東方RPG(仮称)
最 速 攻 略 本

第8章~夢幻の彼方へ~

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

時空の歪み

  • 敵LV:25
  • 飛行モード
  • 昼間のみ
「河童の大実験」により姿を現した、全てを飲み込む虚無の世界。
内部は重力すら無く、上も下も分からない、時間さえも停止した乳白色の風景が延々と続く。
当然「飛行モード」であり、天空並の自由度を誇る広大なダンジョンだ。
エンカウント率は低いが、オートマッピングが機能しないため探索は困難を極めるだろう。
幸いにも、ギャラックスが算出した位置情報を念写で読みとり、
出口からの高度・X座標距離・Y座標距離を指し示す「GPS機能(正式名略)」があるので、
出口への道のりを紛失することは無いはずだ。
常時デュマピック状態、と言えば分かる方は分かるだろう。

ここでの目的はもちろん、吸い込まれた同胞達の救出であるが……

しばらく探索すれば嫌でも分かってしまうが、残念ながら彼らはもう既に存在しない。
自らが引き起こした時空嵐に飲み込まれ、消滅したのだ。
正確には、圧縮された時空間に取り込まれ、全てと同化してしまった。

この空間そのものが「彼ら」。
ヤタ様とおくうの強引な2身合体などとは違う、真の融合。
もはや二度と分離することの出来ない、完全なる融合。
意識さえも同化し、やがては個の意識も消えて無くなるだろう。

これが、「河童の大実験」の顛末であった。
手に余る力であることを認識もせず、実験の危険性を考えることもなく、
ただ力を手にし、使うことのみを考えた末路がこれである……のか?

いや……
神奈子達は、永琳を呼んでいた。
となると、潜在的な危険性には感づいていたのではないだろうか?
そして永琳は、このような事態のために「ギャラックス」を作っていたはずだ。
では何故、犠牲者が出るまで装置を動かさなかったのか?

幸いにも、取り込まれた者達の意識は未だ健在のようだ。
エリアの各地には、彼女らの意識の末端とでも言うべき存在が浮揚しており、
そこから上記の話や、神奈子&諏訪子の居場所などを聞けるのだ。

上記の話を全て聞き、カナ諏訪の居場所を聞ける段階まで来ればここの探索も終了間近だ。
あとは、聞いた座標まで行けば神奈子&諏訪子の意識体が現れる。
そして……

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

神々の黄昏

そこに浮遊していた「もの」は、まるで太極模様のようであった。
2つの相反する力が反発しながらも混じり合う、混沌の物体。
それこそが神奈子と諏訪子であった。

彼女たちの口からは、驚くべき事実が告げられた。
なんと、博麗神社を結界で閉ざしているのは彼女たちだというのだ!
だが、もちろんそれは彼女たちの意思ではなかった。

「ギャラックス」……
時空間を操るこのマシンは、時空間に取り込まれた彼女たちをも「力」として利用していたのだ!

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

画策

元々、神奈子がおくうとヤタガラスを合体させたのは、河童の技術革新が目的だった。
それを使って何かする、などは全く考えておらず、ただ単に核融合の力をもたらしただけなのだ。
しかし河童の方も、突如現れた新エネルギーを使いこなす術など持ってはおらず、
結局、核融合の力は有効に使われることなく、温泉卵生産に回されていたのである。

そこに現れたのが永琳だった。
彼女は、月の世界の超技術を彼女らに見せ、核融合の力ならばそれを再現できると仄めかした。
特に、空間にゲートを作り一瞬で遠方へと移動する技術は、河童達の目を引いた。
神奈子も、風の速さで移動出来るとはいえ幻想郷からは出られない。
しかし、この技術ならばその枷すらも打ち破ることが出来る……
神奈子が惹かれたのも無理はなかった。

かくして、永琳を中心としたプロジェクトチームが結成され、
「ギャラックス」を用いた大実験が行われることになったのだ。
そう、あの実験は永琳主導だったのである。

だが、あくまで目的は「河童の技術革新」であり、主役は河童でなければならない。
それに、他者からの技術供与と宣言してしまっては成功時のインパクトに欠ける。
検討の結果、実験名は河童主導を思わせる「河童の大実験」となり、
永琳はアドバイザーという役職に落ち着いた。

この案は大成功だった。
センセーショナルな実験名と内容は文々。新聞社の興味を大きく惹いたのだ。
実験の話は、あっという間に「妖怪の山」全域へと広がった。
多数のギャラリーも訪れるだろう。
しかし、全ては永琳の計画通りだったのである。

永琳のそもそもの目的は一つ。
「ギャラックス」を用い、幻想郷を支配することであった。
だが、強大な力を誇る八雲紫の前に、計画は足踏みを続けていた。
そこに、扱い悩む神の力を手にした河童が現れたのだ。

