※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦術指南/AIR

特徴

AIRは主に対地と対空に仕事がわかれる兵科です。
また、AIRは拠点を制圧することができない兵科でもあります。
重ヘリは対地攻撃に絶対的な火力を誇ります。対空はミサイルがなく、バルカンのみ。
中ヘリは対空ミサイルを備え対空が主な任務です。逆に対地は少しできる程度です。
対地、対空どちらにしても数がものを言うので中ヘリと重ヘリの混成部隊はなかなか難しいです。
偵察ヘリは森に隠れている歩兵を見つけることもできます。

お仕事

中ヘリは敵のヘリを狙うのが仕事です。
味方重ヘリを敵中ヘリから守り、味方戦車を敵重ヘリから守るのです!
重ヘリはその火力をもって敵の地上兵器をなぎ倒してください。
特に敵の重戦車は他の地上兵器ではあまりダメージを与えることができないので優先的に。
偵察ヘリを使い、敵の居場所を探すことができます。

戦術

  • 対空
中ヘリ対中ヘリは数の勝負になります。なので対空はなるべく中ヘリだけの編成で。
敵ヘリと戦う場合でも可能な限り味方AAや歩兵の近くで戦い、援護してもらいましょう。
敵AAがいた場合速やかに退避してください。
対空ミサイルが命なので、撃ちつくした場合一度下がってチャージを待ったほうがいい場合もあります。
トラックやAT兵相手ならば4機以上で囲めば倒せます。
しかし戦車の場合、時間の無駄になるのでさっさと移動したほうがいい場合が多いです。
  • 対地
重ヘリは2機以上で動いてください。1機だと火力不足です。
重ヘリ3機以上の編成の場合、敵の中AA2,3機なら余裕で破壊できます。
重AAは2機が限界です。それ以上の部隊を発見したら速やかに退避。
敵中ヘリが接近してきたら味方AAか味方中ヘリまで退避しましょう。
対空は味方中ヘリが敵中ヘリとガチバトルしてる場合の横から援護、ぐらいしかできません。
通常攻撃のロケット及びアタックスキルのヘルファイアは一度撃つとリロードとチャージに時間がかかります。
なので、一旦後方に下がり装填が終わってから再度攻撃をすると撃墜されるリスクを減らせます。
味方戦車が敵の重ヘリに編隊に囲まれてスモークを焚いているような状況であれば、重ヘリでも対空に参加すべきでしょう。
一機ずつ狙えば意外とあっさり落とせるので、殲滅はできなくとも追い払う程度はできます。
重ヘリは敵AAを丁寧に避けて消耗を防げば、かなり簡単にレベルを上げることができるユニットです。
高レベルになったユニットを簡単に消耗するのは勿体無いので、TAでTroop Transportを2台ほど後方に召還し修理させると良いでしょう。
とにかく機動力を生かして敵の死角を動き回り、神出鬼没に敵戦車および長距離砲を殲滅するのが理想です。
特にHeavy Artilleryは1個落とせばTAポイントが5も手に入りますので、敵の対空網に隙あらば積極的に狙いに行きましょう。
  • 偵察ヘリ
アビリティーのサーマルセンサーの利用と視界確保がお仕事です。
ロケットを搭載していますが、パッチにより弱体化されユニット単体での攻撃は歩兵くらいにしか通用しません。

姑息にも味方後方の森に潜んで視界を確保している敵歩兵を探す。
裏を取ろうと迂回してくる敵ヘリが来ないか待機して見張る。
敵陣に行き、自走砲などの居場所を味方に教える。
重ヘリと同行させ、スモークで身を隠した車両を曝け出し叩く。

  • 輸送ヘリ
味方歩兵を地形の制限なしに送ることができます。
現状ではあまり有効な運用方法は確立されていません。


エトセトラ

  • ヘリ兵科は花形です。スピードも速く、地形を無視し、戦車に対し一方的に攻撃をすることが出来ます。味方軍戦車はヘリ兵科を守るためにあるといっても過言ではありません。約束事も少なく、初心者の段階からいきなりチームのエースになりえる兵科です

  • 重ヘリは原則的に「無くなったらそのエリアの軍全滅」となる重対空を守るべく、敵戦車を牽制するのが仕事となります。重ヘリが戦車を牽制し、戦車が重対空を牽制し、重対空がヘリを牽制するわけです

  • 明らかに孤立している戦車を近場に見かけたらどんどん攻撃していきましょう。ひとしきり攻撃した後は再攻撃するまでに装填時間があります。ただしフル装填しなくても再射撃できますので、相手体力がもうちょっとのときはちょこちょこ撃って仕留めてしまうといいでしょう

  • また建築物に立てこもっている歩兵科を見つけたら重ヘリでビルごと破壊してしまいましょう。実際にはビルごと歩兵を倒せることはまれなのですが、あぶり出しだけでも十分な効果があります

