※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※これは2012年エイプリルフール企画です。
例によって4/1以降も更新されるかもしれないけど全て嘘っぱちなので騙されたら負け。

東 方
大 戦 略
(蜘)たけのこくもさん

6.シナリオ攻略編

+6-1.メインシナリオ

6-1.メインシナリオ

+はじめに

はじめに

ここでは、序盤の紹介と攻略を行っていきます。
敵は弱いものの、自軍指揮官がアレすぎて作戦を成功させるのが一番難しい時期。
「あなた」が、より早く昇格出来るよう、ここを参考に是非とも「作戦成功」をもぎ取って下さい。
なお、「あなた」と「あなただけの妖精さん」は好きな名前を付けられますが、
ここではデフォルト名の ロンメルモイシェン を採用します。

+オープニング

オープニング

ゲームは、てんこの辺境派遣軍が、博麗神社南方の森林地帯を偵察するシーンから始まります。
馴れない戦車の操縦に手間取るてんこちゃんは、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。
また森にぶつかってしまいました。

このポンコツっ!

悪態をたれるてんこちゃん。
そんな様子を、じっと見つめる妖精さんがひとり。
彼女こそ ロンメルちゃん 、即ち「あなた」なのです。
たかが妖精に醜態を見られたてんこちゃんは、腹が立ってロンメルちゃんに戦車を操縦するよう命じます。
つい先ほど幻想入りしたばかりの新人妖精ロンメルちゃんは、行く場所も無く、途方に暮れていたところ。
することも無いので、とりあえずてんこちゃんの97式中戦車に乗り込みます。
するとどうでしょう。
幻想入りする前の記憶なのか、戦車の操縦方法が脳裏に浮かんでくるではありませんか。

と、ここからがゲームの開始です。
まずは、ロンメルちゃんが思い出した操縦法に沿って、戦車の移動や行動などの操作法を覚えましょう。
マウスをクリックする方法さえ知っていれば、指示に従うだけで何事もなく動かせるはずです。
地形による移動力の違いや、森の隠蔽効果なども教えてくれるでしょう。
ここでしばらく操縦していると、自分より操縦の上手い妖精さんに、てんこちゃんの怒りが爆発します。
部下の戦車から搭乗員の妖精さんを降ろし、代わりにロンメルちゃんが乗るよう指図。
なんと、砲戦で決着を付けようと言うのです。

しかしその前に、降ろされてしまった妖精さんが気になるロンメルちゃん。
彼女を気にかけていると、てんこちゃんから貰って良いとのお達しが出ます。
どうせ妖精が2人でかかって来たところで、私の優位は揺るがないわ。
そんな自信が溢れ出ています。

というわけで、ここで「あなただけの妖精さん」 モイシェンちゃん の登場です。
一時的に彼女だけを動かすモードとなり、歩兵の操作方法を色々と知ることが出来ます。
足の遅さや視界の広さなど、歩兵ならではの感覚も覚えておきましょう。
さらに、衣玖さんの戦車が動かないマトとなってくれるので、一足早く戦闘も行えます。
武器は移動後に撃てない対戦車ライフルなので、攻撃方法だけの練習です。

衣玖さんを見事撃破したら、いよいよ戦闘関係のチュートリアルとなります。
しかしその前に、てんこちゃんはモイシェンちゃんに榴弾を撃ち込みます。
正確には、徹甲弾を撃つも全く当たらず、まずは機銃、次いで榴弾を撃ちます。
機銃掃射と大型榴弾により大ダメージを受け、戦線離脱するモイシェンちゃん。
ここで、歩兵の脆弱性と歩兵への有効打を知ることが出来るでしょう。
さすがにやりすぎた、と気付いたてんこちゃんはすぐさま彼女を回収。
幸いにも大事には至らなかった、とのことで「負傷」となり、次回作戦には戻れると聞けます。

さて、ここからは戦車戦です。
てんこちゃんはガンガン撃ってきますが、わざわざ移動後に最大射程で撃つため、命中率は0%です。
絶対に当たらないので、ロンメルちゃんの直感に従い、反撃や転回などを色々試してみましょう。
しばらくやりあうと、てんこちゃんは疲れて行動が止まります。
ここで、ロンメルちゃんはてんこちゃんの側面を取り、視界外へと入ります。
戦車の視界が、前面>側面>背面であることを教えてくれるわけです。
さらに、装甲も側面の方が弱いことを教えてくれます。

