※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

279(ID:jwkMo+6r0)

「なあ、自分。そろそろメシ食ったほうがええんとちゃう?」
「…………」

この不思議なポケモンを預かって、しばらく経つ。
だが彼は、まるで馴染もうとしなかった。
ぼうっとした目で空を見つめ、食事もろくにとろうとしない。
と思えば、夜には魘されたようにふらふらと徘徊する。
一体このポケモンのトレーナーは、どんな風に関わってきたのだろうか。

(どないしたらええかなあ……)
ため息をつきながら、マサキは自分の食事を食べ始めようとした。

288(ID:jwkMo+6r0)

>279続き

が。
「……ッ!?」
箸に伸ばした手が、動かない。
動かないのは手だけではない。腕も、足も、座ったままの体も、目さえも。
まるで何かに固められたかのようだった。
おそらく、肺も動いていないのだろう。
無意識にしている呼吸すら止められ、目の前が段々暗くなっていくように感じた。
「貴様に、何が分かる」
冷徹な声が、脳内に響く。
「主は私を手放した。主の中から、私は外れてしまった」
ぎぃ、ぎし、と、フローリングの軋む音。
あいつが、こっちに近づいてくる。
「貴様如きには分からぬだろう。主がどれだけ素晴らしいお方か。あのお方に見捨てられるということが、どういう事か」
足音が、止まった。
目は動かせないが、すぐ後ろに、気配を感じる。
「最早私には生きている価値もない。だが私は、自分を殺せない。主が言ったのだ、殺す事だけはやめろと」
今、自分が死にそうなんですけど。と突っ込む空気ですらなかった。

291(ID:jwkMo+6r0)

>288続き

「故に、私は自分を殺せない。貴様を殺す事もできない。なら、静かに死なせてくれ」
頼む、と小さなテレパシーが弾けたと同時に、体の自由が利くようになった。
「……………………」
とんでもないものを預かってしまったらしい。
というか、預かってるだけで、別に捨てられたわけでもないと思うんだが。
だが実際、そんなトレーナーが多い事も確かなのは確かで……

数日後、そのトレーナーが迎えに来た。
近くを通りかかったから、直接迎えに来たという。
まるで今までの人形のような状態が嘘のように、ポケモンはトレーナーの元に帰っていった。

「すいません、うちのミュウツーがご迷惑をおかけしませんでしたか?」
トレーナーはポケモンをボールに戻しながら、そう言った。
マサキは辺りを見回し、そっとトレーナーに言った。
「アンタ……気ぃつけや」
精神が病んでて絶対危ない、精神科にでも連れて行け――とまでは、流石に言えなかった。
だがトレーナーも、はい、と静かに頷いた。
どうやら、悟ったらしい。

トレーナーを見送ると、マサキはぺたりとその場に座り込んだ。
屋根に開いた穴から入り込んだポッポが、その茶髪を軽く啄ばんだ。