かくして、計画は動き始めた。

そう。
永琳は最初から、実験を成功させるつもりなど無かったのだ。
時空嵐を巻き起こし、神の力を「ギャラックス」に取り込むことこそ真の目的だったのである。
さらに「妖怪の山」を崩壊させれば、自らに歯向かう邪魔者の一団を抹消すると同時に、
自らの力を誇示することも出来るはずだ。
河童程度の技術力ならば、まず間違いなく実験は失敗し、計画の大きな一歩となろう。

思惑通りに事は進み、ついに「ギャラックス」は「神の力」を得た。
計画の最終フェーズで八雲紫と橋姫の妨害が入り、邪魔者の抹消こそ失敗したが問題はない。
元より「妖怪の山」の存在など歯牙にもかからぬ。
橋姫も力など持たぬ存在、無視して良かろう。
それよりも、確実に計画の進捗を推し進めるべきだ。

まずは幻想郷の各地を結界で分断する。
八雲紫の力を借りればすぐだろう。
なに、あやつの弱点なら分かっている。
「西行妖」周辺の時空間を乱し、暴走させればあやつも従うだろう。
しかし、念のため最も危険な場所は、直接「ギャラックス」で封じることにしよう。

その場所こそが「博麗神社」であった。
類い希なる異変解決能力を誇る霊夢は、何としてでも封じ込める必要があったのだ。

結界は完璧なはずだった。
霊夢がその瞬間外にいるなど、理論上ありえない完璧なタイミングだったのだ。
今の今まで、永琳が直接的な行動に出てこないのは、この僅かな計画の綻びがもたらした過信。
つまり 気付いていない のである。

だが、既に「西行妖」の異変は解決され、永遠亭のガード・マシーンズは壊滅し、
「ギャラックス」までも不正に操作されている。
さすがの永琳も気付く頃合いであろう。
もはや一刻の猶予もない。
永琳の野望を阻止するため、何としてでも彼女の元へと急がなくては。

神奈子によると、永琳の居場所はなんと幻想郷中央部。
天上を支えるという山がそびえ立つ聖域である。
しかし、あの山に入り口など無いはずであった。

だが、「ギャラックス」に取り込まれ、力を引き出されている彼女には、
あの山に秘められた秘密を感じ取ることが出来ていたのだ。
実は、あの山の入り口は強力な幻術結界によって隠蔽されているという。
そして、その結界を支える力となっているのが、各地に現れた結界だと言うのだ。
つまり、あの結界には「邪魔者の封印」と「聖域の隠蔽」という、二つの目的があったのである。

ギャラックスによる空間制御下にある「博麗神社」「西行妖」「永遠亭」……
八雲紫の結界に閉ざされた「紅魔館」「地霊殿」「妖怪の山」……
これら3箇所を結ぶと、それぞれ三角と逆三角の結界方陣となる。
さらにそれらを重ね合わせることにより、聖地を完璧に取り囲む六芒星魔法陣が完成する。
これこそが、聖域を護る真の結界だったのである。

しかし、既に5箇所の封印は解かれた。
ならば、最後の1箇所「博麗神社」を解放すれば聖地の封印は解けるに違いない。
神社の結界は、「ギャラックス」が「神の力」を用いて維持している。
ならば「ギャラックス」をもう一度操作するか、もしくは破壊すれば……

だが、それではダメなようだ。
「神の力」を制御する機構はプロテクトがかかっており、永琳にしか扱えないのだという。
また「ギャラックス」を破壊すれば、食い止められていた時空嵐が暴走するばかりか、
留められていた「神の力」までも溢れ出し、幻想郷は消滅してしまうだろう。
封印を解除するためには、「神の力」そのものを何とかしなければならないのだ。

自らの意思に反し力を使われている「神の力」……
彼女らを解放する方法は……

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

解放

神奈子によれば、「神の力」の目的は二つ。
「時空間結界の展開」と「時空嵐エネルギーの制御」である。
そして、後者はあくまでエネルギーを制御する為であり、
「神の力」が無くなっても暴走の心配は無いという。
つまり、永琳の切り札である紫をも上回る空間掌握術は、「神の力」無くしては成り立たないのだ。
即ち、彼女らを解放することはそのまま、永琳の支配を弱体化させることに繋がる。

しかし、解放する方法は……

……

無かった。
空間そのものである彼女たちを、空間から切り離すことはもはや不可能だった。

いや……方法は……ある。
力そのものを……

消滅させるのだ。
彼女らを取り込んだこの意識体を破壊し、彼女たちの力を意識もろとも霧散させる。
狂った時空に固着された彼女らを解放する方法は、それしかない……

文が慟哭の声を上げ、恐らく最初からこの事態を予見していたパルスィも表情を曇らせる。
彼女は、実は気付いていたのだ。
地底を吹きすさぶ一陣の風……
神奈子がおくうに会いに行く、あの瞬間に。