あわてふためくてんこちゃん。
容赦なく側面射撃を断行するロンメルちゃん。
しかし、貫徹力の低い97式中戦車、残念ながら弾かれてしまいます。
反撃で、やはり無駄な攻撃を繰り出すてんこちゃん。
ここは、命中時の貫徹/無効判定や、視界外攻撃における反撃を教えてくれるポイントです。
視界外からの攻撃であっても、砲塔を旋回すれば見える3ヘックス以内であれば後攻反撃を受ける、
ということは、基本編でも述べた通り。
仕方なく、最大の威力を期待できる接近戦、即ち密着状態での側面攻撃を狙うロンメルちゃん。
今度は近くの森に入り込みます。
森の隠蔽効果により完全に見失ってしまったてんこちゃんは、見つけだすべく森に近づきます。
そのまま森を横目に、全く警戒せずロンメルちゃんの目の前に来てしまうてんこちゃん。
残念ながら、今度の攻撃は貫徹してしまいます。

たかが妖精に負けてしまったてんこちゃん。
これはきっと、この妖精が特殊なのに違いない。
自分が妖精に負けるなんてあり得ない。
そう思いこんだてんこちゃんは、とりあえずロンメルちゃんを連れて司令部へと戻るのでした。
まさか彼女のこの判断が、幻想郷の危機を救うことになろうとは。
実は、このゲーム最大の功労者はてんこちゃんなのかもしれません。
まぁどうでもいいですか。

さて、楽しいチュートリアルが終わると、ゆかりんやパルちゃんなどとの会話が行われ、
ロンメルちゃんの戦車知識が並はずれていることが判明し、いよいよ特命を申しつけられます。
同時に経験値が得られ、名声値は3になります。
能力を振り分けたら、いざ幻想大戦略の世界へ。
次は、彼女の知識が最大限に生かされる「戦略フェイズ」です。

ちなみに、ロンメルちゃんもモイシェンちゃんも、セリフは一切ありません。
幻想水滸伝の如く、無言でも全て他者には伝わるのです。
もしくは、あなた自身の脳内でセリフとボイスを再生するといいでしょう。

+戦略フェイズ(4月 第1週)

戦略フェイズ(4月 第1週)

さて、初めての戦略フェイズです。
まずは「転属」コマンドで「霊界旅団」に転属しましょう。
てんこちゃんの軍団では、今後どこの作戦にも行かず、ひたすらてんこちゃんと撃ち合うだけになります。
それはそれで面白いですが、名声値は全く上がらないのでやめておきましょう。
転属したら、早速次回の作戦を確認。
出撃予定軍団は、「霊界旅団」と「幻想大結界」。
部隊長からの作戦概要は……「北西方面に出撃するみたいよ」。
はい、幽々子様に聞いても何も分かりませんね。
ただ、出番はあるようです。

では次に、資材を見てみましょう。
  • 資金3000円/物資3000kg/火薬3000mg/燃料3000ml
初期資材は以上の通りです。
戦車は全軍に97式中戦車が配備されています。
しかし、この戦車は対戦車攻撃には向きません。
ロンメルちゃんが持ち込んだ技術を元に、新たな戦車を開発しましょう。
まずは「3号戦車E型」の開発に人員100%を振り分けます。
火力支援戦車は97式で代用出来るので、4号戦車は後回しです。
これで4日経過させれば、3号戦車E型が完成します。
終わったら、次は技術と4号開発に50%入れましょう。
次のマップは戦闘不要なので、生産する必要はありません。
完成した1号車は貰えるので、ロンメルちゃんにでもあげましょう。

消費資材:資金2750/物資450

残余資材:資金250/物資2550/97式中戦車1両

開発状況:3号戦車E型(完成)/4号戦車D型(50/400)/技術開発LV2(50/400)


+作戦1

作戦1

戦略フェイズが終われば戦術マップです。
とはいえ、幽々子様の伝言では作戦目的は全く分かりません。
とりあえず、出撃しているのは「霊界旅団」と「幻想大結界」のみです。
ただし、超精鋭軍団の幻想大結界は、何故か全く動きません。

