京「じゃあ俺は買出し行ってきます。」

久「東京に来てすぐで悪いけど、お願いねー。」

咲「あ、待ってよ京ちゃん。私も行くー。」

まこ「あの二人、最近は前にもまして仲良いのう。」

和(そのとおりです。このままでは宮永さんは須賀君に・・・。)ブツブツ

優希「のどちゃん、どうしたんだじぇ?」

和「あ、いえ。なんでもありません。私も少し外に出てきますね。」



和「はあ・・・いったいどうすれば・・・。」

和「そういえば須賀君は宮永さんのお姉さんのことを知っているんでしょうか?」

和「幼馴染のようですし、もしかしたらお姉さんとも面識があるのかも・・・って、あそこにいるのは!?」

照「清澄・・・咲がいるということは、京ちゃんも一緒なのかな・・・はぁ。」

和「あ、あの!」

照「ん?」

照(あ、この子たしか清澄の・・・原村和って言ったけ。)

和「宮永照さん、ですよね?」

照「・・・そうだけど。」

和「私、清澄高校の原村和といいます。あの、あなたは宮永咲さんのお姉さんですよね?」

照「私に妹はいない。」

和「で、でも!宮永さんはあなたのことをお姉ちゃんって・・・!」

照「くどい。私に妹はいないと言ったはず。」

和「どうして宮永さんにそんなに冷たくするんですか?宮永さん、とてもつらそうでしたよ!」

照(!あれは・・・。)

京・咲「キャッキャウフフ」

和「教えてください、いったい何があったんですか!」

照「・・・ったから。」ボソッ

和「え?」

照「咲が!私から京ちゃんをとったからいけないんだーーーっ!!」

和「・・・・・・・・・え?」



和「・・・というわけで、あなたと私は利害関係が一致しています。」

照「はぁ。」

和「お互いの目的のために協力しましょう!」

照「ほんとに京ちゃんと仲良くできるの・・・?」

和「もちろんです!そのかわり宮永さんは私がもらっていきますよ。」

照「まぁ・・・いいけど。あんまり咲に変なことしちゃ駄目だからね。」

和「わかっていますよ、ふふ・・・。それでは同盟成立ですね。」

照「京ちゃん・・・えへへ。」





京「それで嫁だなの奴がなー。」

咲「うふふ、変なのー。」

和「宮永さん、試合のことでお話があるのですが、少しよろしいですか?」

咲「あ、うん。今いくよ。」

京「いってらっしゃいー・・・一人になっちまったな。」

照「きょ、京ちゃん!」

京「え、照さん!?」

照「うん。久しぶりだね・・・?」

照(うわあ・・・京ちゃんすごくかっこよくなってる////)ドキドキ

京「ほんとに久しぶりっすねー。元気でしたか?」

照「うん。京ちゃんも元気そうだね。その・・・ちょっと付き合ってくれないかな?」

京「もちろんすよ。あ、だったら咲も一緒にどうですか?もう少ししたら帰ってくると思うし。」

照「!・・・咲はいいの。行こう、京ちゃん!!」

京「え、ちょっと照さ・・・」





和(照さんは今頃うまくやっているでしょうか・・・。)

咲「原村さん、どうかした?」

和「い、いえ!なんでもありませんよ!」

咲「お話はこれでおしまい?」

和「あ、はい。そうです。」

咲「そっか。じゃあ私・・」

和「こ、このままどこかへ出かけませんか!?」

咲「え?でも・・・。」

和「少し外の空気を吸ったほうがいいですよ。須賀君には私がメールでもしておきますから!」

咲「え、あ、うん・・・じゃあそうしようかな。」



照「それで毎日記者とかに追っかけ回されて大変でさー・・・」

京「ははは。けど照さんはやっぱりすごいなー。」

照「そ、そんなことないよ。」

京「全国大会連覇なんて簡単にできることじゃないですよ。まあ俺、少し前まで照さんが麻雀やってるって知らなかったんだけど・・・。」

照「それはいつごろ知ったの?」

京「高校に入る少し前ですよ。雑誌で見て・・・それで俺も麻雀はじめたんです。」

照「そう、なんだ。」

京「照さんはずっと俺の憧れだったから。少しは近づけるんじゃないかなー、と思ったんですよ。」

照「なんか照れちゃうな。」

京「まあ俺は全然駄目みたいですけどね。毎日部の雑用ばっかやってますよ・・・。」

照「まだ始めたばかりなんでしょ?頑張らなきゃ。」

照(憧れか・・・。やっぱり京ちゃんて私のこと女としては見てないのかな・・・。)