もちろん、止めることも出来た。
だが、好奇心の塊たるあの風神を止めてしまえば、今度は彼女がターゲットとなる。
そうなれば、心の奥底に封じた「あの出来事」を掘り返されてしまうかもしれない……
彼女が護る「橋」の秘密を知られてしまうかもしれない……

封じられた恐怖に怯えた彼女は、結局神奈子を見逃してしまった。
もちろん、神奈子の行為は何の厄災ももたらさなかった。
永琳の計画さえ無ければ、今日だって、いつものように温泉卵を楽しめたであろう。
彼女が見逃したことは、決して間違ってはいない。
だが……

後悔に打ちひしがれる彼女らにハッパをかけたのは、他ならぬ神奈子であった。
ここで「神の力」を打ち砕かなければ、永琳の支配は完全なものとなってしまう。
霊夢の束縛失敗というせっかくの奇跡も、今までの行動も全てが無駄になってしまう。
何より……

神奈子も諏訪子も、こんな所で永久に囚われるなんぞまっぴら御免なのである。
彼女たちは神。
例え意識が霧散しようとも、魂さえ無事ならばいつか必ず復活出来る。
幻想郷さえ無事ならば、いつか必ず戻って来られる。
残された早苗の為にも、いつまでもこんな所にいるわけにはいかない。
だから……

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

ボス戦

乾坤一擲(神奈子)

LV:44 特性:山 時間適性:昼S/夜B
HP:26326 種別:神/ボス 地形適性:陸A/空A
SP:131 性質:妖 経験値:10319
SC:無限 戦利品:オンバシラ/オンバシラ 所持金:812
腕力:20+3 近接命中:100 近接回避:0
魔力:15 遠隔命中:108 遠隔回避:0
知力:15 武器:オンバシラ
精神:16
速さ:16-3 耐性:魔力反射/風反射/電撃反射/神経無効/時空反射/破魔反射
弱点:呪殺150%
体力:23
運:20 ランク:2 防御力:18
装備アイテム:なし
武器知識:10 魔法知識:2 系統:その他
※武器適性は全てS
※特徴:神
 状態異常無効/SC無限/2回行動
 回復量1/5(実質回復量4倍)
※5244ダメージ以上でモードチェンジ
※25%の確率で、相方が行動をブロックする

総評

「歪み」に取り込まれ一体化した、神奈子と諏訪子のなれの果て。
こちらは、神奈子の名残を色濃く残した「表」の顔である。
超大型ボスをも上回る最強の敵「神」であり、LVやHPは凄まじく、
極めて高い腕力から繰り出されるオンバシラの一撃は脅威的だ。
反面、魔力は低いためスペルカードは気にするほどではない。
また、実際には5244ダメージで次のフェーズに移行できるので、見た目ほど絶望的ではないだろう。
魔法防御が低いので、術で攻めるとよい。
ただし、耐性が恐ろしく強力なので反射に注意。
マスタースパークなどは絶対に選択してはならない。
モードチェンジすると相手のHPは完全回復するので、オーバーキルする必要性は無いぞ。

なお、力こそ「ギャラックス」に操られているが、意識は二人とも健在である。
そのため、25%の確率で相方が行動をブロックしてくれることも。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

必殺技

棍棒

技LV 名称 対象 消費SP 依存値 停滞
LV1 振り回す 単体 SP:5 ×
命中率+10%
LV2 強打 単体 SP:10 ×
攻撃力125%/追加効果:めまい(成功率70%)
LV3 スーパー大回転 全体 SP:40 ×
攻撃力100%

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

習得スペルカード

大別 名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
神の力「天」 神の力「天」 攻撃 全体 SP:60 魔力 ×
風属性/攻撃力32/命中80/物理魔法

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

乾坤一擲(諏訪子)

LV:44 特性:林 時間適性:昼A/夜A
HP:15505 種別:神/ボス 地形適性:陸S/空B
SP:153 性質:妖 経験値:10319
SC:無限 戦利品:オンバシラ/オンバシラ 所持金:812
腕力:15+3 近接命中:165 近接回避:0
魔力:18+1 遠隔命中:141 遠隔回避:0
知力:15 武器:オンバシラ
精神:20
速さ:24-3 耐性:水無効/神経無効/時空反射/破魔無効/呪殺反射
弱点:氷結150%/電撃125%
体力:13
運:20 ランク:2 防御力:16
装備アイテム:なし
武器知識:2 魔法知識:10 系統:その他
※特徴:神
 状態異常無効/SC無限/2回行動
 回復量1/5(実質回復量4倍)
※3089ダメージ以上でモードチェンジ
※25%の確率で、相方が行動をブロックする