マップを眺めると、どうやら奥の方に敵の拠点があるようです。
周囲を森に囲まれた拠点、視界外とはいえ、敵がいる予感は十分です。
慎重に近づきたいところですが、あろうことか「霊界旅団」の妖夢少尉が勝手に突撃してくれます。
放置しておくと間違いなく敵陣に正面からコンニチハすることになるので、
ロンメルちゃんも急いで敵陣へと向かいましょう。
ただし、妖夢は林などを迂回せず、ひたすら突撃します。
地形を選べば先行できるので、なんとかして先行し、敵陣へと近づきましょう。
あとは、敵拠点の正面に出ないよう気を付けながら、敵陣周辺の森に入ります。
すると、自身は隠蔽効果で護られながら、敵陣の様子を視察することが出来るはずです。

敵の戦車が見えれば、なんとこの作戦は「成功」です。
実は、敵陣の様子を探るのが目的だったわけです。
だから、隠蔽力の高い「霊界旅団」が割り当てられたわけですね。
作戦目的が達成されると、ゆかりんから直接通達があり、全軍が撤退に入ります。
マップ下端まで移動すれば自力で撤退出来ますが、幽々子様が撤退すれば部隊全軍が撤退出来ます。
敵は動かないので、放置でも大丈夫。
こうして撤退すれば、経験値60が得られ、次の戦略フェイズに移ります。

逆に、妖夢に任せておくと敵に発見されてしまうため、「作戦失敗」となってしまいます。
失敗しても経験値は30入りますが、敵はこちらを発見すると動き出します。
配備されているのは最弱クラスのT-26やBT-7ですが、97式中戦車では危険が大きすぎます。
発見されたら即座に撤退しましょう。
頑張って殲滅しても構いませんが、どちらにせよ作戦失敗ですし、損失が大きくなるのでやめましょう。
また、「作戦失敗」すると次回フェイズが面倒なことになるので、その点も注意しましょう。
殲滅しても、「作戦失敗」の場合は制圧出来ません。

+戦略フェイズ(4月 第2週)

戦略フェイズ(4月 第2週)

さて戦略フェイズです。
次回作戦予定は……「お休み」のようです。
よって、全力で開発を進めていきます。
実は、前回作戦を「成功」させた場合、こういったボーナスともいえるフェイズとなるのです。
逆に、発見されてしまっている場合は、報復として敵が攻めてくるわけですね。
攻めてくるのは非常に弱い軍団ですが、やはり大変なのでオススメしません。

というわけで開発です。
とはいえ、技術開発は高額なのでペースはゆるやかに。
4号戦車100%で2ターン、技術開発を50%×1ターンといったところでしょうか。

収入:資金1400/物資1350

消費資材:資金1500/物資200

残余資材:資金150/物資3700/97式中戦車1両

開発状況:4号戦車D型(250/400)/技術開発LV2(100/400)


+戦略フェイズ(4月 第3週)

戦略フェイズ(4月 第3週)

作戦が無かったので、引き続き戦略フェイズです。
次回作戦予定は……またしても「お休み」のようです。
ただし、今回は北西エリアに「風魔忍群」が出撃するようです。
念のため、戦車も生産しておきますか。

というわけで生産開発です。
まずは4号戦車D型50%×3ターン。
これで、強力な大砲を持つ4号戦車が完成しました。
しかし、この主砲は砲身が短く、命中精度に劣るのが欠点です。
あくまで、対戦車攻撃の主役は3号戦車であり、こちらは榴弾砲撃を主とする支援戦車なのです。
とはいえ、徹甲弾の貫徹力も3号戦車E型以上なので、強力な戦車相手ならばこちらが有利でしょう。

さて、残った資金は800円。
これでは、技術開発してしまうと戦車が満足に作れません。
よって、今回は3号戦車E型8両の生産を行いましょう。
生産20%×4ラインとすれば、1ターンで4両の戦車が完成します。
これを2ターン続けることで、見事に8両の戦車が完成です。
配備は、優秀な兵員を優先していくといいでしょう。

収入:資金1400/物資1350

消費資材:資金2050/物資1750

残余資材:資金0/物資3300/97式中戦車10両

開発状況:4号戦車D型(完成)/技術開発LV2(100/400)


+戦略フェイズ(4月 第4週)

戦略フェイズ(4月 第4週)

作戦が無かったので、またまた戦略フェイズです。
次回作戦予定は……「敵が攻めてくる」ようです。
やはり発見されてしまったのでしょう。
迎え撃つのは「霊界旅団」と「風魔忍群」。
どうやら援軍として向かえ、ということのようです。

仕方ないので、受けて立つべく戦車を生産します。
ちなみに、前回の作戦は実は偵察目的なので、「風魔忍群」に損失はありません。
じゃあ何で発見されたし。
と文句を言っても始まらないので、とりあえず3号戦車を10両生産しましょう。
これを、「霊界旅団」と「風魔忍群」に振り分けていきます。
これで、あっという間に新戦車満載の軍団となりました。
強そうですね。

