シェシュバツァル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モチーフ

所属 集会

称号

肩書き チベット魔族独立地区代表

構成因子  魔王  苦労人 殲滅型

主要人物関係
腐れ縁:フライトナー=カーイン
弟子にして部下:ロラック=ブライト

戦闘体系

外見
原型は、街一つ覆い尽くすほどの巨大な赤竜

竜王に繋がる九血統の最後の純血存在であり、竜種の主となっている

若かりし時(といっても百歳ぐらいの話)、偶然真竜司英と遭遇。
彼から九竜の力を奪おうとするが、敗北
逆に狗王と命名され禍罪に手伝わさせられる
最終的に九竜の一角"業火"の力を司英より受け取るが

生真面目な性質で、各地と折衝を行う
多分ミカエルあたりに敗北
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。