ローカルルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローカル戦において度々用いられる非公式追加ルールを記述します。
また、ローカル戦のみでなく公式戦においても認められることのあるルールには(公式)と記述しておきます。


量産型ヨネスダメージ軽減ルール(全ver共通/公式)

ダメージ計算時にLV1量産型ヨネスを捨てることで、捨てた量産型ヨネスの枚数だけダメージを軽減することができるというルールです。
このルールによりゲームに意外性が生まれ、面白さが増すと考えられています。


拡張テンソードルール(全ver共通/公式)

ヨネスによってプレイヤーが直接攻撃された時に、テンソードをプレイヤーに使用しプレイヤー自身の守備力を上げることができるというルールです。
このルールは「プレイヤーもまたヨネスである」という思想に基づいて考案されました。
例えばファーストヨネス(攻1)がプレイヤー(守0と考える)に攻撃した場合、プレイヤー自身にテンソードを使うことで守備力が2となり、結果としてファーストヨネスが破壊されることになります。


個別山札制ヨネス(全ver共通)

全てのプレイヤーが個別の山札を用いるという特殊な遊び方です。
このルールで遊ぶ際には、人数分のセットのヨネスが必須となります。
また、異なるver間の山札で対戦する「個別山札制カオス」という遊び方もあります。


カルシンChainableルール(ver1.1〜ver2.0)

カルシンを連鎖可能フォースとして発動できるというルールです。


守護神0リリスルール(ver1.0〜ver1.1)

守護神サンミシーンのカードをリリス0で発動できるというルールです。
ver2.0では元からリリス0で発動できるため、このローカルルールは存在しません。
上記の量産型ヨネスダメージ軽減ルールと同様に意外性を生むルールですが、一方で強力すぎるのではないか?という意見も存在します。


他プレイヤーにナガティスルール(ver2.0)

創造神ナガティスを他プレイヤーのヨネスに使うというルールです。


負けたらモリリンルール(全ver共通)

負けるとモリリンになります。