敵は、この時点ではまだ幻想郷を侮っており、97式中戦車しか無いと思いこんでいます。
前回発見されているはずですが、侮っているので新戦車とは気付かれていません。
当然、いつでも攻め滅ぼせると思ってるので、他のエリアには攻めてきません。
というわけで、他軍団に新戦車を配備する必要はありません。
全部ありがたく頂いておきましょう。

収入:資金1400/物資1350

消費資材:資金1000/物資2000

残余資材:資金400/物資2850/97式中戦車20両

開発状況:技術開発LV2(100/400)


+作戦2

作戦2

さて防衛戦です。
敵は僅か1軍団。
編成数は24両と多めですが、T-26×21とBT-7×3なので強くはありません。
97式中戦車にとっては強敵ですが、倍以上の貫徹力を誇る3号戦車E型の敵ではありません。
あくまで、偵察でウロチョロしてたからお仕置きするつもりで攻めてきた、程度です。
勝てると思ってやってきたのでしょう。

というわけで、返り討ちにしていきます。
勝利条件は「50ターン耐えきる」なのですが、全滅させて構いません。
見事防衛に成功すれば、経験値100を得られ名声値が4になることでしょう。
もちろん敗北すればエリアを奪われますが、まぁ無いでしょう。

なお、敵指揮官を撃破すれば、隷下の軍団は全滅します。
消滅した戦車ぶんの経験値も貰えるので、余裕があれば指揮官撃破を狙ってみましょう。
指揮官は、幻想郷に攻め込んだ宇宙犯罪組織「マドー」が産みだした魔怪獣「センシャビースト」です。
戦闘力は、幽々子様や神奈子様と同等なのでちょっと強いですが、戦車が弱いので大丈夫でしょう。

+戦略フェイズ(5月 第1週)

戦略フェイズ(5月 第1週)

さて戦略フェイズです。
次回作戦予定は……「北西方面に出撃するみたいよ」だそうです。
前回の勢いそのままに、敵エリアを奪い取ってしまおう、ということでしょうか。
出撃予定軍団を見てみると、「霊界旅団」と「風魔忍群」。
しかし、南方戦線の各地に「紅魔軍」「魔導部隊」「独立遊撃隊」「地底防衛軍」「幻想大結界」など
主力級の軍団も出撃する予定のようです。
これはどういうことでしょう。

実は、前回あえて敵に攻めさせ、なおかつ大戦力で撃退したのはこの為だったのです。
前回、予想外の反撃を受けた結果、敵は戦力を一時的に北西エリアに戦力を集中させています。
そこに、敵の予想通りに幻想郷軍が攻めてくる。
このような状況を見せれば、敵戦力はさらに北西エリアに集中するでしょう。
その間に、収入源の南方を制圧してしまおう、という作戦です。
つまり、「霊界旅団」と「風魔忍群」はあくまで陽動。
前回も今回も、その前に発見されたのも全て、この為の陽動だったのです。

というわけで、今回の主役は南方戦線に向かう5軍団です。
能力の高い3号戦車は、そちらに振り分けていきましょう。
もちろん生産も全力です。
生産に20%×5ラインとすれば、3ターンで15両の戦車が完成します。
残り資金は300円。
生産してもいいですが、既にこちらの新戦車は35両。
敵は陽動に引っ掛かっているので、南方戦線は手薄です。
そこに精鋭軍団が向かうのですから、これだけあれば足りるでしょう。
一方、「霊界旅団」と「風魔忍群」は陽動なので、無理に戦う必要はありません。
というより、敵が全力で防衛してくるので、とてもじゃないけど捌き切れません。
というわけで、撃破されることを前提に、全軍97式中戦車でいいです。
もったいないので。
ただし、ロンメルちゃんだけは3号か4号に乗せて、こぼれてくる敵を撃破して経験値を稼ぎましょう。
ステルス性が高いうえ命中率の高いにとり中尉や、全体的に強いあやや大尉に与えるのも良いでしょう。

収入:資金1400/物資1350

消費資材:資金1500/物資3000

残余資材:資金300/物資1200/97式中戦車35両

開発状況:技術開発LV2(100/400)


