護法の民


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 用語

大統一後の世界に適応できず、滅びゆこうとした人々を十三人の一人が保持していた以前の世界の理の断片を用いて、結界に包まれた集落を造ったのが始まり
日本に作ったのは、製作者がと親しかったのと、鬼の世界側の起点となっていたために、世界のゆらぎが激しかったため

それ故に、「十三人」――ひいてはこの世界全てを恨んでいる
集落外の人間と混血を重ね、結界外から出られるようになってもその本質は変わらず、ただひたすらにこの世界を滅ぼす方法を求め続けていた

――“正統な復讐者”の血脈
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。