【速報】アフィカスはちま、盲腸の手術中に死亡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2012/06/08(金)21:03:04 ID:???
ー医者は人の体を治せても・・・・ゆがんだ心の底まで治せん
そんな手塚治虫の名作漫画「ブラックジャック」の台詞が聞こえて来るような結末だった。
この日アフィカスはちまは腹痛を訴え近くの病院を来院。
病院で働く医師たちに「俺はお前らより稼いでいる」「そんなに働いて馬鹿じゃないの」などの暖かい言葉をかけて大顰蹙をかうと、
診断室では「美人の看護婦以外には触られたく無い」などと言って大暴れ。
最終的に盲腸という診断が出た後も「○○病院がヤブ過ぎると話題」などと不愉快な記事を更新し続けた。
しかし手術が始まると運命のイタズラかアフィカスはちまの容態が急変。突如「もう痛くなくなった」などと訳の分からない事を言い出したため、
全身麻酔に切り換えて大掛かりな手術を敢行。心臓を電子レンジでチンする、盲腸だけ残して他を全部切り取る、などの治療が行われ、
その甲斐も有ってか無事に死亡した。

この件に関して保土ヶ谷在住の轟音さん(仮名)は「糞箱チョン六丸WWWW」とコメント。そのまま脱走して来た精神病院に収監された。

なお次の更新には間に合う模様


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。