+作戦3

作戦3

さて戦術マップです。
マップは作戦1と同じですが、今回は敵が守りを固めています。
その数、実に5軍団120両。
中には、多砲塔戦車T-28やT-35の姿も見えます。
南方の守りを手薄にするため陽動していた成果がここに現れました。

というわけで、陽動に徹します。
作戦概要からは全く分かりませんが、この作戦の目的は「足止め」です。
どんな方法でもいいので、50ターン持ちこたえれば「作戦成功」なのです。

が、せっかくなので倒せる敵だけは倒していきます。
こちらの2軍団を率いる部隊長は、まるで作戦を聞いてないので、部下も勇敢に突撃していきます。
そして、敵は基本的に動きませんが、こちらが近づくと動き出すのです。
よって、勝手に突撃する妖夢などの後ろから敵に接近し、敵が気を取られたスキに撃破するのです。
うまく行けば、撃破経験値だけで100ポイントほど得られることでしょう。
さらに、作戦成功ならば経験値100ポイントを得られます。
ここまで上手く稼いでくれば、ここで名声値5になるはずです。
転属しましょう。

+戦略フェイズ(5月 第2週)

戦略フェイズ(5月 第2週)

さて戦略フェイズです。
名声値が5になっているのなら、「風魔忍群」に転属しておきましょう。
相変わらず部隊長の作戦把握能力はゼロですが、士気と統率の高さが魅力です。
軍団としての戦闘力もこちらの方が高く、より勲功を上げやすい環境でしょう。

さて、次回作戦予定は……「全軍待機」のようです。
前回、見事な陽動作戦の甲斐あって、一挙に東部戦線を制圧しました。
しかし、やや無理な進攻だったため、一旦ここで戦力を整えるのです。

というわけで開発か生産をしていきたいところではありますが、その前に前回の損害補填を行います。
今回は、戦車損失15両、妖精さん15人負傷=治療費300円を念頭に置きます。
とは言っても、戦車損失は全て97式なので、余っている97式を振り分ければ十分です。
あとは、久々に技術開発を進めましょう。
50%×3でいいでしょう。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1800/物資0

残余資材:資金0/物資2700/97式中戦車20両

開発状況:技術開発LV2(250/400)


+戦略フェイズ(5月 第3週)

戦略フェイズ(5月 第3週)

引き続き戦略フェイズです。
次回作戦予定は……「敵が攻めてくる」そうです。
この前の作戦で2エリアも奪われてしまったことに、魔王サイコの怒りが爆発したのでしょう。
陽動を行った「霊界旅団」と「風魔忍群」のいるエリアに、大攻勢が予想されています。
もちろん、ジェネラルゆかりんやえーりんが手をこまねいているはずもなく、防衛軍が勢揃い。
このエリアになんと、「霊界旅団」「風魔忍群」「永遠亭師団」「独立遊撃隊」「幻想大結界」の、
総勢5軍団が配置されているのです。
さらに、司令部からは小町准将まで派遣されてきます。
准将とは名ばかりの雑用兵ですが、戦闘力は十分なのでありがたく受け入れましょう。

さて、それでは生産と開発です。
防衛戦なので戦車を増産しましょう。
15両作れるので、新戦車は総勢50両ほど。
これを、強い軍団を優先しつつ、バランス良く振り分けていきます。
特に、新規参戦の「永遠亭師団」は全軍97式なので、振り分け忘れないようにしましょう。

なお、このフェイズの4ターン目には河童から朗報がもたらされます。
その日は、3号戦車E型の完成からちょうど30日。
この戦車に刺激を受けた河童が開発していた、改良型の97式中戦車がついに完成したのです。
主砲はやや小型化しましたが、貫徹力と命中率が大幅に上がり、3号戦車E型に匹敵する能力を持ちました。
しかも今後は、戦車を失った場合、こちらが配備されることとなります。
もう、戦車を失っても機銃並の砲弾で奮闘する必要は無いのです。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1500/物資3000

残余資材:資金0/物資1200/97式中戦車35両

開発状況:技術開発LV2(250/400)


+作戦4

作戦4

怒りに我を忘れた敵を迎え撃つ、迎撃戦です。
マップは作戦2と同一ですが、敵がなんと4軍団で攻めてきます。
しかし、迎え撃つのは実に5軍団。
編成数の関係上、数の上では負けていますが、将兵の質が段違いです。
敵は、T-26×80、BT-7×12、T-28×4(指揮官車)という構成です。

