普通の仕事と不労所得、何が違うの?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不労所得は労働をせずにお金を得るという事です。

でも結局お金を得るために何かしているんだから、それは仕事じゃないの?

と言われてしまうかも知れませんね。


しかし普通の仕事と不労所得の違う点はしっかり存在しています。


会社員でも、経営者でも、フリーで仕事をされている方でも、お金を得るためには仕事を継続していかなければなりません。
例えば1月に働いた分の報酬を2月に受取る事は出来ます。
しかし2月に何もしなければ、3月にお金を受け取ることは出来ません。


しかし不労所得は違います。
1月に不労所得のシステムを構築したのなら、
2月、3月、4月・・・と継続してお金を手に入れる事が可能なのです。
実質的に労力を使ったのは1月のみなのに、継続してお金を手に入れられるのです。
もちろん、構築したシステムがしっかりしたものでなければ、継続収入は見込めませんが、継続して働く必要がないという点は普通の仕事と大きく違います。


不労所得のシステムを構築する方法の1つとして、大きな注目を集めているのがアフィリエイトです。

アフィリエイトで成功し、いわゆる脱サラをしたという例もよくある話です。

お金を得るために半永久的に労働を毎日続けていく。
そういった生活に嫌気が差した方。
また、現在の定収入だけでは不満がある方。
そうした方は不労所得の可能性も検討してみたらよいかも知れません。



→不労所得をアフィリエイトで構築する手法

このサイトは不労所得、特にアフィリエイトでそれを実現させたいという方にとって非常に役にたちます。
具体的な構築の手法も惜しげも無く公開されています。