※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Text プロパティ

テキスト ボックスのテキストやコンボ ボックスのテキスト ボックスの部分のテキストを設定します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。
expression.Text
expression 必ず指定します。このトピックの [対象] をクリックして表示される Access オブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。
解説
設定値は、コントロールに表示されるテキストです。また、Text プロパティを使って、コントロールに現在含まれているテキストを読み取ることができます。
このプロパティはマクロまたは Visual Basic でのみ値を取得および設定できます。
メモ コントロールの Text プロパティを取得または設定するには、コントロールにフォーカスを与えておく必要があります。フォーカスを与えないと、エラーが発生します。フォーカスをコントロールに移動するには、SetFocus メソッドまたは "GoToControl/コントロールの移動" アクションを使用します。
コントロールにフォーカスがある間は、Text プロパティには現在コントロールに配置されているテキスト データがあり、Value プロパティには最後に保存されたコントロールのデータがあります。フォーカスを別のコントロールに移動すると、コントロールのデータは更新され、Value プロパティに新しい値が設定されます。その後 Text プロパティの設定は、フォーカスが戻るまで使用できなくなります。フォーカスを移動せず、[レコード] メニューの [レコードの保存] を使用してコントロールのデータを保存した場合は、Text プロパティと Value プロパティの設定は同じになります。
使用例
次の使用例では、Text プロパティを使用して、ユーザーが [テキスト1] というテキスト ボックスにテキストを入力したときに、[次へ] というボタンを利用できるようにします。テキスト ボックスに文字がないときは、[次へ] ボタンは利用できません。
Sub テキスト1_Change()
   次へ.Enabled = Len(Me!テキスト1.Text & "")<>0
End Sub