  • 空対空攻撃を食らってしまうとやはり目下の味方軍が全滅してしまうので、同じところに居続けるのはやめましょう。特に重戦車を夢中で攻撃しているとトラップに引っかかりやすいです。どのみち再装填には時間がかかるため、上手く動き続けることで攻撃力を維持しつつリスクをヘッジしていきましょう

  • 重ヘリ4+偵察ヘリ1のバランスが一番簡単且つ高火力です。偵察ヘリの視界取りは地上にいる戦車の助けともなりますし、自身が重対空を見つけやすくなる意味もあります

  • 特殊攻撃はなるべく重戦車に使っていきましょう。2ミサイル+掃射で早期に壊せますので、1台に3ミサイルはあまり撃たない方がいいかも知れません。ただし地上の軍の状態によってはオーバーキルになってでも1体仕留めた方がいい場合もありますので臨機応変に

  • 重対空が2台あるエリアに突っ込むのはやめたほうがいいでしょう。まずスモークを炊かれてえらい目に遭います。マップ的に目が届かない場所にあるっぽい重対空1台程度であればスモークの反応が遅れて破壊できるかもしれません。上級テクニックとしてはタンクバスターを配置した後にフレアを使いつつ相手ヘリに近づき、スモークを炊かせてタンクバスターを当てる(前後逆可)というものもありますが操作量が若干多いかもしれません

  • 中ヘリは相手軍の重ヘリに有効ですが、それ以上に森に潜伏した歩兵に有効です。偵察ヘリの特殊能力で森にいる歩兵を見つけ、中ヘリで掃射し、とどめに中砲撃等の砲撃で仕留めます。歩兵以外の人間であれば援護はいらないこともありますが、対歩兵だけは倒しきれないケースもありますので、空対空攻撃を受けないうちに味方に託すといいでしょう

  • 相手戦車群の数だけ自軍重ヘリ軍が必要ですので、原則中ヘリは出番が少ないことになります。出番が来やすいのは「ヘリ兵科使用3人目」「森マップ」「相手戦車群が少ない」あたりと判断するといいと思います

  • 花形ですので存分に暴れまわるといいと思います。重対空を見たら戦車待ちということで近場のエリアに飛んでも構いません。ただし偵察ヘリの視界取りは味方戦車兵科にとっての命綱です。開幕のオーダーは「重ヘリ3+ちょっと待って偵察ヘリ1」から始め、ポイントが貯まり次第重ヘリを足していく形にすると分かりやすいと思います。Zキーを押して密集陣形にし重対空のリーチにうかつに引っかからないようにするとなお簡単になると思います
  • ATミサイルのみ発射>離脱だと敵AAが戦車後方から到着する前に逃げられ、結構なダメージを与えられる。 -- 名無しさん (2009-04-13 17:10:15)
  • 中へリは対空ミサイル一発、発射>相手へリのフレアが切れたら残りを発射が有効。又、対空ミサイルが切れた状態で相手重ヘリを追いかけるのは避けたほうがよい。機銃だと中へリ5機でも結構時間がかかるし、相手重ヘリが逃げ出した時点で対空という目的は達してい -- 名無しさん (2009-04-13 17:16:30)
  • 相手中へリがひたすら追ってくる場合、対ヘリTAを適当なところに置いておき、到着時間にそこに誘導する方法もある。ただし、広いマップでないと味方対空を見た敵へリが追うのを中断してしまうので事前にマップ状況を把握しておく必要がある。 -- 名無しさん (2009-04-15 19:58:50)
  • 偵察へリのIRスキャンはスモークや森の中のユニットを見ることができる(TAのスキャンと同じ)。コストが600と安いので、一台だけいる重対空にフレアを出しながら向かわせ重ヘリで仕留めたり、対空が到着する前に戦車を倒せたりと便利。又、味方が視界を確保している場合は重ヘリをそちらに向かわせ、視界確保ができていない前線に味方の援助として偵察へリを向かわせると良い。 -- 名無しさん (2009-04-15 20:03:44)
  • APCの対空能力は意外に高い。4台以上いるとスモークが晴れる前にこちらが壊滅してしまうことも。 -- 名無しさん (2009-04-15 20:07:41)
  • 敵戦車は重ヘリに発見されると必ずといっていいほどスモークを炊くので、事前にIRスキャンをonにしてから攻撃を仕掛けに行った方がよい。目標確認!⇒Shift+E(アビリティを偵察ヘリに変更)⇒E(IRスキャンon)⇒Shift+E(アビリティを攻撃ヘリに変更)⇒丸裸の敵を攻撃、の流れ。 -- 名無しさん (2011-09-23 14:36:47)
  • 機動力が高いので視野を広く持つこと、敵AAさえいなければやりたい放題のヘリ兵科。僻地のDPにもすぐに駆けつけられるメリットを活かすべし。 -- 名無しさん (2012-01-27 05:28:40)
名前:
コメント: