有翼人伝説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつて、1000年前のオルディエン戦役が起きる前。

世界を支配していたのは有翼人だった。

彼らは、人智を超えた力を持ち高度な文明を用いて世界中の生物を支配してきた。

有翼人の指導者、アガート・ヴィシュカスは三種の神器を用いて全ての文明を掌握していた。

絶対的な、身分制度を敷き力と恐怖で他の生物を圧倒する有翼人こそ。

まさに、世界を支配しうる神となるべき存在だと信じられていた。

しかし、愚かなる人間たちによってアガートは討たれ。

有翼人の栄華を極めていた、全文明は滅び去ってしまった。

だが、有翼人はまだ滅んでしまったわけではない。

いずれ、アガートに代わる有翼人の指導者となる人物が現れる。

そして指導者が降臨した時に再び、全ての生物を有翼人が支配する時代が到来するのだ


   ――有翼人の歴史書より引用――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。