京「はは、ありがとうございます。」

照「そういえば・・・どうして敬語なの?」

京「え?んー・・・年上だから?」

照「だって昔は普通に話してたじゃない。照さんなんて堅い呼び方じゃなかったし。」

京「いや、その、昔とはもう違うし・・・。」

照「そっか。京ちゃんにとって私はもう過去の女なんだね・・・。」グス

京「えぇ!?いや、そんなことないですよ!」

照「ほらまた!」うるうる

京「ご、ごめんなさい!じゃなかった、ごめん。」

照「じゃあこれからは昔みたいに接してくれる?」

京「ああ、わかったよ。」

照「じゃあ昔みたい『照ねえちゃーん』って呼んで?」

京「う・・・それはその、さすがに恥ずかしいと言うか。」

照「・・・。」じーー

京「うう・・・わかったよ、照姉ちゃん。」

照「それでいいの。へへ////」





咲「東京ってすごいね。なんだか歩いてるだけでも楽しいよ。」

和「ふふ、そうですね。」

和(最初はどうなることかと思いましたが、宮永さんが楽しそうで何よりです。)

咲「ねえ原村さん。原村さんて・・・好きな人っている?」

和(こ、これはまさか!!い、いや、ここは落ち着いて慎重にいきましょう。)

和「は、はい。いますよ・・・。」

咲「!そうなんだ・・・。」

咲(もしかしたらと思ってたけど原村さん、京ちゃんのことが・・・?京ちゃんの方も原村さんに気があるみたいだし・・・。)

咲「それってだれなの?」

和「そ、それは・・・!」

和(あなたです!なんて・・・いきなり言えるわけないじゃないですかーーーーっ。)

和「み、宮永さんはどうなんですか!?」

咲「私は・・・京ちゃん。」

和「・・・へ?」

咲「私、京ちゃんのことが好き。大好き。」

和「はは・・・そうなんですか。」

咲「ひょっとして原村さんも?」

和「い、いえ!私は・・・違いますよ。」

咲「そうなんだ!ちょっと安心しちゃった。」

和(く・・・この程度ではあきらめませんよ。お義姉さんの助けもあります。きっと宮永さんを私に振り向かせて見せる!!)





淡「宮永先輩いませんねー。」

菫「ああ・・・あいつ携帯も持ってないしな。迷惑なやつだ。」

淡「ほんとですよー・・・あ、いました!」

菫「ん?あれはまさか・・・男と一緒に歩いているのか?あの照が?」

淡「へー、なんだか面白そうですね。宮永せんぱーい!!」」

照「え!?あれはまさか・・・。」

京「あれ?あの人達照姉ちゃんのこと呼んでるみたいだけど。」

照「あんなの知らない。行こう!」

京「え?ええ!?」

淡「逃げる気みたいですね?」

菫「逃がすか!追うぞ淡!!」

淡「はい!・・・なんか気合い入ってますね先輩。」





照(最悪だ・・・よりにもよってあいつらに見つかるなんて!)

京「ど、どこまで行くんだよ!?」

照「逃げきるまで!」

京「逃げるって・・・やっぱりあの人達のこと知ってるんじゃ」

照「知らないーーーっ!!」

照(って私、いつの間にかこんなに強く京ちゃんの手握って・・・うわ////)

照「はぁ・・・ここまで・・・はぁ・・・くれば・・・」

京「大丈夫?けどさすがに・・・ちょっと疲れたかな。」

照「ぜんぜん・・・だい・・・じょうぶ・・・」

菫「つらそうだな。」

照「うわぁ!?」

淡「弘世・・・せんぱい・・・待って・・・」

菫「相変わらず麻雀以外はどこか抜けてるな、おまえは。」

照(く・・・相変わらず無駄にハイスペックな奴・・・ていうかなんで息切れてないの!?)

京「えーっと・・・。」

菫「おっと、申し遅れたな。私は白糸台高校麻雀部三年の弘世菫だ。」

淡「同じく一年の・・・ぜぇ・・・大星淡・・・です・・・。」

京「白糸台の方でしたか。俺は清澄高校の一年で須賀京太郎って言います。」

菫「清澄・・・ふふ、なるほど。」

照(う、また余計なことに気付いたな・・・。)

京(二人とも綺麗な人だなー・・・って、いかんいかん。)

淡「それで、その、宮永先輩とはどういった関係で?」

京「幼馴染というか、昔仲良くさせてもらってたんですよ。」ニコッ

淡「なるほど、そうなんですかー・・・。」ぼー

菫「ん、どうした?淡。」

淡「へ?あ、いえ、なんでもないですごめんなさい////」

菫(ほう、思った以上に面白いことに・・・。)

