作品概要

1996年に第一作が発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。
「生物災害」という意味を持つタイトルが示す通り、危険なウィルスによってゾンビやクリーチャーのような姿に変異した生物たちと、人間たちとの戦いを描いた作品。

怪物の群れをマシンガンでなぎ払うような爽快感を目指したゲームではなく、
いつどこから襲ってくるかわからない怪物に対して警戒感を持ちながら閉鎖空間を探索するという緊張感を重視したゲームである。
怪物との戦闘は手段の一つに過ぎず、怪物から隠れながらでもステージミッション(謎解きや脱出)をクリアすることが重要となる。
(※本編シリーズに限る。外伝シリーズでは全く違うゲームジャンルのこともあり)

シリーズ3作目以降、アクション性が追加されていき『バイオハザード4』で大きくゲームシステムを変更。TPS(三人称視点でのシューティング)風のゲームになった。
今回、公式の参戦作品に明記されている『リベレーションズ』もTPSを採用しており、海外ドラマのような演出、そしてシリーズ初の日本語音声が特徴的なタイトルとなっている。クリスとジルのデザインと声優はここから採用されている。

「閉鎖空間で不気味な怪物とかくれんぼする」ようなスタイルのゲームは先行してごく少数が存在していたが、バイハザード第一作のヒットで他社からも類似ゲームがいくつも発売されるようになった。現在ではこのようなジャンルは「サバイバルホラー」と呼ばれている。

海外では「Resident Evil」のタイトルで発売されている。欧米では日本以上に人気があり、ハリウッドによる実写映画シリーズも作られ続けている。

なお、同じくPXZ参戦作品である「デビルメイクライシリーズ」「デッドライジングシリーズ」はバイオハザードシリーズを雛型としている部分もある。実際デビルメイクライシリーズは開発中だったバイオハザードシリーズのプロトタイプをベースに開発されている。

登場キャラクター

・クリス・レッドフィールド

バイオシリーズ中多くの作品で主役を務める物語の主要人物。
空軍、ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.Sを経て多くの戦いを経験、
現在(バイオハザード リベレーションズ時)は対バイオテロ組織「BSAA」のエース隊員である。
強い正義感や強靭な肉体、観察力と洞察力を併せ持つ。
cv:東地宏樹

・ジル・バレンタイン

クリスと同じくS.T.A.R.Sの元隊員であり、BSAAのメンバー。
23歳という若さで対テロ組織特殊部隊デルタフォースの訓練プログラムを修了し、爆発物処理などの特殊技能を有している。
物語の発端となったウイルス『T-ウイルス』に対して潜在的に完全な抗体を持つ。
cv:湯屋敦子

・ウーズ

『T-ウィルス』と深海魚から発見されたウィルス『ジ・アビス』を合成した海洋性ウィルス『T-アビス』によって変異したクリーチャー。
浸透圧によって体中が白く水死体のような姿をしている。軟体で骨を自由にはずせるためどこからでも出現する。
棍棒のような両腕と頭から出現する進化した舌で攻撃し、獲物の血液を啜ろうとしてくる。
『リベレーションズ』におけるゾンビに該当する。
原作では変異の仕方によってピンサー、トライコーン、チャンクといった個体もいたが今回は未登場。

・ハンターα

アンブレラ社が『T-ウィルス』を使って作り出したB.O.W(生体兵器)。
ゾンビに比べて俊敏かつ即死攻撃を持つ中盤以降の強敵としてシリーズおなじみのクリーチャー。
目的や製造法からα、γなどの違いがあるが今回は『リベレーションズ』でも登場した基本型のαとなっている。
同じく『リベレーションズ』に登場した強化型のファルファレルロは未登場。

・タイラント

アンブレラ社が『T-ウィルス』を使って作り出したB.O.W(生体兵器)。
成人男性を素体として作られるクリーチャー。
肉がただれたような不気味な姿をしているが、常人を超えたすさまじいパワーを発揮できる。
同じくT-ウィルスを使って変異した「ゾンビ」との違いは、変異前の知性を保っていることにある。
変異の形態によっていくつかの亜種に分けることが可能。
多くのシリーズで「中ボス」や「強めのザコ」として登場する。

