※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関西鉄道とは

   明治21年(1888年)3月1日に三重県四日市市に設立された鉄道会社で軌間1067mmで建設されました。

   当初は明治7年(1874年)に神戸~大阪間で開通した官営鉄道が明治9年(1876年)に京都まで延伸し、明治13年(1880年)さらに大津まで延長され、明治22年(1889年)には米原まで開業するに当たり、昔からの街道である東海道沿いの地域を官設東海道線と連絡させる目的で開業しました。

   ただ、この時から大阪進出の意図はあったと言われていました。

   明治22年(1889年)12月に草津駅~三雲駅間が開通し、翌23年(1890年)2月に柘植駅まで延伸開業しました (現在のJR草津線) 。 同年12月には四日市駅まで延伸開業 (現在のJR関西線) 。 明治24年(1891年)8月亀山駅~一身田間駅開通、同年11月津駅まで延伸開業しました (現在の紀勢線の一部)

   明治27年(1894年)7月四日市駅~桑名仮停車場間延伸開業、明治28年(1895年)5月桑名仮停車場~桑名駅間延伸開業、及び名古屋駅~前ヶ須駅 (現在の弥富駅附近) 間が開業しました。 同年、11月桑名駅~前ヶ須駅が開業、これにより草津駅~名古屋駅間が全線開通しました。

   関西鉄道は設立当初から大阪進出の意図があったとされ、明治30年(1897年)1月柘植から西に向かって延伸を始め、柘植駅~上野 (現在の伊賀上野駅) 駅間が開業しました、さらに、大阪進出を決定付けるかのように同年2月浪速鉄道 (片町駅~四条畷駅間) を合併しました。

   同年11月には上野駅~加茂駅間が開業、明治31年(1898年)4月西から四条畷駅~長尾駅間が開業、加茂駅からは(奈良)大仏駅間が開業し大仏線が開業、同年6月には長尾駅~新木津駅間が開業、9月には奈良鉄道の木津駅と新木津駅を結ぶ連絡線が開通し奈良駅まで乗り入れができるようになった。

   明治31年(1898年)11月加茂駅~新木津駅間が開通、放出駅~網島 (現在の片町駅と桜ノ宮駅の中間点付近) 駅間開業、これにより名古屋~大阪(網島)間が全通し、この区間で急行列車の運転が開始されました。

   明治32年(1899年)5月大仏駅~奈良駅間が開業、奈良駅に直接乗り入れできるようになり、翌明治33年(1900年)6月大阪鉄道 (湊町駅~奈良駅間、王寺駅~桜井駅間、天王寺駅~大阪駅間) を譲受。


今も残る開通時の遺構
草津駅~三雲駅間                                            三雲駅~貴生川駅間

貴生川駅~柘植駅間                                       加茂駅~奈良駅間

加茂駅~大河原駅間                                       大河原駅~上野駅間

上野駅~柘植駅間                                            柘植駅~加太駅間

加太駅~亀山駅間                                            亀山駅~津駅間

亀山駅~河曲駅間                                            河曲駅~四日市駅間

四日市駅~桑名駅間                                       桑名駅~弥富駅間

弥富駅~蟹江駅間                                            蟹江駅~名古屋駅間