桂圭一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 KATSURA-Keiichi

モチーフ

所属 十二神将

称号 

肩書き 十二神将第二席

構成因子 魔人 飛具   虚無

家族 父:桂松然 弟:桂樟葉 桂葉介 

戦闘体系
黒い長針を投げる。極端な肉体強化。(通常――大体“六門開放”まで)
七門以降から、肌に赤色の荊のような紋様、服には緑色の葉脈のような紋様。影から黒蠅、それが変化し巨大な杭。二対四枚の灰色の骨のような翼。
日本刀を強化。魔術も多範囲にわたって行使可能。超絶回復
“十三門解放”で外見・能力は完全にアキュルペス=シャドゥンに変化する。“滅殺”の行使者


外見
薄紫の和服に、線の薄い細身で、幸の薄そうな微笑み
四肢は針のように鋭く細く、翼は暗く紅く堕天した天使のような傷ついた翼、真っ暗な顔に浮かんでいるのは、まるで世界の全てを確たる意思を以て軽蔑し嘲笑するかのような悪意に満ち溢れた笑みだった。悪意を悪意でもって精錬し、ただただ純粋な悪意のみ形作られた笑み(十三門解放時)


桂の長男としてそこそこ普通の存在だったが開眼の力によって完全覚醒する。
アキュルペス=シャドゥン秋月章――そして、その他の破片を所有していた存在たちの意識にも目覚め、混沌の内に自我を見失いかける
一応、自力の修行の末にある程度はコントロールできるようになったが精神的には結構キテおり、自分の意見が薄く、死にたがり
しばらく後、本家を脱走し、傭兵として世界を巡る。
その後、十二神将となる
自らの感情だと確信したい

第三サンクチュアリ攻撃の際に、介入してきたシャラーフィー=ゲシュウォルデモン=ベイノスをくい止めて死亡
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。