菫「ところで照。さっきからおとなしいじゃないか。」

照「・・・別に。」

菫「まあいい。しかしこっちは試合について話があるから探していたというのに、逃げるとはどういう了見だ?」

照「わかってるくせに・・・。」ボソッ

京「あ、すみません。俺が照姉ちゃんを連れ回しちゃったせいですね。」

菫・淡「「!!?」」

照「あ・・・。」

菫「ほほう、二人は随分仲がいいようだな?」

照「ちょ、ちょっと!」

京「はは、そうですね。仲はいいですよー。」

照「え////」

淡「ひょっとして二人は、その、お付き合とかしてるんですか!?」

京「ええ!?い、いや。その、そういうわけじゃないけど////」

淡「そうなんですか。よかった・・・。」

照「よかった?」

淡「うぁ、その、深い意味はないです!!」

菫「ところで照、さっきも言ったようにお前には帰ってきてもらわなければ困るわけだが。」

照「う・・・そんな」ウルウル

菫(強がるのも忘れるほど嫌なのか!?ていうかこいつにこんな女らしい一面があったのか・・・。)

京「それじゃあ仕方ないんじゃないかな。それに大会の期間中ならまた会えるって。」

照「ん・・・京ちゃんがそういうなら、わかった。」

京「そうだ、よかったら携帯のアドレスとか教えてよ。」

照「・・・私、携帯もってない。」

京「はは、やっぱり姉妹だなー。咲とおんなじだ。」

照「む・・・。」

淡「わ、私と連絡先交換しませんか!?ここで会ったのも何かの縁ということで!!」

照「!?」

京「あ、はい。いいですよ。」

照「!!」

菫「では私も。」

照「うぅ・・・。」

菫「なんだ、妬いてるのか?」

照「そんなんじゃない!!」

京「はは・・・じゃあ俺の泊ってる宿教えておくからさ、よかったら遊びに来てよ。れそと電話なら家とかからかけれるだろうし、電話番号も教えとくよ。」

照「うん、わかった////」

京「じゃあこれ。暇なときでいいからさ。」

照「ありがとう。へへ////」

淡「あ、交換終わったみたいですね。」

菫「じゃあ二人ともそろそろ行こうか。」

淡「そうですねー////」ニヤニヤ

照「仕方ない・・・。」

菫「ではまた会おう、京太郎君。」

照(名前で呼ぶなぁー!なれなれしいよ!!)

淡「メールくださいね、京太郎君!」

照(こ、こいつらぁー!!)





咲「あれ・・・京ちゃんと、お姉ちゃん・・・?」

和(照さんが何故ここに!?こっちの方面には来ないという約束だったじゃないですかー!)

咲「そ、それに知らない女の人も・・・なんか楽しそうに話してたよ・・・。」

和「宮永さん、本当にお姉さんだったんですか?少し遠いですし、見間違いという可能性も・・・。」

咲「そんなわけない!私がお姉ちゃんを見間違えるわけないもん!!」

和「宮永さん・・・。」

和(うう、宮永さんを傷つけてしまったでしょうか・・・?)

咲「お姉ちゃん・・・どうして京ちゃんと・・・。」

和(照さんと須賀君の仲を見せ付けるにしても、まだ早いです・・・。これでは宮永さんに・・・。)

和「宮永さん、その、元気をだしてください。私がついてます!」

咲「・・・ありがとう原村さん。ごめんね、大きな声だしちゃって。」

和「はい////」

咲「・・・・・・京ちゃん・・・。」

咲「あ、お帰り京ちゃん・・。」

京「おお、ただいま咲。」

優希「ご主人に黙って出歩くとはいい度胸だな、犬!罰としてタコスを買ってこい!」

京「罰って言えるのか?いつも買ってきてやってるだろ・・・。」

池田「私の分も買って来るし、京太郎!」

衣「京太郎ー、衣もほしい!」

京「仕方ない、ちょっと行って来るから皆待っててくれ。」

咲(京ちゃん、人がいいからここの人たちにも人気だなぁ・・・。)

京「咲、どうかしたのか?」

咲「ふぇ!?あ、いや、なんでもないよ!」

京「なんか心配だなー。お前もたまにはタコスでも食うか?」

咲「・・・うん、じゃあお願いしちゃおうかな。」

咲(さっきのこと私に見られてたのは気付いてないみたい・・・かな。)

咲(けど、私のこと心配してくれるんだね。うれしいよ・・・京ちゃん。)

京「ああ、任せてくれ。」

優希「おらおらとっとと行くんだじぇ、この犬ー!」

衣「おなかすいたー。」

京「はいはい、じゃあ行ってくるよ。」

咲「行ってらっしゃい・・・はぁ。」





照「・・・。」むすっ

菫「あー、その、なんだ。私が悪かったから。」

照「・・・。」

菫「む・・・。」

菫「悪かったな、お前と京ちゃんのデートを邪魔してしまって。」

照「べ、別にそんなんじゃない!!////」

誠子「・・・淡、一体何があったんだ?」

淡「その、なんていうか・・・すごく説明しづらい・・・といいますか。」

誠子「何だよ!?すごく気になるから!なぁ尭深!!」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「そうだろそうだろ。で、とりあえず京ちゃんてのは何者だ。」

