日本魔術血統二十三位


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本においてオリンピュアで正式に魔術血統として認められている家

白心祭司の代に集会として統合される
オリンピュア日本支部黎明期においては彼らが最高議決機関だったが、時代が下るにつれ二十三血統としての権勢は存在しなくなっている

表向きは、日本魔術界の一つの象徴
裏向きは、日本魔術界のバランスメイカーであり、お互いも含めてバランスが崩れる事が無いように非公式に行動する(公然の秘密)

半年に一度、当主たちによる定例会議が開かれる
場所は、各家の持ち回りであり、二十四角形の卓を囲んで開かれる
会議に参加すること自体も含めてお互いを牽制しまくっている

 以下順位はオリンピュアでの登録順

 白心

 深室

 八咫

 鷲羽

 

 

 神楽

 真竜龍城

 忌部

 

 新垣

 宗方


 神影

 

 遠江

 刀堂

 笠井

 九頭

 解礼

 武峰

 朱楽










 存在しない二十四位 禍罪
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。