さて、例によって防衛戦なので「50ターン経過」で勝利となります。
が、せっかくだから経験値の高いT-28を仕留めたいところです。
この戦車は多数の砲塔を搭載しており、1ターン最大3回攻撃という脅威の攻撃回数を誇ります。
が、そのうち2回は射角の制限された機関銃であり、戦車の脅威にはなりません。
さらに、そのせいで重量がかさみ、装甲が弱いという弱点を持ちます。
前面装甲こそ立派ですが、側面はまるでT-26軽戦車の如し。
というわけで、うまく側面に回り込めば、3号戦車E型でも十分に撃破可能なのです。
とはいえ、「センシャビースト」も弱くはないので、危なそうなら無理せず他軍団に任せましょう。
たいていは、「幻想大結界」のパルちゃんが、驚異的な命中精度と貫徹力で仕留めてくれるはずです。

見事耐えきるか撃退すれば、経験値100が得られます。
撃破経験値も、100くらい稼いでおきたいところです。

+戦略フェイズ(5月 第4週)

戦略フェイズ(5月 第4週)

さて戦略フェイズです。
次回作戦予定は……「全軍待機」だそうです。
マドーの主力部隊を撃退してしまったので、しばらくは攻めてこないでしょう。
とはいえ、まだまだ後続の部隊がいるはずなので、焦って進攻したりはしません。
今のうちに開発を推し進めましょう。

まずは、前回の損害補填を行います。
今回は、戦車損失10両、妖精さん10人負傷=治療費200円を念頭に置きます。
戦車損失は、例によって97式で埋めておきましょう。
次いで、残った資金で技術開発100%×1を行います。
さぁ、技術LV2まであと一歩。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1200/物資0

残余資材:資金300/物資2700/97式中戦車10両

開発状況:技術開発LV2(350/400)


+戦略フェイズ(6月 第1週)

戦略フェイズ(6月 第1週)

引き続き戦略フェイズです。
今回も休憩であり、軍備の増強チャンスです。
まずは技術開発。
50%×1で念願のLV2です。
ここで開発出来るのは「3号戦車G型」という改良型。
主砲が強化され、4号戦車に匹敵する貫徹力が得られます。
改良は新規開発の半分のコストで出来るので、さっそく100%×2ターンで完成させましょう。
完成した1号車は、もちろんロンメルちゃんのものです。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1500/物資200

残余資材:資金300/物資4000/97式中戦車11両

開発状況:3号戦車G型(完成)/技術開発LV2(完成)


+戦略フェイズ(6月 第2週)

戦略フェイズ(6月 第2週)

またまた戦略フェイズです。
今回は「北西方面に攻め込む」そうです。
が、投入部隊は北西2マップにそれぞれ、「霊界旅団」と「風魔忍群」が1軍団ずつ。
どう見ても偵察です本当にありがとうございました。

というわけで、戦車戦力を充実させる必要はありません。
が、今後を考え、3号G型を10両ほど生産しておきましょう。
残った資金は技術開発に入れます。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1500/物資2100

残余資材:資金300/物資3400/97式中戦車21両

開発状況:技術開発LV3(50/500)


+作戦5

作戦5

久々の偵察マップです。
敵情視察が目的なので、もちろん発見されたらアウトです。
が、例によって指揮官は血気盛んなので、先行偵察が必要です。
ただし「風魔忍群」は偵察能力が高いので、運が良ければ敵の視界外から偵察出来ることがあります。
あややの目に期待しましょう。
今回の作戦目的は「T-26SもしくはBT-7M」の発見。
敵の技術が、僅かですが上昇していることを知るのが目的です。
「作戦成功」すれば経験値60が得られます。

+戦略フェイズ(6月 第3週)

戦略フェイズ(6月 第3週)

さて戦略フェイズです。
前回発見されていなければ、「全軍待機」の準備期間になります。
引き続き、前回と同じように生産開発していきましょう。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1500/物資2100

残余資材:資金300/物資2800/97式中戦車31両

開発状況:技術開発LV3(100/500)


+戦略フェイズ(6月 第4週)

戦略フェイズ(6月 第4週)

引き続き戦略フェイズです。
大方の予想通り「北西方面に攻め込む」ことになります。
当然、今回は全力です。
出撃するのは、「霊界旅団」+「永遠亭師団」+「幻想大結界」のチームと、
「風魔忍群」+「紅魔軍」+「独立遊撃隊」のチームです。
今まで通りに生産すれば、合計30両の3号戦車G型が完成するので戦力は十分でしょう。
出撃チームに振り分けたら、残った資金で技術開発を進めます。
戦車戦力はかなり整ってきたし、はやく技術LV3にしたいので今回は技術開発優先です。

