌てることはないだろ?」ピタ
ひたぎ「ひゃんっ!へ、変なところ触らないでよ!」
C.C.「ひーちゃんでもそんな声を上げるんだな…」ツツー
ひたぎ「ちょ、ちょっと…!」
C.C.「今は私とひーちゃんの二人っきりだな…」
ひたぎ「…上条君が出て行ったからね…」
C.C.「そうだな…今は解散してよかったと思えるよ…」フー
ひたぎ「あっ…!」
C.C.「ひーちゃんもそう思わないか…?」
ひたぎ「……そうね」


658 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/25(金) 00:05:05 ID:zV1cDeOM
C.C.「ひーちゃん…」
ひたぎ「シーちゃん…」
神原「…という展開がその後待っていたのではないかと私は思うのだがどうだろう!?」
ムギ「GJよ神原さん!!」
真宵「人に事後報告させといて何を妄想してるんですか!!?」
神原「これは今すぐ薄い本を描かなければならないな!」
ムギ「そうね!何部くらい刷ればいいかしら!?」
真宵「やめてください!!殺されますよ!?」


659 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/25(金) 00:05:57 ID:zV1cDeOM
オーナー「まぁ冗談はこれくらいにして真面目な話をしましょう」キリッ
モンキー「うむ、そうだな」キリッ
ゴースト「………一体どこまでが冗談だったのか…」
オーナー「まさかガンダムバカ、ホンダム、みっちー、ザ・自爆の戦闘力が、そこまで落ちていたなんて…」
モンキー「これは忌々しき事態だ…わずか2%の力しか出せないのでは、彼女を止めることなど出来るはずがない…」
ゴースト「…いやそれも妄想の一部なんじゃ…」
モンキー「さっき先輩に聞いてきた」
ゴースト「じゃあ私の報告いらないじゃないですか!?…でも登場率がそこまで戦闘力に影響するもんなんですかね…?」
オーナー「事実影響しているのです…今までも前例がなかった訳ではありません」
ゴースト「まぁ…そうですけど…」
オーナー「これは作戦を見直す必要が出てきましたか…ふなちゃんの再生力が落ちていないのは不幸中の幸いでしたね…彼には更に期待しましょう」
ゴースト「………頑張れふなちゃん…」
モンキー「或いは4人の登場率を回復させるのはどうだろう?」
ゴースト「おお!それはいいアイデアです!!」
オーナー「成程…それで?ネタはあるのですか?」
モンキー「…ネタ?」
オーナー「はい…ネタがなければレスに登場出来ず、登場率の回復も望めませんよ?」
モンキー「………」
ゴースト「………」
オーナー「………」
モンキー「他の書き手に期待しよう!!」
オーナー「それがいいですね」
ゴースト「最後は丸投げ!?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。