ARToolKitであそぼー2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 サンプルアプリケーションを作成してみよー

 
C:\ARToolkit\ARToolKit.slnがあるが
VisualStadio2012で動作させようとするが(simpleLite含む複数プロジェクトが登録されている)
エラーが大量にでてしまう。。。
 
追うのも面倒なのでひとまず
『simpleLite』単体のみのプロジェクトを作成することにする。。。(;_;)
 
 
1.Visual Studio2012 にプロジェクト作成
 
 [ファイル]->[新しいプロジェクト]->[空のプロジェクト]を選択し、
 "Project1"を作成する。
(実際にはC:\sample\Project1\に作成)
 
 
2.プロジェクト環境を整える
 
 2-1 『simpleLite』には各種DLLが必要なので以下のパスを登録
 
  ①[コントロールパネル]->[システム]->[設定の変更]->[詳細設定タブ]->[環境変数]をクリック
  ②[システム環境変数]->[Path]をクリックし、";C:\ARToolkit\bin\"を追加する。
 
 2-2 ライブラリの追加
 
  ①Visual Studio2012のソリューションエクスプローラー
  (デフォルトなら左にある)から"Project1"を右クリックし、[プロパティ]をクリック
  ②[C/C++]->[追加のインクルードディレクトリ]に以下を追加
  C:\ARToolkit\include
  C:\ARToolkit\DSVL\src
  ③[リンカー]->[追加のライブラリディレクトリ]に以下を追加
  C:\ARToolkit\lib
  C:\ARToolkit\DSVL\lib
 
 2-3 main.c作成
 
 ひとまず『simpleLite』として動作させたいので
 C:\ARToolkit\examples\simpleLite\simpleLite.cをコピーし、
 作成したプロジェクトフォルダに移動&リネーム(main.c)
 
 ソリューションエクスプローラーからmain.cを追加。
 
⇒環境構築完了(『simpleLite』としては。。。。)
 
 
3.実際にコンパイル&動作を確認してみる
 
 3-1 コンパイル(F7キーまたは[ビルド]->[ソリューションのビルド])
 
<以下ビルドログ>
1>------ すべてのリビルド開始: プロジェクト: Project1, 構成: Debug Win32 ------
1>  main.c
1>c:\sample\project1\project1\main.c(455): warning C4996: 'sprintf': This function or variable may be unsafe. Consider using sprintf_s instead. To disable deprecation, use _CRT_SECURE_NO_WARNINGS. See online help for details.
1>          c:\program files (x86)\microsoft visual studio 11.0\vc\include\stdio.h(357) : 'sprintf' の宣言を確認してください。
1>c:\sample\project1\project1\main.c(456): warning C4996: 'sprintf': This function or variable may be unsafe. Consider using sprintf_s instead. To disable deprecation, use _CRT_SECURE_NO_WARNINGS. See online help for details.
1>          c:\program files (x86)\microsoft visual studio 11.0\vc\include\stdio.h(357) : 'sprintf' の宣言を確認してください。
1>LINK : warning LNK4098: defaultlib 'LIBCMT' は他のライブラリの使用と競合しています。/NODEFAULTLIB:library を使用してください。
1>  Project1.vcxproj -> C:\sample\Project1\Debug\Project1.exe
========== すべてリビルド: 1 正常終了、0 失敗、0 スキップ ==========
 
⇒sprintf()にてwarningがでているが、ひとまずシカトするwww
 
 
 3-2 main.c改造する。
  ①main.cそのままでは各種データファイルの読込部分が動作しないので
   以下の通りに修正する。
 
>main.c main()
const char *cparam_name = "../data/camera_para.dat";
//
// Camera configuration.
//
#ifdef _WIN32
char *vconf = "../data/WDM_camera_flipV.xml";
#else
char *vconf = "";
#endif
const char *patt_name  = "../data/patt.hiro";
 
  ②①の通りに各種データファイルを移動する。
   プロジェクトディレクトリ/data/
   例)C:\sample\Project1\data\
   ・camera_para.dat
   ・patt.hiro
   ・WDM_camera_flipV.xml
 
 3-2 実行してみる(F5キーまたは[デバッグ]->[デバッグ開始])
 
 ⇒うんうん、正常に動作している!!
 
添付ファイル