.              ,..:::´:::::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::::::::::::...
             ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::..
            .,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::::::::.::.
           /.::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘;::::::::::::::::::::::::::::::::.:::
           ,':::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::
         .i::::;i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';::::::::::::::|:::::::::::::::::::
        .:;:::刈::::::::::::i:::::::::l::::::::';:::::::::::l::::::|:i::::‘;::::::::::::';::::::::::::::::::l
          ':/l::|l::::::::::::';::::::::|:::::::::i:::::::::::|i::::N:::::‘:::::::::::::l:::::|:::::::::::::,
         .l':::|::l:';::::::::::::';:::::::';::::::l|::::::::: l:';:_|_|:::::::l;::::::::::::|::::|::::::::::::::',
        /|::::|::|l‘;::::::::::.∨::::';::: l|:::::::::ナ'∨ L:;ノl::::::';:::::l::::'::::::::::::::::,
       ./ .|l:::|::|l::::':;:_、_:\::乂l|::/:イ_≧=≠≦l:::::::l:::::|l:::':::::::::::::::::.
       l:|::.||:::';:|从ト≧===ミ  ̄    "乂:::::::::l.||::::::|::::i|i;::'ハ::::::::::::',
        乂:∨:‘;::l:∧';弋::::::::〉        ≧≠"||::::::l:::;':|∧!:::';::::::::::∧
        \:::::';|:::ハ ≧≠            ||::::::l:::i::|:::::|:::∧::::::::::::::、
          \::';:::::::::.     、          .|l:::::;::::l::|:::::l::::::ハ:::::::::::.丶
           \:、:::::ヘ                 |:::::::::::':l|l::::';∧:::.丶::.\:::..\
             ’;\::::::..、    -‐     /!::::;':::;::::l∧:.∨\:::..\:::\::::::::::‐-....._
               .'.;:.\::::::>...     ..イ ..':::/:::;'::::;:::∧::丶l:.\:::..\::.\:::::、::::、:::
                 ’:;:...\:::::从:>≦___/<:':/.:::;':::::;::::';:::〉、:.\:::\::::::::::::.\::::::::\
                 ∨:::..\lミz/:/乂∨:_//.:::/.:::::;::::::Y   、::::::::::: ̄::≧x__:、
                    ';::::::::ハ   `Y⌒Y.7/.:::/.::::::;:::::::l|      ̄/   ___ \
                  ;::::::|::::',  ̄|_///.:::;'::::::::;'::::::::リ      /  //     \
                 ∨l|::l::| /;' //.:i::::::i::::::::;'::::::::/   .: / . / ;′
                   ';:l!::|:〈__/ .〈/.::l|::::::|:::::::i:::::::/  .:/ノ.:/.:::/  .′
                      l:|:::|:|   〈::::::乂::|:::::::|::::/   .l:{ /.:::/   .l

キャラクター名 ハクノ プレイヤー名 銀獣
レベル 5 EXP 2430 性別 女性 年齢 16
クラス ヒーラー/ミンストレル タイプ マジック イメージカラー

得意地形/天候 耐性 ハイ
お気に入りアイテム ペンダント

能力値
体力 6 敏捷 6 知力 10 精神 6
HP 20 MP 16+(4)

クラス能力 判定能力値 効果
治療 知力+精神 HP回復、ヒーリングハーブと水を消費
応急処置 知力+精神 状態異常を1時間無効化+レベルを下げる
薬草採り 体力+知力 ヒーリングハーブ入手。朝移動チェックの前。1日1回
タイプ能力 判定能力値 効果
ウィル - 最大MP+4
スペルブック - 呪文魔法2種習得
シーズナル・ソーサリー - 冬魔法習得


【通常魔法】
名称 MP 効果時間 対象 距離 効果
アローコンパス 4 12時間 接触 方向チェックに+1
ピュアクリスタルライト 2 12時間 道具1つ 接触 道具を水晶化させ、光源を作る
テイストグッド・テイスト 10 12時間 保存食 接触 保存食の味を「おいしい」に
キュア・タッチ 4 瞬間 1人 接触 精神チェックの結果だけHP回復
シューティングスター 4 瞬間 1人 全エリア 精神チェックの結果だけダメージ
アニマルテイマー 4 12時間 接触 方向チェックに+1
セーフティ・ゼロ 4 6ラウンド 1人 接触 HPが0になる攻撃を受けた時、HP1残る
メイジマティック・シールド 4 10分 1人 接触 防護点+1
アタック・オブ・キラーオブジェ 4 瞬間 1人 全エリア オブジェクトを消費してd6ダメージ
リムーブタッチ 4 瞬間 状態異常を受けている1人 接触 即座にコンディションチェック

【冬魔法】
名称 MP 効果時間 対象 距離 効果
キャンディ・アイスキューブ 2 10分 空間 接触 氷のオブジェクト作成
クール・マスカレイド 4 6ラウンド 1人 接触 精神状態異常を無効化
スノウボール・ストーム 4 瞬間 1つのエリア 隣接エリア 雪だまでダメージ
フユノネムリ 4 瞬間 1つのエリア 全エリア 対象を眠らせる
ピリカ・パッチポケット 2 6ラウンド 接触した人 術者 術者に接触した対象は:精神チェックの結果だけダメージ
キャッチ・アンドイーヴィル 4 治るまで 1人 接触 【病気:6】を付加
デザイアー・アイスソード 4 1時間 1人 隣接エリア ダメージ+2
マジカルコタツ&マジミカン 2 12時間 空間 空間 CENTER天候が寒い時に野営+2

【装備】
装備 名称 サイズ 部位 命中 ダメージ 防護 回避 ペナ 価格 参照
武器 短剣 (1) 両手 敏捷+知力+1 知力-1 初期取得 47
ださい高品質のライトアーマー (3) 2 G 47

【旅装】
旅装 値段 サイズ 効果
(おさがり)ジャングブーツ 192G 1 森林・森・ジャングル+1
(中古)雨避けマント 200G 3 雨・豪雨・雪+1
(おさがり)坂道の杖 100G 3 丘陵・山+1
(中古)日よけ帽子 180G 1 暑い+1
合計 256G 7
【アイテムパック】
アイテムパック 値段 サイズ 効果
ベーシック旅セット 150 3 大型背負い袋、寝袋、木の食器、水袋、保存食
【一般アイテム】
一般アイテム 値段 個数 サイズ 効果
水袋 30 1 7 水保存
ハーブボトル 100 1 3 王冠アサガオ*7,黒ガラン瓜、キョジンのテノヒラ*2
ハーブボトル 100 1 3 月華の雪割草*2,常闇のホタルブクロ*3
(おさがり)ずた袋 10 1 1 容量+3
(おさがり)ベルトポーチ 30 1 1 容量+2
(おさがり)毛皮の帽子 50 1 1 寒い+1
(おさがり)風避けマント 50 1 3 強風+1
(おさがり)雨除け靴 192G 1 3 CENTER雨、豪雨、大嵐+1
(おさがり)美味しい保存食 70G 2 3 CENTER
合計

所持金: 130G
総重量: 24/28




【背景】
旅に出た理由 孤児である自分の生まれを知るため。
故郷(季節) <探求と崇拝の街>ハイ・フロスガー(冬)
概要 マンジュー山脈にある世界のノドと呼ばれる霊峰の麓にある街。
山頂に竜人が住んでいるという伝説があり彼らや竜を敬い奉る人間が集まって作った集落がハイ・フロスガーの起源だとされている。
竜の言葉を理解するために、魔法研究も盛んで毎年沢山の若者が、この街にある魔法学校への入学を目指して訪れる。