※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

960 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

リ「ああもう我慢ならねえ! バトルだこの野郎!」
M2「ほう、私に勝てるとでも思ってるのかトカゲ。よかろう、二度とそんな口が叩けないようにしてやる」

イ「また喧嘩してるの二人とも?」
フ「ご主人と誰が添い寝するかだろ? 飽きないよな二人とも」

ダイモンジー!
サイコキネシスー!

962 ID:2vn3m9150

別に俺はどっちでも構わんよ。書けるならどこでも。

M2とトカゲ姐さん

960続き

翌朝

主「あれ? ミュウツーとリザードンのレベルってこんなに高かったっけ?」

968 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

リ「ったく! なんなんだあの野郎はよぉ……! いつでもご主人を独り占めしやがってブツブツ……」
フ「じゃあもしもアイツが優しくなったら?」
リ「優しく?」

リ『くぅ! なんてつえぇ敵だ……!』
M2?『下がっていろ。私が相手をする。なに、大丈夫だ。それにもしも私がダメだったときは、主を頼むぞ?』

リ「……ねえな」
フ「そうだろ?」


969 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

M2「ふぅ、あのトカゲもいい加減身の程というものをブツブツ……」
イ「で、でもリザードンさんも優しい時は凄く優しいんだよ?」
M2「優しい? アイツが?」

M2『なんて力だ……! こうなったら相打ち覚悟で……』
リ『待ちな。ここは私がやるよ。けど、私がもしものときは……ご主人、頼んだぜ?』

M2「片腹痛い」
イ「えっと……」

971 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

M2「フッ、いつもは諍いばかり起こしているが、実は貴様のことは評価しているぞ?」
リ「え?」
M2「今まで私に会う奴といえば、大抵が私の力に恐れて媚を売るか逃げ出すものばかり……
  貴様のように正面からぶつかってくるものなど皆無だった。正直、貴様には感謝しているほどだ」
リ「そ……そんなの、私だって普段は文句ばっか言ってるけど、でも本当はブツブツ……」


イ「あの今日って、エイプリr
フ「傍観が一番だよ」

977 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

リ「ん? 誰もいねーじゃねーか。よし、ほs
M2「保守。私の命は主と共に」
リ「……」
M2「どうした? トカゲ?」


978 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

リ「お、もうすぐ千だな。よし、千なら私とご主人はずっt
M2「千なら主と私は永遠に、共に」
リ「……いつか見てろよコノヤロウ……」
M2「フンッ、主と私を引き離すことは不可能だ」

979 ID:2vn3m9150

M2とトカゲ姐さん

リ「(アイツはどこにもいないな……)よし、ほs
イ「保守ですー」
リ「……」
イ「ふぇ? どうしました?」

M2「片腹痛い」
イ「えっと……」