収入:資金1500/物資1500

消費資材:資金1500/物資2100

残余資材:資金300/物資2200/97式中戦車41両

開発状況:技術開発LV3(150/500)


+作戦6

作戦6

これまで、幾度にも渡って偵察と攻撃を繰り返してきた北西エリアの2箇所を、ついに制圧します。
敵軍はまだ戦力再編の最中であり、完全には戦力を取り戻せていません。
そのスキを突き、一挙に攻め込むのです。

敵は3軍団。
T-26SやBT-7Mなどの改良型が配備されていますが、大差ありません。
「センシャビースト」は、T-28×2とT-35×1にそれぞれ乗り込んでいます。
対するこちらは、10両以上もの3号戦車G型をはじめ、多数の新戦車を擁する大軍団。
当然、作戦目的はただ一つ「敵の殲滅」です。
ロンメルちゃんが勲功を上げるチャンスなので、ビーストは是非とも仕留めたいところ。
雑魚戦車は無視して、一目散にビーストを狙っても良いでしょう。
3号戦車G型のパワーならば、彼らの装甲を正面から撃ち抜けます。
もちろん、彼らは指揮官なので倒せば担当軍団は消滅。
消えた戦車ぶんの経験値も全て貰えてウハウハです。
作戦成功すれば経験値200が貰えますが、撃破でさらに100ポイントは稼げるでしょう。
この経験値で、名声値は6へと上がってくれるはずです。

+戦略フェイズ(7月 第1週)

戦略フェイズ(7月 第1週)

さて戦略フェイズです。
「敵が攻めてくるぞ」。
前回攻めたので、敵は当然取り返しに来ます。
が、何故か北西エリアの担当は「霊界旅団+小町」と「風魔忍群」のみ。
実質、2エリアを1軍団ずつで護るのです。
そして、南方に溢れる「紅魔軍」+「魔導軍」+「独立遊撃隊」チームと、
「地底防衛軍」+「幻想大結界」チーム。

実は、北西エリアに来る敵は陽動なのです。
主戦力は、密かに南方エリアを狙っていたのでした。
が、残念ながらモロバレです。

というわけで、今まで通りに戦力を拡充し、粛々と開発を進めます。
損害は、戦車損失10両、妖精さん10人負傷=治療費200円を念頭に置きます。
生産した10両の3号G型は、主戦場たる南方戦線に送りましょう。

収入:資金1600/物資1575

消費資材:資金1700/物資2100

残余資材:資金200/物資1675/97式中戦車41両

開発状況:技術開発LV3(200/500)


+作戦7

作戦7

取られたら取り返す、とばかりに攻め来るマドー軍を追い払う作戦です。
少なくとも、幽々子様と神奈子様はそう思っています。

が、実際は敵の陽動作戦。
敵は1軍団、しかも殆どT-26Sという、やる気のない戦力なのです。
唯一指揮官だけがBT-7Mですが、指揮官もビーストではなく一般戦闘員。
残念ながら陽動だとバレているため、緊張感も何もありません。
至って普通の防衛戦です。
結局、幽々子様と神奈子様の判断は間違っていないのでした。

防衛戦なので、殲滅もしくは50ターン経過で勝利です。
これで経験値100は実においしい。
もちろん、撃破経験値も稼いでおきましょう。
名声値7はすぐそこです。

+戦略フェイズ(7月 第2週)

戦略フェイズ(7月 第2週)

さて戦略フェイズです。
またしても主戦力を壊滅させられたマドーは、しばらく引きこもってしまいます。
早めの夏休みと行きましょう。

前回の損害は、戦車損失10両、妖精さん10人負傷=治療費200円を念頭に置きます。
とりあえず戦車損失は余った97式で埋めておき、今回は全力で技術開発しましょう。
50%×3まで行けるはずです。

収入:資金1600/物資1575

消費資材:資金1700/物資0

残余資材:資金100/物資3250/97式中戦車31両

開発状況:技術開発LV3(350/500)


+戦略フェイズ(7月 第3週)

戦略フェイズ(7月 第3週)