総評

神奈子に代わって現れたもう一つの顔。
諏訪子の面影を強く感じさせる。
能力値と耐性が大きく変わり、弱点が増えたものの呪殺反射になった。
特性も変化し命中率は激増。
腕力が下がったものの精神力が上がったため、今度はスペルカードが脅威となろう。

体力は大幅に下がっているので、モードチェンジへの必要ダメージは3089と少なめ。
精神力は上がったが物理防御が下がったので、物理攻撃で速攻を仕掛けよう。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

必殺技

棍棒

技LV 名称 対象 消費SP 依存値 停滞
LV1 振り回す 単体 SP:5 ×
命中率+10%
LV2 強打 単体 SP:10 ×
攻撃力125%/追加効果:めまい(成功率70%)

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

習得スペルカード

大別 名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
神の力「地」 神の力「地」 攻撃 全体 SP:84 精神 ×
呪殺属性/攻撃力40/命中80

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

乾坤一擲(混沌)

LV:44 特性:火 時間適性:昼A/夜A
HP:4112 種別:神/ボス 地形適性:陸A/空A
SP:165 性質:妖 経験値:10319
SC:無限 戦利品:オンバシラ/オンバシラ 所持金:812
腕力:18+3 近接命中:90 近接回避:0
魔力:19 遠隔命中:98 遠隔回避:0
知力:15 武器:なし
精神:20
速さ:21-8 耐性:なし
体力:18
運:10 ランク:1 防御力:25
装備アイテム:なし
武器知識:0 魔法知識:0 系統:その他
※特徴:神
 状態異常無効/SC無限/2回行動
 回復量1/5(実質回復量4倍)

総評

二柱の力を失い暴走した「神の力」の残滓。
合成された乾坤一擲のエネルギーは空間をも引き裂く。
神奈子と諏訪子は力を使い果たしてしまったので、もはや行動ブロックも発動しない。
歪んだ時空は、あらゆる攻撃を食い止める壁となり立ちはだかるだろう。
しかし、この存在を消し去らねば、幻想郷にも、そして神奈子達にも未来はないのだ。
持てる力の全てを投入し、神々を縛る戒めを打ち砕け。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

習得術

名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
天地開闢 攻撃 全体 SP:21 魔力+体力 ×
時空属性/攻撃力10/回避不可能/ブレス系

精神的にも、難易度的にも辛い戦いである。
だが、ここで「神の力」を破壊せねば神奈子達を救えないばかりか、幻想郷すらも救えない。
まだ「救い」があるだけマシというものだ。
某ギガテンの「初台ファームの悲劇」に比べれば何ということはない。
というかあのゲーム、序盤の救いの無さは異常じゃないか。
主人公なのに、住人を誰一人助けられずシェルターごと見捨てるしかないとか酷いのぜ。
でも「屍鬼:死んだ女」って結構可愛いよね。
オクトパイク持たせると強いし、愛用してたよ。
まぁ本命はプシュケお嬢様ですけどね。
メガテン系列では最高クラスの可愛さじゃないか。
当然都庁から都庁まで主力だぜ!

……さて、大幅に脱線したようだ。
話を戻そう。

このボスの特徴は、なんといっても3段階変形だ。
ファイター・ガウォーク・バトロイド 神奈子・諏訪子・乾坤一擲である。
それぞれ能力や戦法が異なるため、PTメンバーも吟味する必要がある。
それぞれの形態について、簡単に検討してみよう。

まずは最初の神奈子だ。
腕力が強烈に高く、全体攻撃必殺技を持つので非常に危険である。
命中率は高くないので、ここは回避に期待出来るか。
弱っちいスペルカードもあるし、諏訪子が行動を食い止めてくれる可能性もある。
魔法防御が低いので、魔法で攻めたいところだ。

続いて諏訪子。
腕力は下がるが、高い精神力による強烈なスペルカードが問題だ。
しかし、このカードの属性は呪殺。
つまり、「護符」で完封出来るのだ。
「西行妖」のようにローテーションを持たないため、いつ飛んでくるか分からないのが難点だが、
棍棒攻撃は1段階目ほど痛くないし、耐久力が下がっているので速攻も狙える。
もちろん、神奈子による行動ブロックにも期待できるぞ。
こちらは魔法防御が大幅に上がるため、物理攻撃で攻めたい。

