HTML~文字表示編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文字表示って?フォントって??


HTMLって何だ?で勉強された方は
うーん、表示はされるけど・・・だっせーなー

なんて思うかもしれません。。

「HTMLって何だ?」で使用したindex.htmlで
そこで表示されている文字を装飾してみましょー
(フォントを変更しましょー)

index.html

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

<html>

  <head>
  <title>タイトルを指定する</title>
  </head>

  <body>
  ※ココを編集してね♪
  </body>

</html>


ちなみに

フォント(font)は、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指す言葉だが、現在ではコンピュータ画面に表示したり、紙面に印刷(書籍など)したりするために利用できるようにした書体データを意味している。金属活字の時代から書体の世界に関わっている者からは、データとしてのフォントはデジタルフォント(digital font)として区別して呼ばれることもある。
書体という言葉は、現在ではフォント(の使用ライセンス数)を数える単位としても用いられるが、ここでは分けて考えることとする。(書体参照)
Wikiedia

意味はありませんので覚える必要はありません!


フォントの変更


<font>タブを利用することでさまざまな文字を装飾することが
可能です。。


  • 色を変更<font color>...初期値:"black"

 例)<font color= "red" >ココは赤だぜぇ~</font>戻すぜぇ~

 ちなみに"red"は"#FF0000"みたいに詳細に設定が可能です。
 詳細はCyberLibrarian 等をみてね!


  • サイズを変更<font size>...初期値:3

 例)<font size= "5" >ココは5だぜぇ~</font>3だぜぇ~


  • その他

種類 書き方
太字 <b>太字(Bold)</b>
取り消し線 <del>取消線(Delete)付き</del>
強調(Emphasize) <em>強調(Emphasize)</em>
斜体(Italic) <i>斜体(Italic)</i>
内容の追加(Insert) <ins>内容の追加(Insert)</ins>
下線(Underline)付き <u>下線(Underline)付き</u>
取消線(Strikeout)付き <s>取消線(Strikeout)付き</s>
取消線(strike-through)付き <strike>取消線(Strike-through)付き</strike>
強調(Strong) <strong>強調(Emphasize)</strong>
通常の位置上つき(Superscript) 通常の位置<sup>上つき</sup>(Superscript)
通常の位置下つき(Subscript) 通常の位置<sub>下つき</sub>(Subscript)

リスト


ついで…っといっちゃあなんですが
リストとかもつくりましょー

リスト書きするには <ul>~</ul>、<ol>~</ol>、<dl>~</dl> を用います。

<ul>
<li>項目1</li>
<li>項目2</li>
</ul>


<ol>
<li>項目1</li>
<li>項目2</li>
</ol>


<dl>
<dt>HTML</dt>
<dd>HTMLとは・・・</dd>
<dt>JavaScript</dt>
<dd>JavaScriptとは・・・</dd>
</dl>



参考までに


改行   … <BR>
コメント … <!-- コメント -->


実際にやってみて確認してね!!
添付ファイル