アントラシェット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モチーフ

所属 夜会

称号

肩書き 辺境伯

構成因子  吸血種 憑き物

主要人物関係

戦闘体系

外見
アントラシェットは紫のチューリップ(入波が名付けた) 普通は紫の眼だけを出している

元々はとある地方を守護していたが、侵入してきた吸血種を喰らい吸血種となったことで吸血衝動に衝き動かされ暴走


で、ラバロが死亡、テリオスが片足を失い、ドゥスも瀕死の重傷を受けるが後から現れた黄霰桜月と共に捕獲した

血盟録に掲載されているので吸血種だが、竜種でもあり――複雑だが一応吸血種によって裁かれ(公爵会議)肉体は元の地に封印したが、
紫の眼に精神の一部を移し浦戸天馬定兼の預かりとなった
で定兼の従者となるが定兼の死後、世道覚羅がかっぱらい、しかし使い方もわからず生活費の足しとして売っぱらった
その後、廻り巡って現在は入波矛道の左目として彼に憑いている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。