ラストは混沌形態。
もはや神々の力は消え失せたが、暴走したエネルギーが空間を切り裂いて襲いかかる。
時空魔法は弱点とする味方こそいないものの、 回避不能 という恐るべき術なのだ。
またブレス系なので、完封するのも難しい。
ただし、体力か精神力どちらかが高ければ軽減出来るので、魔法が苦手でも耐えられる可能性はある。
この形態は異常な防御力を誇るが、魔法は辛うじて通用する。

まとめると、1段階目は近接回避重視で魔法メインに、2段階目はアイテムで切り抜け物理攻撃で速攻、
3段階目は時空攻撃連打に耐えつつ魔法攻撃、となる。
また、2段階目は高い命中率で棍棒攻撃を繰り出してくるので、出来れば耐久性も欲しい。
非常に贅沢かつピンポイントな条件だが、実は理想的な人物がいる。
萃香様だ。
最強クラスの威力を持ち、依存値が「魔力+体力」なので防御貫通力が高い魔法に、
高い近接回避率と耐久性、そして時空耐性を持つ彼女はまさに適任。
あとは、時空無効でやっぱり鉄板のパルちゃんもオススメだ。 おっぱいは鉄板じゃないゾ
変化球では、時空反射の咲夜さんと小町も面白い。
最終形態は時空攻撃オンリー、しかも時空耐性無しなので、反射だけで倒せるのである。
近接回避率も高いので、第1形態も恐らく突破出来るだろう。

見事倒すことが出来れば、神奈子達の魂は解放され、博麗神社・大結界への道が開かれる……

なお、神奈子達と共に「歪み」へと引きずり込まれた河童達も、この戦いによって救われる。
河童達も当然、神奈子と同じ意識体に融合していたのだ。
分離に成功し飛散した魂は、いつしか再び幻想郷へと戻ってくるだろう。
もちろん、今すぐに、とは行かない。
だが、幻想郷さえ残っていれば必ず帰ってこられるのだ。

幻想郷さえ、残っていれば……きっと……

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

早苗への報告

魂だけを残し消失した神奈子と諏訪子。
この事実を早苗に伝えるべきか否か。
文と萃香は迷っていた。

早苗は、神々が戻ってくると信じている。
そして、魂が霧散したとはいえ神々は戻ってこられるはずだ。
ならば、真実を伝え、その「時」を待ってもらうのもいいだろう

しかし……

「ちょっと待って。
 確かにあの神々は戻ると約束したわ。
 でも、魂が再び同じ地に戻るのは容易ではない……
 もしかしたら、永遠に失われてしまうかもしれない……

 それなのに、希望だけを与えるようなことを言うのは止めるべきよ。
 もし、万が一、希望が絶望へと変わってしまったら……
 貴女の知っている『真実』が虚構であったなら……
 いえ、あの子が貴女の発言を『嘘』と判断してしまったら……
 貴女は、あの子に嘘をついてしまったことになる。

 真面目であればあるほど、信じていればいるほど、この時の悲しみは大きいわ。
 たとえ誤解であろうとも、それは変わらない。
 そして、大きすぎる悲しみは、やがて人を壊してしまう……

 普通の人は、壊れてしまえばそこでおしまい。
 でも、強い『心の力』を持っていてはそうはいかない。
 強すぎる悲しみが『心の力』を増幅してしまえば、その人はもう、『人』ではなくなる」

忠告したのはパルスィだ。
彼女の口振りは、まるでその状況を追体験しているかのようであった。

まさか……
彼女は、かつて同じような状況に置かれたのではないだろうか。
そして……

「『鬼』と化した『人』のもたらす悲劇……
 悲しみがもたらす激情は、全てを壊してしまうまで、いえ、全てが壊れてしまうまで止まらない。
 全てを押し流す激情が収まったとき、その人はまだ、『人』でいられるかしら……
 自らの犯した罪の重さに、その人は耐えられるかしら……

 …………

 あの子が、『鬼』と化してしまうか、壊れて終わってしまうかまでは、私には分からない。
 そもそも、そんな心配はいらないのかもしれない。
 でも、言葉の持つ力は思った以上に大きく、そして儚い。
 もし言葉をかけるのなら、今の話を忘れないでね」

それだけ言うと、彼女は去っていってしまった。
だが、文と萃香には分かってしまった。
彼女はかつて、同じような状況に置かれ、そして壊れてしまったのだ。
それが、心ない嘘だったのか、親切心が仇になったのかは分からない。
しかし、追い込まれた彼女にとって、それはどちらも同じであったろう。
今でこそ普通に振る舞っているが、この話こそ、かつて「鬼」と呼ばれた彼女のことに違いない。
そして彼女は、自らの罪の重さに耐えきり、辛うじて再び「人」として戻ってくることが出来たのだ。
人一倍の優しさと、何者にも負けない強い精神力があればこそ、だったのであろう。