淡「そうですねぇ・・・宮永先輩の思い人、でしょうか?」

誠子「なん・・・だと・・・?」

尭深「ずずずーー・・・。(驚いているようだ)」

菫「しかしなかなかかっこよかったな、彼は。」

照「・・・そう。」

菫「お前は彼にそういう気があるわけじゃないんだな?」

照「・・・あたりまえでしょ。」

菫「そうか・・・じゃあ私がもらってしまおうかな。」

照・淡「「!?」」

菫「なかなか私の好みの子だったしな。連絡先も教えてもらったことだし、後で電話でもかけてみよう。」

照「そ、そんなの駄目・・・!」

淡「ひ、弘世先輩。そういうのどうかと思いますがっ!?」

菫「なんだ淡、お前も狙ってるのか?」

淡「えぇ!?いや、私はその・・・。」

照「!!?」

菫「その・・・なんだ?はっきり言った方がいいんじゃないか。本当に私がもらってしまうぞ?」

淡「そ、そんな・・・私は別に!」

菫「そうかそうか。じゃあ私は京太郎君とデートの約束でもしてこよう。そして私の気持ちを・・・。」

淡「わあ、駄目です!京太郎君は私がもらいますーーっ!!」

照「なっ・・・!!」

菫「ふふ、素直でよろしい。」

淡「あう・・・////」

菫「そして照、お前は別に京太郎君のことが好きというわけじゃないんだろ?」

照「う・・・。」

菫「だったら私が彼とどうなろうとお前には関係のないことだよな。」

照「そ、そんなことは・・・。」

菫「好きではないけど彼が他の女と付き合うのも嫌だと?わがままなやつだな、お前は。」

照「そんな・・・私は・・・。」グスッ

菫(ははは・・・面白くなってきたぞ!)

誠子「なんというか・・・あの人も女の子なんだな、一応。」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「しかし、その京太郎ってのは本当になんなんだろうな。只者じゃないぞ、きっと。」

尭深「ずずー・・・。」コクン

誠子「私も恋を・・・いや、ないな。あんたはどうよ?」

尭深「ずぞー・・・。」ナイナイ

誠子「あんたはお茶が恋人だもんねぇ・・・。」

尭深「ずずずー・・・。」コクンコクン

誠子「・・・私にもちょっとちょうだい。」



京「咲のやつ、何か悩みでもあんのかな?やっぱり照さんのことかな・・・。」

京「・・・やっぱり今日照さんに会ったことを話した方がいいかもなしれないな。」

京「しかし照姉ちゃん・・・か。やっぱり少し恥ずかしい・・・。」ブツブツ

神代「あの、すみません。」

京「あ、はい!」

京(って、こんな所に巫女さん!?)

神代「少し道をお尋ねしたいのですが、よろしいでしょうか?」

京「ええ。けど俺もよそから来たのであまり力にはなれないかもしれませんけど。」

神代「このホテルに行きたいのですが・・・。」地図を差し出す

京「ああ、ここならわかりますよ。この道を・・・(略)」

神代「ありがとうございます。一人で観光していたのですが、道に迷ってしまって・・・。」

京「いえ、どういたしまして。じゃあ気をつけて帰ってくださいね。」

神代「はい。お世話になりました。」ニコッ

京「・・・なんで巫女服なんだろう。聞けばよかったかもな」

京「さて、早くタコスを買って戻らないとアレに折檻食らってしまう。」

京「咲のやつ、何か悩みでもあんのかな?やっぱり照さんのことかな・・・。」

京「・・・やっぱり今日照さんに会ったことを話した方がいいかもなしれないな。」

京「しかし照姉ちゃん・・・か。やっぱり少し恥ずかしい・・・。」ブツブツ

神代「あの、すみません。」

京「あ、はい!」

京(って、こんな所に巫女さん!?)

神代「少し道をお尋ねしたいのですが、よろしいでしょうか?」

京「ええ。けど俺もよそから来たのであまり力にはなれないかもしれませんけど。」

神代「このホテルに行きたいのですが・・・。」地図を差し出す

京「ああ、ここならわかりますよ。この道を・・・(略)」

神代「ありがとうございます。一人で観光していたのですが、道に迷ってしまって・・・。」

京「いえ、どういたしまして。じゃあ気をつけて帰ってくださいね。」

神代「はい。お世話になりました。」ニコッ

京「・・・なんで巫女服なんだろう。聞けばよかったかもな」

京「さて、早くタコスを買って戻らないとアレに折檻食らってしまう。」





京「ハギヨシさんに教えてもらった店は・・・あそこか。結構近かったな。」

京「・・・あれは?」

初美「姫様、いったいどこに行ってしまったんですかー・・・。」トボトボ

京(あの子は巫女さん・・・なのか!?なんかちょっと違うけど!)