・スーパータイラント

タイラントのリミッターが外れた姿。
肌の色の変化から形態を大きく変えるものまで個体によって違いがあるが、
共通するのはより凶暴であること、命の危機に瀕するとパワーアップすることがあげられる。
本来ならばロケットランチャー以外では倒せないが、今作では素手であろうが倒せる。

・ネメシス-T型(追跡者)

『バイオハザード3LAST ESCAPE』に登場。前述のタイラントに寄生型B.O.W「ネメシス」寄生させた新型のタイラント。
S.T.A.R.S.の隊員、関係者の抹殺が目的。本編ではラクーンシティからの脱出を試みるジルを執拗に追跡する。
通常のタイラントに比べ知能が高く自己の判断による任務の遂行、ロケットランチャーなどの重火器の使用が可能になっている。
今作では第一形態の姿で登場する。

公式PV第二弾で敵ユニットとして登場することが判明した。(バイオハザード リベレーションズには登場しないため
バイオハザードシリーズからの参戦となっている)


その他

PXZ公式サイトの参戦作品リストでは『バイオハザード リベレーションズ』の単体表記になっているが、『リベレーションズ』では登場しないタイラントや追跡者が登場するため、この記事では『シリーズ』参戦として扱う。

シリーズ一覧

  • ゲーム
    • 本編シリーズ
      • バイオハザード (1996 PS/SS/Win)
      • バイオハザード (2002 GC/Wii)
      • バイオハザード2 (1998 PS/N64/DC/GC/Win)
      • バイオハザード3 LAST ESCAPE (2000 PS/GC/Win)
      • バイオハザードCODE:Veronica (2000 DC/PS2/GC/PS3/X360)
      • バイオハザード0 (2002 GC/Wii)
      • バイオハザード4 (2005 GC/PS2/Wii/PC/PS3/X360)
      • バイオハザード5 (2009 PS3/X360/PC)
      • バイオハザードリベレーションズ (2012 3DS/PS3/X360/WiiU/PC)
      • バイオハザード6 (2012 PS3/X360/PC)
    • アウトブレイクシリーズ
      • バイオハザードアウトブレイク (2003 PS2)
      • バイオハザードアウトブレイク FILL2 (2004 PS2)
    • ガンサバイバーシリーズ
      • バイオハザードガンサバイバー (2000 PS)
      • ガンサバイバー2 バイオハザード CODE:Veronica (2001 AC/PS2)
      • ガンサバイバー4 バイオハザード HEROES NEVER DIE (2003 PS2)
    • クロニクルズシリーズ
      • バイオハザードアンブレラ・クロニクルズ (2007 Wii/PS3)
      • バイオハザードダークサイド・クロニクルズ (2010 Wii/PS3)
    • 単発
      • バイオハザードGAIDEN (2002 GBC)
      • バイオハザードザ・マーセナリーズ (2011 iOS/3DS)
      • バイオハザードオペレーション・ラクーンシティ (2012 PS3/X360/PC)
  • 映画
    • バイオハザード (2002 劇場公開)
    • バイオハザードII アポカリプス (2004 劇場公開)
    • バイオハザードIII (2007 劇場公開)
    • バイオハザードIV アフターライフ (2010 劇場公開)
    • バイオハザードV リトリビューション (2012 劇場公開)
  • アニメ
    • Biohazard 4D-Executer (2000 劇場公開)
    • バイオハザードディジェネレーション (2008 劇場公開)
    • バイオハザードダムネーション (2012 劇場公開)
  • 漫画
    • バイオハザード〜マルハワデザイア〜 (作画:芹沢直樹)
  • 小説
    • Resident Evil Zero (著:有賀博之)
    • バイオハザード1アンブレラの陰謀 (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード2悪夢の洞窟 (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード3死者の街 (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード4地下世界 (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード5追跡者ネメシス (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード6CODE:Veronica (著:S・D・ペリー)
    • バイオハザード (著:牧野修)
    • バイオハザードII アポカリプス (著:キース・R. A.デカンディード)
    • バイオハザードIII (著:キース・R. A.デカンディード)
    • バイオハザードアンブレラ・クロニクルズSIDE A (著:牧野修)
    • バイオハザードアンブレラ・クロニクルズSIDE B (著:牧野修)
    • バイオハザード北海の妖獣 (著:朝倉究)
    • BIO HAZARD to the Liberty (著:木村睡蓮)
    • BIO HAZARD ローズ・ブランク (著:愛沢匡)