早苗にまで同じ苦しみを味わわせるわけにはいかない。
今はまだ、伝えるべきではない。
二人の結論は一致していた。

もしかしたら、彼女もまた、「河童の大実験」がもたらす危険を察知していたのかもしれない。
彼女が文達を止めたのは、特ダネを奪う為などではない。
強大な「力」がもたらすかもしれない最悪の事態から、皆を護る為だったのだ。
残念ながら、彼女の危惧は当たってしまった。
そして、彼女は憎まれることを承知で、全力で文達を止めてくれたのだ。
だが、文はそのことに気付くことが出来なかった。
彼女を疑うことが正しいと信じ込んでしまっていたのだ……

萃香もまた、今までの彼女の行いが「力」の恐ろしさを知るが故であることに気付いていた。
彼女をいくら貶しても何もしてこなかったのは、彼女が弱かったからなどではない。
心の奥底に秘められた、強すぎる「力」が万が一にでも発現しないように、我慢してくれていたのだ。
だが、そんな事を知らない萃香は、幾度となく彼女を貶してきてしまった……
彼女の心の奥底にある、深く悲しい傷痕を……

このイベントのあと、萃香と文からパルスィへ、今までの暴言や放言に対する謝罪がなされる。
彼女の心に刻まれた傷に気付くことすらせず、ただ伝えられた伝承や思いこみだけを鵜呑みにし、
心ない言葉を散々投げかけてしまったのだから。

だが、それらは全て無知ゆえの罪悪であった。
今ではもう、二人は彼女のことを知っている。
二度と、このような過ちを犯すことは無いであろう。
そのことが分かっているから、彼女は何も言わなかった。
ただ、笑顔を見せただけだった。

これからは、二人は彼女の最大の味方として、いつでも助けになってくれることだろう。
もう、二度と、彼女が傷つかぬように……

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

博麗神社ふたたび

ついに、神社へと帰るときが来た。
だが、「神の力」を失ったにも関わらず、結界は未だ健在であった。
ここの結界は他とは違い、撃破することも出来ない。
しかし、「神の力」を失った結界には亀裂が入っており、そこから結界内部へと入れるのだ。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

結界の大迷宮

  • 敵LV:27
  • 飛行モード
  • 昼間のみ
博麗神社に張られた結界の内部。
「歪み」と同じような世界であり、やはり空中を自由自在に移動できる。
ただしこちらは各所が仕切られており、正しいルートを見つけだす必要がある。
実質、多層構造の普通のダンジョンであり、オートマッピングも機能するので安心してよい。
だが、階段などは明示されておらず、各所のシャフトを自力で上昇・下降する必要があるため、
注意深く探索しないと進む道を見失ってしまう恐れはある。
敵LVこそ高いが、エンカウント率は低くボスもいないので、さほど危険ではないだろう。
内部からでも結界を消滅させることは出来ないので、まずはこの迷宮を抜けることを考えよう。
最奥部まで到達すると、ようやく結界の内側、博麗神社内部へと到達できる。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

神社の奥で

結界を抜けると、神社の内部へと入れる。
とはいえ、まずいお茶くらいしか無い神社に用は無い。
実は、電撃属性の強力な長刀が置いてあるので探索はすべきだが、目的とは言えない。
目的地は、神社の裏庭を臨む縁側である。

そこには、紫がいた。
彼女はまるで、こちらが来ることが分かっていたかのように、振り向きもしなかった。
霊夢も、まるでいつもの日常と同じように、彼女の横に腰を下ろし、お茶を飲み始めた。
視線を合わせることも無く、会話さえもなく。
しかし、言わずとも分かることはあった。

「神の力」を失った結界を維持していたのは、やはり紫だったのである。
しかし、何故?
「西行妖」というカードを失った永琳には、もはや紫を操ることは出来ないはず。

問いかける霊夢。
答えは……

「貴女は、この私が脅されているとでも思って?

 私は、自らの意思でここにいる。
 もちろん、永琳の尖兵などになるつもりは無い。
 でも、愚かなる者の手に『力』が渡るよりは、今のまま安定させていたほうが良い。
 少なくとも、貴女達よりは永琳のほうが、『力』の使い方は心得ている。

 だから、私は封印を護る。
 永琳を倒そうとし、秩序を乱す存在である貴女達から幻想郷を護るために。
 分かったかしら?」

なんということだ。
幻想郷の支配を目論む永琳を肯定し、それを止めようとする我々を否定するというのか。

「貴女達も『ギャラックス』の力は見たでしょう。
 あれは、知恵のある者にしか扱えない代物。
 今回は、永琳が使いこなせたからこそ、被害があれだけで済んだの。
 あれを最初に手にしたのが河童達だったら、今頃どうなっていたかしら?