京(けど、さっきの人の関係者だよな、たぶん。)

京「あの、君ー!」

初美「え、私・・・ですかー?」

初美(お、男の人に声をかけられてしまいましたー。)ドキドキ

京「ああ。ひょっとして巫女服を来ている人を探してる、とか?」

初美「そ、そのとおりですよー。ひょっとして姫様に会われましたかー?」

京「君のいう姫様かどうかわからないけど、さっき○○ホテルへの道を巫女服着た人に教えたとこだよ。」

初美「あ、それきっとそうです。うちの姫様がご迷惑をおかけいたしましたー。」

京「いやいや。今頃着いてるだろうから、君も帰ったほうがいいと思うよ。」

初美「はい、それでは失礼します。本当にありがとうございましたー。」

京「はい、どういたしまして・・・結局何者だったんだろう。」

京「・・・タコス買って帰るか。」





京「ただいまー。」

優希「遅ーい!いったいどこで油売ってたんだじぇ!」

京「あー、悪い悪い。ちょっと色々あってな。」

咲「なんだかずいぶんたくさん買ってきたね・・・。」

京「どうせ優希が食いまくるだろうと思ってな。」

優希「ほほう、わかってるじゃないか小僧!さあ早くそれをよこすじぇ!」

京「ほらよ。一人占めするんじゃないぞ。」

優希「ひゃっほうー!タコスうまうま。」

池田「わたしももらうし!」

優希「むぅ、イケダめ!それは私のだじょー!」

池田「早いもん勝ちだし!」

咲「あはは、ほどほどにね。」

京「ほら、お前も食べたらどうだ。」

咲「あ、ありがとう京ちゃん。」

京「お前さ、ひょとして・・・」

和「あ、おいしそうですね!私ももらっていいですか?」

京「え?ああ、たくさんあるから好きに食べてくれ。」

和「宮永さん、むこうで一緒に食べませんか?」

咲「あ、うん。わかったよ。」

京「あー・・・行っちまった。ま、後でいいか。」

衣「う・・・。」グスグス

京「ん、どうしたんだ?」

衣「からい・・・。」

京「なるほど・・・じゃあ無理して食べることないんじゃ。」

衣「いやだ。衣もみんなと一緒に食べるんだ。」

京「んーと、じゃあこれと交換しよう。確かこれは辛いのが入ってない。」

衣「・・・本当か?」

京「ああ。そっちは俺がもらうよ。」

衣「ん・・・。おいしい!」

京「そっか。よかったよかった。」

衣「京太郎、ありがとー!」だきっ

京「わ、こらこら抱きつくなって。」

まこ「なんかすっかりなついたみたいじゃの。」

透華「こんなこと初めてですわ・・・あの方には感謝しなくてはなりませんわね。」

久「あら、いいもの食べてるじゃない。私もちょっともらうわよー。」

優希「あー!それは私のだじぇー!!」

久「前からちょっと食べてみたかったのよね。優希があんまりおいしそうに食べるから。」

まこ「あんたもかい・・・。にぎやかになってきたのー。」

美穂子「仲がいいのは良いことですよ、ふふ。」

まこ「明日は抽選会がるんじゃから、ほどほどにしとくんじゃぞー。」





和「おいしいですね、宮永さん!」

咲「うん、そうだね。」

和「優希が夢中になるのも頷けるかもしれません!」

咲「うん・・・。」

和「・・・宮永さん?」

咲「ふぁ!?な、なぁに?」

和「何か悩みごとがあるんですか?私でよければ悩みごとにのります!」

咲「うん・・・ありがとう。けど駄目なの。」

和「どうしてですか?私は宮永さんの力になりたいんです!」

咲「原村さん・・・ありがとう。でもね、自分でもよくわかってないんだよ。私はどうしてこんなにモヤモヤした気分になってるのか・・・。」

和「宮永さん・・・。では、気持ちの整理がついてその時に私にできるようなことがあったら何でも言ってください!」

咲「うん。本当にありがとう。」

和(このままではまずいです・・・宮永さんは全然私を見てくれていません。一体どうすれば・・・。)





