作品概要

1994年稼働開始のアーケード2D格闘ゲーム。
近未来、地球とスペースコロニー連合との間に起こった紛争がゲームの舞台。
往来の格闘ゲームはストリートファイターや鉄拳等で代表される人間同士の戦いが主流だが、
サイバーボッツは巨大ロボット(VA=ヴァリアント・アーマー)に人が搭乗して戦闘するスタイルをとっている。
様々なタイプのマシンが揃い、ブーストダッシュやサブウエポン攻撃、相手機体の腕引きちぎり(アームリッパー)などVAならではのアクションを楽しむ事ができる。

登場キャラクター

・デビロット・ド・デスサタンⅨ世

宇宙にそびえる悪の非合法コロニー、サイド666こと「ヘルドラド」を治める暗黒大帝デスサタンの一人娘。
『地獄より来たりて死と破壊をまき散らす、暴虐と搾取の女王』とのことで、全銀河の支配を目論む。
なぜか正義の漢・老雄ガウェインに惚れていて、それを咎める父を倒し家を飛び出したりと己の感情に真っ直ぐ生きている。

原作ではタコのような外見の専用VA・スーパー8を駆る三人組「デビロット一味」として登場。
お目付け役の地獄大使、天才科学者Dr.シュタインの下僕二名を従え悪事とわがままの限りを尽くしていく。
またパロディ、メタ発言や悪役の美学(お約束)を語るなどコメディパートを一手に担い、硬派でシリアスな世界観の作品でひとり異彩を放つ。
そして、そのモデルはタツノコプロの人気アニメ「タイムボカンシリーズ」でお馴染みの三悪。

PXZでは『サイバーボッツ』の主人公ジン・サオトメの乗機ブロディアや『サイドアーム』のプレイヤー機のデフォルメキャラのモビちゃん、
『超鋼戦紀キカイオー』のキカイオー等、カプコン作品のロボットを召喚して攻撃する。
cv:小桜エツコ

その他

  • デビロット一味がタイムボカンの三悪のパロディというのはカプコン公認ではあるのだが、
    キャラデザを担当した西村キヌ自身は「ドラクエ4のアリーナ王女一行のイメージから作った」と語っている。
    (ちなみにタツノコvsカプコンのドロンジョEDにおいて「元ネタを倒せばオリジナルを名乗れる」という理屈で勝負を挑んだ事がある)
  • 「サイバーボッツ」自体は一作限りの単発作品だったが、デビロットはその後も「スーパーパズルファイターIIX」や「MARVEL VS. CAPCOM」などに何度かゲスト出演している。

シリーズ一覧

  • ゲーム
    • 本編作品
      • サイバーボッツ(1994 AC/PS/SS)
    • キャラ出演作品
      • スーパーパズルファイターII X(1996 AC/PS/SS)
      • MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES(1998 AC/PS/SS/DC)