 『力』を持つ者は、それに相応しい『知恵』を持たなければならない。
 『知恵』を持たない貴女達に、あの装置を渡すわけにはいかないのよ」

だが、我々も引き下がるわけにはいかない。
我々の目的は「ギャラックス」を手にすることではない。
永琳を止め、「ギャラックス」の支配から幻想郷を解放することにあるのだ。

永琳は「ギャラックス」を軽々しく扱い、自らの野心のために犠牲者を出した。
そんな人物が、本当に「知恵」のある人物だというのか。
その恐ろしさを実際に知ったうえで、愚かな野心家の手から取り戻すということは、
本当に「知恵」の無い行為なのか。

何より、こちらにはパルスィがいる。
かつて激情に流されてしまった彼女ならば、誰よりも「力」の恐ろしさを理解しているはず。
そして、その彼女に心動かされた者達も、こちらにはたくさんいる。
一人ひとりの「知恵」は大きくないかもしれないけれど、それでも……

「なるほど、ね。
 人の『知恵』は、たった一人の賢者からもたらされるわけではない。
 皆の力を合わせ、時には迷い、苦しみながらも『答え』を探っていく。
 貴女達がここに来たのは、その結果というわけね。

 いいわ、『知恵』のテストは合格。
 貴女達ならば、少なくとも間違った方向に『力』を振るうことも無いでしょう。

 でも、『力』を持たぬ『知恵』など無力。
 貴女達に、『知恵』に相応しき『力』があるかどうか。
 この私、八雲紫自らが見定めてあげましょう。
 準備が出来たら、私に言いなさい」

彼女はようやく、こちらの「知恵」を認めてくれた。
だが、それに相応しい「力」も見せねばならないようだ。
戦いの予感に、装備を調え、出来る限りの回復も行ったらいざ勝負!

と行きたいところだが……

「準備は出来たようね。
 でも、ここへ来るまでに貴女達はきっと消耗しているはず。
 それでは『力』の全てを出し切ることは出来ない。

 さぁ、回復してあげましょう……

 これで条件は互角。
 私も全力を出すわ。
 貴女達も全力でかかっていらっしゃい!」

なんと、まさかの ルビカンテトラップ である。
回復は不要なので、間違ってもレア回復薬などを使ってしまわないよう気を付けよう。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

賢者の証

「力」を示すべく、幻想郷の賢者に戦いを挑む。
相手は一人だが、今回は全員で挑むことが可能だ。
皆が力を合わせられることこそ、我々の「知恵」であり「力」なのだ。
当然、紫が見たがっているのもその「力」のはずである。

手加減など不要。
全員の総力を以て戦ってあげよう。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

ボス戦

八雲 紫

LV:36 特性:風林火山 時間適性:昼B/夜S
HP:2605 種別:中型/ボス 地形適性:陸B/空S
SP:195 性質:妖 経験値:6641
SC:25 戦利品:ユカリコンプレラ/ユカリコンプレラ 所持金:490
腕力:15 近接命中:115 近接回避:115
魔力:20+1 遠隔命中:175 遠隔回避:175
知力:25 武器:ユカリコンプレラ(傘)/扇子(扇子)
精神:24
速さ:10 耐性:射撃回避/魔力50%/電撃75%/風75%
. . .時空無効/精神無効/呪殺無効/破魔無効
体力:21
運:15 ランク:3 防御力:16
装備アイテム:万能薬5/スペルカード1
武器知識:8 魔法知識:12 系統:一般
※武器適性はS
※特徴:森羅結界

総評

驚異の知力を持つ幻想郷の賢者。
かつて共に戦った無敵の結界少女が、今まさに鉄壁となって立ちはだかる。
体力があるうえに精神力が極めて高く、耐性も優秀、なにより弱点が存在しない。
足が異常に遅いため、風林火山モードでさえも近接能力は ババァそのもの 最低クラスだが、
恐るべき遠隔攻撃能力から繰り出される精神攻撃や時空攻撃が、欠点を感じさせない。
「生体ギャラックス」とでも呼ぶべき空間掌握術は、ただひたすらに脅威だ。
広範囲即死効果などもあるので、対策を怠れば一瞬で次元の狭間に送られてしまうだろう。
だが、近接回避率の低さを突いた直接攻撃ならば互角以上に戦えるはずだ。
負けてしまっても何度でも再挑戦出来るので、果敢に戦おう。