神代「あらハッちゃん、お帰りなさい。」

初美「姫様、探しましたよー。」

神代「ごめんなさいね。けどたまには一人でお出かけしてみたくて。」

初美「ならせめて誰かに伝えておいてくださいー。本当に心配したんですよー、姫様が一人で外出なんて・・・。」

神代「そんなに心配しなくても大丈夫なのに・・・まあ少し迷ってしまったけど、親切な人に道を教えてもらったのよ。」

初美「ああ、知ってます。その人に会いましたからー。親切な人でよかったですよー。」

神代「ハッちゃん、あんまり男の人と話したことないのに大丈夫だったの?」

初美「それくらい大丈夫ですよー!私だって男の人くらい・・・。」ゴニョゴニョ

神代「あの人、なかなか素敵な方でしたね、親切で物腰も柔らかくて綺麗な顔立ちしてましたし。」

初美「な、何を言ってるんですかー!////」

神代「あら、どうしてハッちゃんが顔を赤くするの?」

初美「なんでもありません!慣れてないので少し緊張しちゃっただけですよー。」

神代「ふうん、それで一目ぼれしちゃったわけね。」

初美「そ、そんなことはないですよー!!////」

神代「ふふ、そうよね。もう会うこともないでしょうしねー。」

初美「あぅ・・・。」

神代「ハッちゃんかわいい♪」ナデナデ

初美「ひ・め・さ・まーー!!」

神代「ハッちゃん、迷惑になるわよー。静かにしなきゃ。」

初美「そんなの関係ないですよー!!」

咲「・・・・・・・・・。」

優希「お、咲ちゃんおめざめだじょ。」

咲「朝・・・東京?」

優希「おうよ。」

久「抽選会は9時からよ。」

まこ「急いで支度しんさい。」

咲「あ・・・はい!そうでした。」





久「おはよう、須賀君。」

京「あ、おはようございます。遅かったですね。」

久「寝坊した人がいてねー。」

咲「あう・・・。」

京「咲・・・。」

咲「ち、ちがうの!夜なんだか寝付けなくて!」

京「どうだか。またヨダレたらして爆睡してたんだろう。」

咲「え、あ、うぅ・・・////」

まこ「おー、よくわかったのう?」

京「まぁ、付き合い長いでるからねぇ。こいつ結構朝弱いんですよ。」

咲「つ、付き合・・・へへ////」

和「むう・・・。」





和「やっと着きましたね。」

優希「おろ?咲ちゃんはどこだ?」

京「え・・・まさか・・・。」

和「また迷子ですか・・・。」

京「俺、探してくきます!」

まこ「すまんのう、たのむわ。」





咲「ココどこ・・・。」ううぅ

京「咲ーーっ!!」

咲「き、京ちゃん!!」ぱあっ

京「お前・・・どうしてこんなところに。」

咲「うぅ・・・ごめんなさい・・・。」グスッ

京「泣くなよ。ほら、みんなの所に戻ろう。」スッ

咲「うん!」ギュッ

咲(京ちゃんの手握っちゃった・・・えへへ////)

京「まったく・・・お前は俺がいないと駄目だなーほんとに。」

咲「そ、そんなことないよー。」

京「どうだか。お前はいつも抜けてるから・・・なんか危なっかしくてほっとけないんだよ。」

咲「・・・いつもありがとうね、京ちゃん。」

京「お礼を言うくらいならもっとちゃんとしてくれ。」

咲「んー、かんがえておくよ。」

咲(京ちゃんとずっと一緒にいられるなら私は・・・。)





まこ「おお、おかえりぃ。」

咲「ごめんなさい、勝手にいなくなちゃって・・・。」

優希「いいってことよ!それより京太郎に襲われなかったか?」

京「襲ってねーよ!」

咲「それで、抽選はどうだったんですか?」

まこ「いいとは言えんの。同じブロックに姫松と永水女子がおる。」

久「不甲斐なくて悪いわね。」

和「そんなことないですよ。優勝を目指すんですから、どの道ぶつかる相手です。」

優希「そうだじぇ!」




初美「組み合わせ決まったみたいですねー。」

霞「私たちはシードなんですから、わざわざ会場まで見にこなくてもよかったのでは?」

神代「まあまあ。試合前に対戦相手の顔くらい見ておいてもいいでしょう?」

初美「きっと姫様は外にでたかっただけですよー。」

神代「そうねえ、ずっとホテルの中では気がめいってしまうもの。せっかく東京に来ているのだから。」

神代(まあ実は目的は他にあるのだけど・・・。)

初美「けど姫松はなかなか厄介ですねー。清澄ってのは初耳ですがー。」

霞「噂をすれば・・・。あれですよ、清澄高校。」

神代「あら?早速見つけた・・・。」





和「この後はどうするんですか?」

久「そうねー・・・。」

神代「あの、すみません。」

久「ん?」

京「あ!」

神代「先日はお世話になりました。」ニコッ

京「いえ、そんな・・・えーと・・・」

神代「申しお遅れました。私、永水女子高校2年の神代小蒔と申します。」

久「!!」

まこ「京太郎・・・いつの間にナンパなんかしとったんじゃ。」

京「いや、そんなんじゃないですから!道に迷ってるところを助けただけですよ!」

神代「ほーら、ハッちゃんもこっちに来なさい。」

初美「え?あ、あなたは・・・。」

京「あれ、ひょっとして君も永水女子?」

京(高校生だったのか。じゃあ同い年かな。)

初美「は、はい。永水女子3年の薄墨初美ですよー。」

京「え、と、年上!?3年!!?」

初美「・・・私のこと年下と思ってたんですねー?」

京「そ、そんなことないって!いや、ないです!」

初美「・・・ずっとタメ口だったですよー。」

京「えーと・・・ごめんなさい。」

初美「どうせ私は中学生ですよー・・・。」

京「あ、えーと、俺は清澄高校1年の須賀京太郎っていいます!」

神代「京太郎さん、ですか。素敵なお名前ですね。」

京「い、いやあそんな。」

咲「む・・・」ギュッ

京「いてっ、どうして腕をつねる!?」

咲「ふーんだ。なんでもないよ。」

神代(なるほど・・・そういうことね。)