引き続き戦略フェイズです。
今回は「北西方面に出撃」らしいですが、例によって偵察です。
技術開発50%×3で、技術LVを3にしてしまいましょう。

さて、開発出来るのは……
  • 3号戦車J型(装甲強化)
  • 4号戦車F型(装甲強化)
  • 50mm砲用高速徹甲弾
  • 75mm砲用HEAT弾
の4種類。
どれも魅力的ですが、さてどれを選びましょうか。
  • 3号戦車J型
    • 3号戦車G型の攻撃力そのままに防御力アップ
    • 3号戦車E型/G型から「更新」できる
  • 4号戦車F型
    • 4号戦車D型の装甲強化版
    • 3号戦車J型よりも装甲は強力
  • 高速徹甲弾
    • 3号戦車G型/J型で撃てる
    • 距離減衰は大きいが、貫徹力は最大1.6倍にもなる
    • 後の3号L型でも流用出来る
  • HEAT弾
    • 4号戦車D型/F型で撃てる
    • 威力の距離減衰が無く、4号短砲身タイプなら命中率も高い
    • 4号長砲身タイプ(後のG型以降)では、徹甲弾が強力なため出番がない
    • 完成すると、後々「歩兵用対戦車榴弾発射装置」、いわゆるバズーカ砲が開発出来るようになる
特徴はこんなところです。
現在の主力は3号戦車であり、半数以上を占める旧式E型を更新できる3号J型は魅力です。
「更新」は、新規生産の半分のコストで最新型に出来るうえ、生産ラインも使わないのが利点。
さらに高速徹甲弾を開発すれば、後のT-34にも対抗出来ることでしょう。

一方、4号戦車F型は装甲こそ勝るものの、砲が変わらないため命中率の低さは相変わらずです。
砲身が短く初速が遅いため、大重量の徹甲弾は榴弾よりも命中率が落ちてしまうのです。
しかしそのおかげで、HEAT弾を徹甲弾以上の命中率で運用出来てしまいます。
とはいえ、この徹甲弾のデメリットは、長砲身型のG型が完成すれば全て無くなります。
HEAT弾は、あくまで急場凌ぎ程度でしかないわけです。
が、HEAT弾を完成させれば、技術LV4で歩兵用バズーカ砲が開発出来ます。
モイシェンちゃんに強力な対戦車火力をもたらせるので、捨てがたいところ。

悩むところですが、何にせよもう資金がありません。
開発は次回に持ち越しです。

収入:資金1600/物資1575

消費資材:資金1500/物資0

残余資材:資金200/物資4825/97式中戦車31両

開発状況:技術開発LV3(完成)


+作戦8

作戦8

例によって作戦は「北西方面に出撃」ですが、中身は偵察です。
今回は、北西方面最後のエリアなので、なんと敵は要塞を築いています。
これを見るのが目的なのです。
珍しく、発見されても作戦失敗にはなりませんが、発見されると要塞砲などが撃ってきます。
大口径の戦車砲なので、撃破されぬよう気を付けましょう。
要塞を発見すれば、経験値は60入ります。
うまくいけば、ここで名声値7になるでしょう。
さぁ転属のチャンスです。

+戦略フェイズ(7月 第4週)

戦略フェイズ(7月 第4週)

さぁ戦略フェイズです。
前回発見した「要塞」は堅固なので、今回は様子見で「全軍待機」です。
マドーもまだ攻めてくるほどの元気はありません。

さて、どのような準備をしましょうか。
「要塞」は建物地形であり、攻めるには大口径の戦車砲が欲しいところです。
が、こちらの戦力は殆どが3号戦車。
しかも、半数は小口径砲の3号E型です。
となると、敵の砲火をかいくぐりつつ大口径榴弾を撃ち込める4号F型が、俄然魅力的になります。

とはいえ、今後を見据えると3号J型も開発しておきたいところ。
後ほど現れてくる敵の新戦車、T-34やKV-1には、HEAT弾ですら効果が薄いのです。
火力も高く、非常に危険な相手です。
彼らが現れる前に、何としてでも高速徹甲弾搭載戦車は欲しいところ。
大量にいる3号E型を、更新で即戦力に出来るのも魅力的。

などなど、とっても迷うところですが、残念ながら序盤の紹介はここまで。
これ以降は、あなた自身の手で進んでいって下さい。

おっと、忘れるところでした。
名声値7に達したため、いよいよ「永遠亭師団」へと転属出来るようになります。
が、指揮官の士気・統率値は残念ながら神奈子様に及びません。
部隊LVが上がっており、全体的に強いのは確かに魅力ですが、こちらも良く考えましょう。





※このページの内容は全て、エイプリルフールの冗談です。ざんねん!!