それから重要なことをひとつ。
彼女を少女と思わない者は、妖々夢Phantasmを100回プレイせよ。
そして、有名私立女学園のお嬢様をも思わせる彼女の雰囲気を全身で味わうのだ。
ちょっぴりお洒落をしたい年頃を感じさせる口元や、美しき紫色の瞳を穴の空くほどに見つめ、
妙齢の少女のみが持つ魅力を余すことなく感じ取れ。
これは天命である。
倒した後あらわになる胸の無さも要チェキだぞ!
なお、制作者のプレイ記録は276プレイ21戦7勝である。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

習得術

名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
結界 結界 自分のみ SP:5 精神 ×
有効ST「結界」
杞憂 攻撃 単体 SP:4 魔力
打撃属性/攻撃力10/命中40/物理魔法
虚空の扉 結界破壊 単体 SP:5 ×
100%の確率で「結界系」の効果を消去
魔界の光 攻撃 全体 SP:6 魔力 ×
魔力属性/攻撃力5/命中80
反魂蝶 吸収 単体 SP:7 魔力+精神 ×
精神属性/攻撃力8/命中60/体力吸収系/追加効果:虚弱(成功率70%)
空間歪曲 攻撃 単体 SP:9 魔力 ×
時空属性/攻撃力12/回避不能/ブレス系
鎮魂歌 攻撃 全体 SP:15 精神 ×
破魔属性/攻撃力8/命中80
虚空の門 結界破壊 全体 SP:15 ×
100%の確率で「結界系」の効果を消去
蘇生 蘇生 単体 SP:20 ×
50%の確率で「戦闘不能」を治療/復活時のHPは25%
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

習得スペルカード

大別 名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
森羅結界 森羅結界 結界 自分のみ SP:10 精神 ×
有効ST「森羅結界」
守護方陣 結界 単体 SP:20 精神 ×
有効ST「森羅結界」
大結界 結界 全体 SP:30 精神 ×
有効ST「結界」
夢と現の呪 夢と現の呪
LV1
攻撃 単体 SP:7 魔力+精神 ×
精神属性/攻撃力10/命中80/追加効果:睡眠(成功率50%)
夢と現の呪
LV2
攻撃 単体 SP:11 魔力+精神 ×
精神属性/攻撃力15/命中80/追加効果:睡眠(成功率70%)
夢と現の呪
LV3
攻撃 単体 SP:15 魔力+精神 ×
精神属性/攻撃力20/命中80/追加効果:睡眠(成功率90%)
光と闇の網目 光と闇の網目
LV1
攻撃 全体 SP:30 魔力 ×
魔力属性/攻撃力16/命中80
光と闇の網目
LV2
攻撃 全体 SP:45 魔力 ×
魔力属性/攻撃力24/命中80
光と闇の網目
LV3
攻撃 全体 SP:60 魔力 ×
魔力属性/攻撃力32/命中80
静と動の均衡 静と動の均衡
LV1
攻撃 全体 SP:12 魔力
射撃属性/攻撃力10/命中80/物理魔法
静と動の均衡
LV2
攻撃 全体 SP:18 魔力
射撃属性/攻撃力15/命中80/物理魔法
静と動の均衡
LV3
攻撃 全体 SP:24 魔力
射撃属性/攻撃力20/命中80/物理魔法
神隠し 八雲紫の神隠し 攻撃 単体 SP:21 魔力 ×
時空属性/攻撃力24/回避不能/ブレス系
追加効果:即死(成功率50%)
生と死の境界 攻撃 一列 SP:52 魔力 ×
時空属性/攻撃力30/回避不能/ブレス系
追加効果:即死(成功率70%)
妖蝶 禅寺に住む妖蝶 攻撃 全体 SP:42 魔力+精神 ×
破魔属性/攻撃力20/命中80
夜光蝶 吸収 全体 SP:36 魔力+精神 ×
精神属性/攻撃力15/命中80/体力吸収系
追加効果:虚弱(成功率70%)
幻想の境界 幻想の境界 防御 自分のみ SP:10 ×
使用したターンの間、完全無敵
※時空攻撃は防げない

さすがに強敵である。
特に魔法能力は脅威的で、射撃・魔力・時空・精神・破魔と多数の属性攻撃を使いこなす。
物理魔法と時空魔法のおかげで魔法防御一辺倒ともいかない。
防御力にも優れており、無敵の森羅結界などは非常に厄介だ。

だが相手は1回攻撃だ。
風林火山モードにしては物理回避率も低い。
強力な時空魔法と精神攻撃にさえ対抗できれば、勝機はある。
体力は高いものの神経・無属性ST異常攻撃も有効だ。
パルちゃんや萃香などで「大江山颪」や「強打」などのスタン攻撃を連打すれば、
足の遅いゆかりんの行動を完封することだって出来るぞ。

見事彼女を打ち倒すと……






※このページの内容は全て、エイプリルフールの冗談です。ざんねん!!