神代「ハッちゃん、京太郎さんと・・・」

淡「京太郎くーん!!」

咲「!?」

京「ええと、大星さん?」

淡「うん。奇遇だね京太郎君!」

菫「探しまわっていたくせによく言う・・・。」

京「あ、弘世さん。こんにちは。」

まこ「京太郎、お前・・・。」

京「い、いやほんとにそんなんじゃないですから!!」

神代「もてるんですね、京太郎さん。」

菫「む、お前は永水女子の・・・。」

神代「ご無沙汰しております。昨年はお世話になりました。」

初美「今年はたっぷりと借りをお返ししますですよー。」

菫「照に言え、そんなことは。」

淡「その宮永先輩が行方不明なんですけどね・・・あの人は目を離すとすぐにいなくなるんだから。」

咲「お姉ちゃんがここに来てるんですか!?」

淡「え・・・お姉ちゃん?」

菫「なるほど・・・君が宮永咲か。」





照「ココどこ・・・。」ううぅ

『あ、宮永照さん、なにか一言!』

照「うっ・・・別にありません!」ダッ

『あ、待ってくださいー!』

照「・・・ふぅ。あ、あれは・・・。」

照「菫、淡。」

菫「お、照じゃないか。今ちょうど探していたんだ。」

照(よかった・・・って、え!?何この状況!)

和(て、照さん・・・間が悪すぎですよ!)

