学校で勉強する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勉強はできるだけ学校でやったほうがいい。
数学以外の科目はよく寝て集中して授業に望めばそれなりに覚える。
数学だけは自分でやらないと覚えない。
黒板写すだけじゃ覚えねーよという本があったがしかし先生方はそれを推奨するかのごとく授業をしてくるので自分たちで対抗策を練らないといけない。(もちろんいい先生もいるが)
☆先生があわねえ、そう思ったら成績低下のサイン。得意な科目でも容赦なく下がる。
苦手な先生ほど勉強しておいたほうがいい。先生は生徒の実力が大事だと言い張るが先生の
腕前・人間性はかなり成績を左右する。わかりやすい先生はしっかり耳を傾ける、わかりづらい
先生はしっかり予習して授業中は予習をやっているという面目で”同じ”教科の内職、いわゆるさらに先の予習・学校配布の問題集をといておくといい。内職は心が痛むが、人生がかかっている。
同じ科目なら予習してあるなら許してくれる先生も多い。なんなら許可をもらうといい。
★授業中の過ごし方
  • 現代文・国語
問題演習させてくれればいいのだがたいてい教科書の問題を長々と何時間もかけて解説することが
多い。ノートをとってさらに余裕があるなら教科書の語句を端にまとめ、さらに文の要約をやって
おくといい。授業の最後で要約するより効率がいい。許されているなら学校配布漢字問題集を
といておくといい。
  • 数学・算数
この科目は取り返しが聞かないので小学生だろうと高校生だろうと絶対に遅れてはならない。
一つのところでつまづくとその先が全部つむ。それは特に高校3年数学Ⅲで顕著。
とにかく予習していって数学の内職をする。家だと勉強しづらい奴でも1日10分でもいいからやっておくといい。特に高校二年のあたりから頭で把握できなくなってきて理屈で理解しないと覚えられない奴らは相当な苦戦を強いられる。俺もそこでつんだ。暗記でいけるやつはどんどんやったほうがいい。理解で行くやつはとにかくわからなかったら先生に聞け。担当の先生が苦手ならほかの学年の数学の先生に聞きにいったほうがいい。
教科書ガイドは先生は嫌う傾向にあるが何もしないよりガイド丸写しのほうがいい。
ただこれがこうなってこうなっているんだという頭を動かしながらやらないと無駄になる。注意。
  • 英語
中学の最初は恐ろしく簡単だがあとからどんどん難しくなる。最後の負担が大きくなるような
教え方なのでやっぱり先取りしていけるといい。
予習チェックとかあったりでだるい。電子辞書があると非常に楽なのでないなら買ってもらうなり
隣の奴に借りたほうがいい。発音も覚えられるので大事。紙の辞書にしろよ死ねよって言ってくる
古典派英語の先生もいるので家で予習をしておくといい。紙の辞書には紙のいいところがあるが
それは別に余裕のあるときに楽しめばいいだけの話。
訳は単語を覚えておけばそれなりに訳せるはず。訳までやっておくと定着率がいい。
単語は1日10分でいいから帰ってからやれ。学年×20分なんて理想の話があるがまずはすこしづつだ。
英文法
英語と統合されていたりいなかったり。最初と最後の難易度の差がおかしいので先のうちに
とばしておけるといい。やっぱり授業がゆっくりだったりするので予習していってとにかく授業中に
次の範囲をやること。
社会
俺は地理と世界史だったが授業をまじめに聞けばそれなりに覚える。暇な授業なら資料集を読むと
楽しいし覚えられる。小学校中学校高校と全部似たようなことやっているので手前の段階である程度しっかり記憶しておけると次楽。
化学
いきなり元素記号とか概念や体系が覚えづらい。納得して取り込むのに時間がかかる。計算自体はそんなに難しくない。ややこしいが。頭に叩き込むか、いい先生に具体的に教えてもらって覚えるのがいい。四捨五入だけ注意。問題演習したほうがいい。知識で解く問題と単純計算の繰り返しがある。
どちらも解けるようになるといいかも。
物理
三平方の定理とサインコサインが予想以上に大事。公式覚えていてもうまくイメージできないとつむ。図は描いたほうがいい。とにかく公式の山なので覚えれば確実につながる。
。やっぱり問題演習が大事。
体育
体が次の日筋肉痛確定となることが多いので帰ったらストレッチすると次の日苦しまない。
毎日ストレッチしておくと帰宅部であろうとそれなりになんでもこなせるようになる。


ネトゲにこれだけ打ち込めるんだから勉強だってコツをつかめばできるはずだと俺は思っている。
第一学校に毎日何時間もいるんだから無駄にされるわけにはいかない。
好きな先生がいるならその先生の授業だけはがんばってみるとかすこしずつでいいから変えていけるといいと思う。
勉強は朝・帰ってきてからあたりが集中しやすい。
学校が修羅場で疲れて家ではネトゲで心を癒しますという人はできるかぎり学校の授業中にがんばろう。












































勉強ができない、もう見たくもないって奴もいるかもしれないけど、ちょこっとずつやっていけると
変わると思う。音楽聴きながらでもいい。まずは10分だけでもいいからやってみよう。