ラインハルト・ハイドリヒ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                             
     ` ` 、 ヽ::::::..\:.   .ヽ:::::::::;;;;;;:::::`:::::、::::::::::‐-.........._ヾ. ::〉_ ,:'                  lll.lllllll
、       \、ヽ、 ._:::::.. :::..ヽ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;`ー ,......... ̄`,>‐ .ノ,.-―- 、            lll!.lllllll
``ー=、       `ヽヽ\:::::..ヽ::::..、,,,ヽ、-― /  ,. -‐  ,. ,-,.' ヽ.    }!             llll lllllll!
    `ー- 、_    丶.\ `、 ::::::::;;;;;;;;>ー/;;;;;:ィ'"/ / ,;; ',     |!               lll! llllllll
        `ヽ.、   \ 、.._ヽ ';;,,\ 、:;;;;;/;;;:/;メァ 、イ /;; /!ト、    i!               lll! lllllllll
          ` \  ` 、_ヾ.. :::::::::::/.ィ,';;;;; /  / ./ノ;ノ;l;!{    ,゙              lll! .lllllllll
.              ` .、_ _-ニ-__;;;;/; ;;;;;; ,' // />;;; ll    /           lll! .llllllllll
          r¬-,.、._._._   /二二二'ニi;;;;; // ` ー- /;;;; /;!   /                lll! .llllllllll!
        ,ィ7/7- 、ヽヽヽ-、/二二二二l;/l7 、    /;;;;;/l. l| /                 lll lllllllllll!
         l//\///////>-ヾ、二二/'!:::' l' /= 、_/>:::. ! }!                  lll,.'l l /!
          /////\'//////////\=/ニ/.!:: | /二ニ/./ 〉:: | リ                   !/ l/ /!
.        ///////,\///////////\" イ;:: !'l./l二/∧,'::::: レ′             l-/./ー-!_
       //////////ヽ/////////////,|.!l  !、ヽl=// ヽ:::: !                  l.//! ! >'" !
     //////////////////////////l !', l//!',ヽ∧  ヽ..!_                   !'/r''" _ l/!
.   ////////////////////////////!.!.', 、'/ヽ/V,\ ヽ.ト7ァ,._           l/「 ̄ ,l !‐ヘ
   //////////////////////////////,!l. ヽ ヽ,ヘ. ∨/へ、.\,ヘ,ヘ,         「 l;! ̄! /ヽ_ノ
. //////////////// //////////////,l   ヽ:゙、 〉  V///,lヽ_\/ヽ'         |;;;; ,:'" /
/////////////////////////////////,l   i. !〉;;;,  V//,{//ヽムヽ,'l            ) ;;;;;r´
///////////////'//////////////////,〉   |∧;;;;;,_,l//l∨//ヽ.__ヽ       /ムマ
//////////////////////////////////:ヽ .!__゙;;;;;;;, ̄l'/,!:∨//∧_ヽ.     <.'/ _l∠!_
'/////////////////////////////////:::::::、 .! ̄',;;;;;;,. '!'/!:: V.//__ヽ_」.ヽ    ´/ -ー-`、
'///////////////////////////////. :::::.l l, !  ';;;;;;;,.l/∧:. ',/!ー-ヽ ,..,ヽ     〈:::/⌒ヽ;::ノ
'/////// i/////////////////////ィ .: : / .! ,l   ゙;;;;;;;l'/∧ l/!   /!i、’ ヽ    /-―- 〉
/////  l///////////////////// .::: ./,! l. ',!   ゙;;;;;;;V/ヽ:.V!__ヽ|ヽ 'l゙l i    7;;;;; ヽ
//   .//////////////////,.'// / ,ィ//! l〈〉',   ゙;;;;;;;V/,!::.V!-‐-.」 ' __.!   /-―-、',
       l/////////////////i////::/,リ/,! .// } \. ';;;;;;;V,l:::::'ヽ;;;;;;リ  ', '`'.!  ーi/l-‐'
.     l/////////////////リ'//,! '////,l/ \.,'‐- \ l';;;;;;;;,!::::!.Vヽ;;l  .! ヘ.l    !/!
     /////////////////////,∧{ ///A、 /‐-  .._l l;;;;;;;;〉:! ゙;:!'/ヽ,   l/ .l.   l/l
   ィ///////////////////////////l ヽ./      \';;;;;;!リ,l,::トヽ'//ヽ l 、.l.   l/!
/////////////////////////////l /-ニニニ=-、  .,ll!;;;;;!V/リ'/ヾ///!l ,'   .l/!
//////////////////////////>'/   \   ̄¬=ニノ;;;:ノ//////////lヘ!   l/l
//////////////////////>' / |、     \       l K´ \ニ=-‐-=ニl .!_\  l/l
//////////////////,>'   //  l. ヽ.       \_. -‐ ヽ', !     / /  ,','  ,ベ, .l/!
///////////////>'   /二/.! .!.  ヽ.       \   l l .l    / /  .!.! ,'  ̄ ー-'、
/////////////   /二二/ l.  !   ヽ          ` 、 l l ヽ   .l .l   l ! .! _,.,/ ' /、
'////////,/    ./ニニニ/ l.  !      、        .l l ヽ. l .l  .l i  !  ̄ .(.i ./ノ
///////     ./二二ニニ/  !  !          、.       l l. ヽへ.!_! ! !    〉ヽムノ
/////      /ニニニニニ/  l  l         ー     ゙, ',  ∨//,! lz'/7ー-!(__ ー;′
///.'      /二二ニニニニ/  l  l                l l  V/,l  l'///∧l/!
'//      /二二二二ニニ/  l  !                 l. !   V/!  !////∧'"!