咲「お姉ちゃん・・・!」

照「・・・・・・。」

京「・・・なんで、なんで咲に冷たくするんだよ。昔はあんなに仲よかったじゃないか!昔は、ほんとに・・・。」

照「京ちゃん・・・。」

優希「き、京ちゃんって!二人は知り合いなのか?」

久「咲の幼馴染なんだから、そのお姉さんと知り合いでも不思議はないはねぇ。」

まこ「冷静に言っとる場合か?」

菫「おい、そんな態度だと大好きな京ちゃんに嫌われてしまうぞ?」

照「なっ・・・お前は何を!////」

咲「ふぇ!?ま、まさかお姉ちゃん・・・。」

久「なるほど。妹に好きな男の子を取られちゃったから怒ってたのかしら?」

京「・・・・・・え?」

照「そ、そんなわけなぷぺ」

淡「噛んでます。落ち着いてください?」

神代「あらあら。あの宮永照さんにそんな乙女チックな面がったんですねえ?」

照「う、う、う・・・////」

菫「まあ京太郎君は私がもらってしまうがな。」ぎゅっ

京「えぇ!?ちょ、ちょっと弘世さん!」

菫「冷たいな。菫と呼んでくれ、京太郎。」

淡「あ、抜け駆けはずるいですよ先輩!」ぎゅっ

京「大星さんまで!」

淡「わ、私のことも淡って呼んで!京太郎君////」

神代「あら、ハッちゃんはいいの?」

初美「へ!?わ、私には関係ないですよー!」

菫「なんだお前も京太郎を狙っていたのか、ちびっ子。」

初美「ち、ちびっ子って言うなですよーー!」

菫「京太郎は私みたいな大人の女性が好みだものな?あんなちびっ子に興味はないだろう。」

京「へ!?あ、いやあ・・・どうでしょうね。あはは////」

初美「身長が高ければいいってもんじゃないですよー!それに貧乳は希少価値なんですよー!!」

初美「京太郎君は小さな女の子は嫌いですかー・・・?」ぎゅっ

まこ「もてもてじゃのう、この色男。」

久「何なのかしら?この状況・・・。」

和「須賀君、やりますね。できればそのまま・・・」ブツブツ

照「こ、こいつらはまた・・・!」キッ

咲「き、きょうちゃ・・・」わなわな

優希「発情してんじゃないじょこの駄犬がーーっ!!!」げしっ

咲・照「「!!」」

京「いてぇ!」

初美「あぅ。」

菫「おっと」

淡「あ、ちょっと邪魔しないでってば!」

京「な、なにするんだよ優希。」

優「それはこっちのセリフだじょ!この発情犬め!」

京「い、いやそんなんじゃ・・・」

菫「そうだ。彼とはまだ健全な付き合いだぞ。」

優希「彼・・・つきあ・・・まだ!?」

淡「自分と京太郎君が恋人みたいな言い方はしないでくださいっ!」

菫「いずれそうなる。なあ?京太郎・・・」ツツ・・

京「えぇ!?いや、それはまだわからないというかですね!////」

初美「だ、駄目です!京太郎君は小さい子のほうが好きなんですからー!」

優希「だ、だったら私でもいいはずだじょ!!」ぎゅっ

京「なっ・・・お前までなにを!」

優希「う、うるさーい!犬は飼い主の言うことを聞くもんだじょ!」

淡「犬ってなによー!京太郎君はそんなワガママな子は嫌いだよきっと!」

優希「なにをー!?だいたい私の方が付き合いが長いんだじぇーっ!」

初美「そんなの関係ないですよー!」

菫「そうだ、一緒の時間はこれから作っていけばいい。重要なのはどれだけ彼をどれだけ想っているかだ。」

優希「想いだって負けてないじぇ!毎日寝ても覚めても京太郎のことばっかり考えてるんだじょ私は!」

淡「私だって!」

優希「どうせまで出会って数日だじょ!?そんなんじゃ毎日って言わないじぇー!」

淡「うぅ・・・こ、このー!」ぎゅうう

優希「痛っ、やるのかこいつーっ!」ぎゅうう

菫「馬鹿はほっておこうか京太郎。私たちは・・・」

初美「させないですよー!」

菫「むう・・・お前にこういうのはまだ早いぞちびっ子。」

初美「ちびっ子って言うなですよーーっ!私だって恋ぐらいしたいのですよー!!」

菫「あと20年待て!」

初美「婚期逃してるですよー!?」

和「照さん何してるんですか?須賀君がとられてしまいますよ!」ボソボソ

照「え、いや、でも・・・////」

和「恥ずかしがってる場合じゃないです!」

菫「そうだな・・・じゃあ先に既成事実を作ってしまおうか。」ぐいっ

照「!!」

和(照さん!!)

照「ま、まったーーー!!」

菫「む・・・どうした照。」

照「き・・・きょう・・・」ボソッ

菫「どうした聞こえないぞ?」

照「京ちゃんのは私のだーーっ!!誰もとるんじゃなーーーーいっ!!!」

一同『・・・・・・。』ポカーン

京「え・・・うぁ・・・////」

菫「そ、そんなの今さら・・・」

和「みなさん、私達は麻雀の大会で集まったんです!だったらここは麻雀で決着をつけてはいかがでしょう!?」

照「そ、そうだ!お前たち・・・文句を言うのは私に勝ってからにしてもらおうか。」ゴオッ

初美「う・・・。」

淡「確かに・・・そうなれば京太郎君と会えたのも麻雀のおかげって言えるけど・・・。」

菫「まぁ、一応筋は通っているが・・・。」

優希「か、勝てっこないじぇー・・・。」ウルウル

和(ふぅ・・・なんとかなりそうです。よかったですね照さ・・・)

咲「・・・わかったよ。」

一同『・・・・・・え?』

和「宮永さん・・・?」

咲「お姉ちゃん。」キッ

照「な、何?」ビクッ

咲「私がお姉ちゃんに勝ったら・・・京ちゃんをもらっていいんだよね?」

京「さ、咲・・・お前何を言って」

咲「京ちゃんは黙ってて。」

京「は、はい!」

照「まあ・・・そうなる、かな。」

優希(え、咲ちゃん?どうしちゃったんだじぇ?)ビクビク

咲「私わかったの、みんなのおかげで。私は・・・京ちゃんが好き。大好き。」

咲「他の女の子のことは見てほしくない。私だけを見ててほしい・・・。」

咲「私、お姉ちゃんのことは好きだよ。仲直りしたいと思ってる。」

照「咲・・・。」

咲「だけど、お姉ちゃんが私から京ちゃんをとろうとしてるなら・・・私は・・・。」ゴゴゴゴゴ

菫(う・・・さすが姉妹というべきか。)

初美(こ、これ・・・殺気ですかー!?)

淡(なんなのこの子ー!恐いよっ!)

京「あ、あのー・・・その、俺の意思は」

咲「京ちゃんは私のこと嫌いなの?」

京「そんなわけない!」

照「・・・じゃあ私のことは?」

京「嫌いなわけないよ。」

咲「じゃあ決まりだね。」

照「私と咲・・・勝った方が京ちゃんと・・・。」

咲「負けないよ、お姉ちゃん。」ゴゴゴゴゴ

照「私だって。」ゴゴゴゴゴ

菫「ふむ、すっかり蚊帳の外だな。」

初美「ウチが清澄に勝ったらどうなるんですかー?」

淡「どうせ白糸台には勝てないんだから無駄だってば。」

優希「わ、私はまだあきらめないじぇ!」

和(あああ・・・照さんが勝ったらどのみち宮永さんとは一緒にいられませんーー。)グスグス

京(仲直りしてほしかったのに・・・余計険悪に!?)

神代「あら、面白くなってきましたね。」

久「さすがにこれは私にもお手上げねぇ・・・ご愁傷様。」

まこ「あー、二人とも。涙拭けよ?」

京・和「「どうしてこうなった!!」」