作品概要

2006年にシリーズ一作目が発売されたアクションゲーム。

アメリカ合衆国、コロラド州ウィラメッテ。人口53,594人、特産物なし。目立つものは大きなショッピングモールのみ……この何の変哲もない街が突如として厳重な情報規制の下、完全に封鎖された。
フリージャーナリストであるフランク・ウェストはこの事態にスクープの匂いを感じ、民間ヘリをチャーターして空からウィラメッテへ侵入する。
ヘリ操縦士には72時間後に迎えに来るよう告げてモールの屋上へと降り立った――

主人公フランクは、大量発生したゾンビの中へ単身飛び込み生き残り目指す。
と書くと一見ありふれたアクションゲームの様に思えるが、特異なのはそのボリューム。

ゾンビの数はフィールドを埋めんとばかりに群がっており、避けて進む事すら困難な程。
また、舞台となる場所はショッピングモールであり、日用品、食料品、玩具、大工道具、スポーツ用品、銃器etc…多彩なアイテムが揃っている。
そこで、72時間をプレイヤーの好きに過ごすこととなる(事件真相を追わなくても72時間が経過するとゲームクリアとなる)。
合衆国のエージェントと協力して事件の謎を追うもよし、熱したフライパンでゾンビ焼いてみるのもよし、スケボーを駆って取り残された生存者を助けて回るのも良し、女装や仮装をして遊んでみるのもいいだろう。
もちろん、せっかくの大事件なのだから、スクープ写真を撮ることも忘れずに。
高い自由度と遊び尽くせない程のゲーム性が、たちまち人気を呼ぶ事になった。

「ゾンビのあふれる閉鎖空間で生き残ることを目指すゲーム」というと同社のバイオハザードシリーズを彷彿とさせるが、こちらは恐怖的演出よりも「B級スプラッター映画のもつ奇妙なコミカルさ」を重視しておりゲーム性も雰囲気も全く異なる。
公式でのジャンル名は「ゾンビパラダイスアクション」。

なお、このゲームでのゾンビたちは基本的にはザコ、賑やかしの位置づけとなっている。
真の敵はゾンビパニックで正気を失い発狂した者や、混乱を利用して悪事を働く者たち。つまりはサイコパスと呼ばれる人間である。


登場キャラクター

フランク・ウェスト

主人公のフリージャーナリスト。撮影のためカメラを常に持ち歩いている。
戦場での取材経験もありスクープの匂いを嗅ぎつけると危険な現場にも単身乗り込むタフガイ。
記者らしい柔軟な考えと並外れたサバイバル能力、プロレスラー顔負けな運動センスを持っている。
皮肉屋で最初こそビジネスライクな態度を取るが、生存者達を救出する中では持ち前の正義感を、巨悪の陰謀を暴くため奔走する過程では真摯で熱意溢れるジャーナリズムをあらわにしていく。
「フランク・ウェスト ジャーナリストだ」「人さがしか 手伝ってやろうか?」「ゾンビか… 歓迎してやるぜ」
「戦場カメラマンなんでな」「来い!アンタはオレが死なせない!」「お前のやったことは許せない!だがオレが伝えてやる サンタ・カベザのことを」


ちなみに、ゲーム内で様々な奇行ができるせいか、他作品に出張する場合はややコミカルな性格付けをされたりする。
なお原作cvは英語で、PXZでのキャストは「ULTIMATE MARVEL VS.CAPCOM 3」参戦時に日本語ボイス版として当てられたもの。
cv:小山力也

その他


シリーズ一覧

  • ゲーム
    • 本編作品
      • デッドライジング (2006 X360)
      • デッドライジング ゾンビのいけにえ (2009 Wii)
      • デッドライジング2 (2010 PS3/X360/Win)
      • デッドライジング2 オフ・ザ・レコード (2011 PS3/X360)
    • キャラ出演作品
      • タツノコ VS. CAPCOM アルティメット オールスターズ(2010 Wii)
      • ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM3(2011 PS3/XB360/PSV)

  • 映画
    • 屍病汚染 DEAD RISING (2010 DVD)