gfortranでDLL作成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

gfortranでDLL作成

gfortran --shared -o hoge.dll hoge.f90
でDLL作成

ちなみにDLLやEXEのチェックに
Dependency Viewer
http://homepage3.nifty.com/super-dacho/
というツールある

subroutine plus(a,b,c)
double precision,intent(in) :: a,b
double precision,intent(out) :: c
c=a+b
end subroutine plus

Rでplus.dllを使用したい場合
注意点:subroutineであること
引数の型は強制的に変換する事
dyn.load("plus.dll")
plus <- function(a,b){
.Fortran("plus",
arg1=as.double(a),
arg2=as.double(b),
arg3=double(1)
)
}
引数が行列の時は
arg1=matrix(as.integer(a),nrow=2,ncol=2)
戻り値が行列の時は、
arg3=matrix(double(4),nrow=2,ncol=2)
とでもする
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。