※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケンイチ・バーンスタイン 弁護士 人間 男性 33歳

「だ、だからボクはいやだって言ったのに! ひどい!」
「やめて! ボクの純情を踏みにじるのやめて!」

最近売り出し中の若手開業弁護士。腕は悪くないと評判も上々。仕事の都合上、日本と北米を行き来することが多い。
人種は日本人だが元々は孤児であり、篤志家のユダヤ系北米人の養子として引き取られたためにこのような名前をしている。
義理人情に厚く、出身孤児院に今も多額の寄付をし続けているため稼ぎに比して生活は質素である。
しかしジャンクフードが三度の飯よりも大好きなのでかなりピザっている。
ハイスクール時代からの悪友のせいでろくでもないことに度々関与させられるのが目下の悩みの種。
なお件の孤児院を経営する未亡人に恋慕を抱いているが相手に全く気付いてもらえず悶々としている。
「これだけ貢いでも寝てもらえないってのはある種の才能だ。すげえ」とからかわれたりする。

資質:高速回復、戦闘硬直