2012


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

6月6日(水)S氏一時帰国宴会

うっちぃの記事(20120606帰宅後の落書き)

19時新橋SL前出口に集合。
時間通りに来たのは、S氏とN氏のみ。
20分ほど遅刻はおいら。
1時間ほど後にI氏到着予定のため、
ひとまずの1軒目。
店の名前はわからず、呼び込みに誘われ普通の居酒屋へ入店。
ビールと焼き鳥と少しのおつまみ。
20時30分I氏到着。
N氏に余分に払ってもらいSL前で合流。
2軒目も名前わからず、呼び込みに誘われ居酒屋入店。
ビールとつまみを6品注文。
でも7品到着!
そして22時30分に店を追われ解散。

大きな流れはこんな感じかなぁ。

飲み体勢は絶好調のおいらでしたが、
あまり飲まずに終了。
なので、
少しここで語っちゃいましょうかねw

帰りの東海道でI氏と語った延長話しますね。
皆さんは人の上にたつような職になってきたので、
よくわかるようになったのではないかと思いますが、
まぁ、
世の中ってものは、
単的に言えば、
正しいか間違いかで動くのではなく、
指示を得るのか得ないのかですね。
残念ながらおいらの人生は、
我が国の一般論では、
支持を得ない、
むしろ得てはいけない人生です。
しかしながら、
それでも多少の支持は必要なのです。
しかし多少と言ってもどのくらいの支持を得れば、
世の中でやっていけるのかということが問題になってきます。
会社の場合、
その業界の全体に対して10%の支持を得る方法を考えてみましょう。
社員が千人規模であれば1万人の支持が必要であり、
1万人であれば10万人となります。
では、
自営業と言う名の1人規模の会社で上記の理屈で考えれば、
つまり1人理屈で考えれば、
千人規模の会社にあわせれば1万人に1人の割合、
1万人規模であれば10万人に1人の割合でいいのです。
要するに、
万が一の支持で十分なのです。
1億数千万人の我が国では1万人程度に支持が得られればよいのです。
ここでもっとつめれば、
人生のうち1万人と出会えるかもしれませんが、
覚えていませんよね。
つまり、
万が一の支持でももてあましてしまうくらい多すぎるのです。
ということで、
少数派つまり個人での考え方はこんな感じですね。
まぁ、
解釈が飛躍していますが、
簡単に言えばこんな感じです。
この考えを色々な角度を変えてみると、
危険なことなどもありますが、
まずは楽観視することは重要ではないでしょうか。
最後に、
①自分が幸せで②他人も幸せで③皆が徳をする。
「自幸他幸そして皆徳(じこうたこうそしてかいとく)」

この下は広告です。