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
獣の欠片の一つであり、皇帝シャイマールの「全力を出したい」という渇望
現在はやる夫の中に居り、「物語開始から半年経過」もしくは「一定数の獣の欠片を所持」でやる夫を破壊し外界に出る

尚、戦闘時には下記のスキルをデメリットなく使用してくるようだ

666★SL1/1 《獣の聖痕》……メジャー。代償:??? 対象:単体。
                  この特殊能力の取得には600万vが必要。
                  [好感度66以上]のキャラクターを対象に使用できる。
                  対象が習得しているウィザードクラスの特殊能力を1つを借り受ける。
                  借り受けられる特殊能力の数は最大で[獣の欠片の数+1]個までである。
                  借り受けた特殊能力は1つまで使用可能で、オートアクションで変更できる。
                  使用した対象のLv分、ラインハルトのLvが上昇し対象はラインハルトの●●になる。

666★SL1/1 《黄金体験》……イニシアチブプロセス。代償:??? 対象:自身。
                  この特殊能力を習得するには、1000万-[欠片の数×100万]v(最低200万v)vが必要。
                  1日に1回、《世界記憶:〇〇》で習得した全ての特殊能力のSLを、
                  [SL上限+2]まで上昇させる。この効果は戦闘終了まで持続する。
                  この特殊能力を使用したキャラクターは、ラインハルトの〇〇となる。


666★SL1/1 《修羅の覇動》……セットアッププロセス。代償:??? 対象:シーン選択。
                   この特殊能力を習得するには1000万-[欠片の数×100万]v(最低200万v)が必要。
                   そのラウンドの間、戦闘に参加している任意のキャラクターの全ジャッジの達成値を+20し、
                   ダメージを軽減したり0にしたりする効果を全て無視できるようになる。
                   この特殊能力を使用したキャラクターは、
                   使用したラウンドのクリンナッププロセス(ラウンドの最後)に[死亡]する。
                   この死亡には、あらゆる特殊能力や魔法、アイテムが使用できず効果をなさない。

        ムテキモード
666★SL1/1 《既知感》……既に知っていたかのように、どうしようとも都合よく“死なない”感覚を得る能力。
                常時。対象:自身。この特殊能力を習得するには[500-欠片の数×100]万v(最低200万v)必要。
                《食いしばり》の効果を以下のように変更する。
                1戦闘にSL回、あなたが瀕死状態になった直後に生死判定を行える。
                この特殊能力で瀕死状態から回復した場合、瀕死状態によるカウントの減少は起こらない。


666★SL1/1 《黄金聖餐杯》……常時 対象:自身

この特殊能力を習得するには、1000万-[欠片の数×100万]v(最低200万v)vが必要。
あなたの【防御】【魔防】+30、あなたが受けるダメージは常に半減(端数切捨て)する。

666★SL1/1 《愛すべからざる光》……常時 代償:??? 対象:特殊

“黄金の獣”“ラインハルト・ハイドリヒの大いなる力の恩恵を受けている事を現す特殊能力。
この特殊能力を習得する為には[10-獣の欠片の数(最低2)]×100万vが必要。
あなたとあなたの指揮下にいるキャラクター全員の戦闘能力値に+[獣の欠片の所有数]。
また1日に1回、オートアクションで使用する事でそのシーンの間、この効果を+[獣の欠片の所有数×2]にする事が出来る。

666★Lv10/10 《底力》……常時  代償:???  対象:自身

危機に陥った際に“獣の欠片”から流れてくる力を無意識化で受け取め、能力を爆発的に上昇させる秘めたる力の発現。
流れ込む力が多ければ多いほど、ラインハルトの支配を受け入れることに他ならず……。

この特殊能力は[獣の欠片の数]個までしかSLを上昇させることはできない。
あなたのHPが[最大HP÷20×SL(端数切捨て)]未満の間、全ての判定の最終的な達成値を+[SL]%する。(端数切捨て)
あなたのHPが[最大HP÷50×SL(端数切捨て)]未満の間、全ての判定の最終的な達成値への修正を+[SL×3]%に変更する。(端数切捨て)
あなたのHPが[最大HP÷100×SL(端数切捨て)]未満の間、全ての判定の最終的な達成値への修正を+[SL×5]%に変更する。(端数切捨て)

例:SLが10の場合。残りHPが10%未満の間、全ての判定の最終的な達成値が1.5倍になる。

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