パロロワ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ行ってくるよ」

玄関のドアを開けるとのどかな春 というより初夏に近い空気を感じる。
春。何かにつけて新たな始まりがやって来る季節。
去年学園に入学してから丸一年を怠惰に過ごした俺は今年こそはと、
これといって目標があるわけでもなく意気込んでいた。

「去年はクラスで空気だったからなぁ。
 今年こそは可愛い彼女でも・・・無理かなぁ」

そんなこんなでまた同じ一年になってしまいそうな不安を抱えたまま学園へと歩き始めた

道には桜の花びらが絨毯のように敷かれている。今年の桜は早咲きだったのでもう殆ど散っていた。
そんな絨毯の上を俺は同じ学園の生徒の中に紛れて歩いていた。

アオイ「おーい! おはよっ!」
せいや「よぉ 久しいな。ずっと家に閉じこもってたか?」
「ういっす せいや、アオイ。
 新学期からラブラブかよ。いいねぇ」

この二人は去年のクラスで唯一親しかった奴らだ。
と言ってもこの二人はできているらしく俺の踏み込む余地はない。

せいや「なーに言ってんだ。こんなのいつもの事だろ」

この一言で女の子と並んで歩いたことの無い俺がどんなに傷ついたか
せいやには分からんだろうな。

アオイ「ほ、ほらそんなことよりクラス発表だよ!早く早く!」

校門を通った先にある広場。そこに張り出されたクラス表の前には既に大勢の人だかりが出来ている。

校門を通った先にある広場。そこに張り出されたクラス表の前には既に大勢の人だかりが出来ている。

アオイ「あー!せいやクン!同じクラスだよ!やったぁ!」
せいや「分かったから俺の手をとってそんなにはしゃぐなって!」

せいやめ。何だかんだで嬉しそうな顔しやがって。

「さぁて、俺はどのクラスかな」

アオイ「ほら見て!同じクラスだよ!やったね!」
せいや「だってよ。今年もよろしくな」
「じゃあ今年もお二人の邪魔をさせていただきますか」

この二人のいちゃつきぶりを見せられるのかと思いつつも
親しかった者と同じクラスになれた事にほっとしていた。

隣でまだはしゃいでるアオイの他にもいたる所から歓喜の声が聞こえてくる。

ポケお「っしゃあ!遂に憧れのアオイさんと同じクラスだ!」

サゴニゴン「えっと俺のクラスはー。おやおやこれまた随分と賑やかなクラスになりそうだね~」

ユウ「あ!せいや君と同じクラス!でももうせいや君には・・・。はぁ・・・」

サン「(またミヤビノと同じか。これでご飯とパシリには困らないねぇ)」
ミヤビノ「あの、サンさん今年も同じクラスですね。よろしくお願いします」
サン「やったねミヤビノ君!今年もよろしくね~」

トリトドン「アランくん。同じクラスだよー。よかったぁ」
アラン「よし!この奇跡を記念撮影といこうか!」

ルクス「おっ 俺のクラスにはアオイ、ユウ、サンと上物揃いだな。
    誰から落とそうかな~っと」

アオイ「ねぇそろそろ中入ろーよ。新しいクラスに一番乗りぃー!」
「いや、この時間じゃもう一番乗りは無理でしょ」


アオイに引っ張られたまま教室に行ってみたが一番乗りなど出来るはずもなく
既に数人の生徒が居た。

ドンッ
「あ、悪い」
ナカーマ「おいちゃんと前見ろや。あーだりぃ・・・」

教室の入り口でぶつかった生徒が俺を睨みつけるようにして出て行った。
どうにも態度の悪い奴らしい。それにあの格好いい悪ぶってるつもりか?
こっちも気分が少し悪くなったのでさっさと自分の席に座ろうと思った。が・・・

カゲ「このクラスだとすると・・・そうだな、ぶつ・・・ぶつ・・・ぶつ・・・」
「あのー・・・そこ俺の席なんだけど退いてもらえるかな?」
カゲ「ん?君か。そうだ。ちょっと聞いて欲しい。あそこだ。
   あの位置は黒板が見えずらと思ってだな・・・」

俺の席に座っていた奴は延々と訳の分からない独り言をいい始めた。要約するとどうやら席を取り替えて欲しいようだ。

「あー言いたいことは分かったけどそれは担任に言ったほうが・・・」
カゲ「ふむ。まぁそれもそうだな」

じゃあ何故退かない・・・。まぁいいや。もう皆教室に入ってきたみたいだし他の奴の顔でも・・・

ガラガラガラ

見に行こうとしたとき中年の男性が勢い良くドアを開けて入ってきた。
どうやら担任のお出ましらい。

「ほらー。お前ら席につけー」

それからしばらくの間始業式などこれからの日程を、大量のプリントを渡されながら聞いてた。

バタッ
突然生徒が一人机に突っ伏すように倒れた。さっきの柄の悪い奴だ。

バタッバタッ
次々と教室内の生徒がさっきの奴と同じように倒れていく。それは俺の斜め前に席のアオイも同じだった。

「おい!アオイっどうたんだ!?それに他の人も・・・」
その時強力な眠気が俺を襲った。そうか・・・これで皆も・・・
いつの間にか教師はマスクを付けている。

「一体・・・何が・・・?」

そして俺の意識も途切れた。最後に目に入ったのは少し開いたドアからちょこんと出ている
キノガッサの尻尾らしきものだった。


「ん、ふぁ・・・。あれー何で寝てんたんだ・・・?
 ・・・そうだ教室で!」

目を覚ますと其処は見慣れた学校の教室とは違う、全体が白で塗りつぶされている部屋だった。
俺や他の生徒はそれぞれのイスと机に座らされていた。

せいや「おい・・・」
アラン「え、え?何?何?ここ何処?」

どうやら皆目を覚ましたらしい。殆どの者が状況を飲み込めずパニック気味になっている。

アナウンス「皆さんお目覚めでしょうか」

突然部屋に取り付けられたスピーカーから男の声が響いた。直後全身を黒で覆った
兵士が数人入って来た。その手にはゴミ袋のようなものが引きずられている。

アナウンス「皆さんにお集まり頂いたのは、いや集めたのはあることをやって頂くためです。
      それは・・・戦闘実験第六十七番プログラム・・・」

「戦闘実験第六十七番プログラム」それを聞いたとき俺は自分の体から血の気が引くのがわかった。
他の席からも数箇所、ガタンと机の震える音がした。

アナウンス「もうお分かりの方もいるでしょう。今日皆さんにやって頂くのは
       殺人ゲームです」

せいや「なっ・・・殺人ゲーム?」
アオイ「せいやクン何なの・・・?」

アナウンス「ご存じない方には説明いたします。前のモニターをご覧ください」
そうして戦闘実験第六十七番プログラムが制定されるまでの経緯、目的などが簡単に説明された。

アオイ「そんなの・・・酷い・・・」

アナウンス「それではルール説明に移ります。ルールは簡単。今からランダムに与えられる武器とポケモンを使い
       最後まで生き残ればいいのです。無論ここで他の生徒を殺害しても罪にならないのでご安心を」

案の定教室内は一斉にざわめき始めた。「何故こんなことをするのか」「そんなの聞いてない」

アナウンス「お静かに。皆様には法的に従う義務があります。もし我々に逆らうのなら・・・」

兵士が持っていたゴミ袋の中身を出した。出てきたのはさっき担任に決まったばかりの男。
生きている人間にはあり得ないほどに体は青白く、首には何かに噛まれたような痕があった。