※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UBound 関数

配列の指定された次元で使用できる添字の最大値を、長整数型 (Long) の値で返します。
構文
UBound(arrayname[, dimension])
UBound 関数の構文は、次の指定項目から構成されます。
指定項目 内容
arrayname 必ず指定します。配列変数の名前です。変数の標準的な名前付け規則に従って指定します。
dimension 省略可能です。バリアント型 (内部処理形式 Long の Variant) の値を指定します。添字の最大値を調べる対象となる配列の次元を示す整数を指定します。最初の次元なら 1、2 番目の次元なら 2、というように指定します。引数 dimension を省略すると、1 が指定されたものと見なされます。

解説
UBound 関数は、LBound 関数と組み合わせて、配列のサイズを調べるために使います。配列の添字の最小値を調べるには、LBound 関数を使います。
次のような配列が宣言されている場合、UBound 関数からは下の表のような値が返ります。
Dim A(1 To 100, 0 To 3, -3 To 4)
ステートメント 戻り値
UBound(A, 1) 100
UBound(A, 2) 3
UBound(A, 3) 4