青龍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

風を司る、華爛帝国の東を守護する青い鱗を持った蛇のように長い体を持つ天駆ける竜型の神獣。

その正体は、伯爵級のドラゴンで地方の言い伝えにより神格化された存在。

その昔、華爛帝国が周りの部族に追い詰められて火を放たれた際に現れ。

城を包む炎を一息で吹き消し、存亡の危機を救ったことから神獣とされている。

華爛帝国の四方を守る、四神獣の一匹である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。