ラスタリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フロンティア大陸の中央やや東寄りの場所にある大規模な王城のある都市。

巨大な塀に囲まれ、入り口の門は南、東、西の三箇所と飛空挺の発着所のみ。

街の中央には巨大な時計塔があり、住人たちに共通の刻を告げる。

街の入り口には城下町が広がっており、それぞれ居住区、娯楽区、工業区、商業区、王城区に分かれている。

街全体の建物や道などは石造りの物が特に多い。

町全体の建物は白を貴重としており、識字率は高く教育制度も非常に進んでいるため平民でも基本的には教育が義務化されている。

また、様々な学問分野を研究する大学もあり入学資格はアイオーン王国またはセラフィータ王国の高等学科を卒業した者であり、規定の試験をクリアした者のみである。

居住区は平民街と貴族街に分かれてこそ居る物の、貴族の絶対権利等は無く実際的には平民と貴族の垣根はそれ程厚くは無い。

貴族は平民のために働いた分だけ評価される仕組みとなっている。

また、兵士たちの駐屯地と居住スペースも此処に作られている。

兵士達の訓練施設である兵士学校も居住区内にあり、入学資格は基礎学科修学者で一定の体力訓練と適性検査をクリアした者のみ。

訓練期間は8年で、就学規定年数を納めた後に半年に一度最終試験を行いそれをクリアする事でユニコーン兵士団に配属される。

娯楽区は世界でも指折り規模の劇場があり、毎年有名な劇団が公演に来るためその日は各国からの観光客が集まり賑わいを見せる。

娯楽区にはオルディエン戦役の歴史資料館もあり、歴史書や当時の遺品、レプリカなどが飾ってある。

また、闘技場も娯楽区に設置されていて春と秋には大きな大会が催される事もあって各地から腕自慢の戦士たちが集う場所としても有名。

娯楽区と居住区の間には巨大な自然公園が跨っており、青い芝生に様々な植物が丁寧に植えられており大人しい草食性の動物が自生している。

工業区は各専門分野の職人たちが工房を構える区画で、生活用品から農耕具、魔法具などの専門家が大勢集まる場所で基本的には商業区への店へと委託注文を生業としており個人向けの商売はあまりやっていない。

商業区は武具店から花屋に道具や薬屋、宿屋。生活用品は食料品店など旅行者、居住者問わず大衆向けの店が揃っている。

輸入品はあまり置いておらず、基本的には国内の品物や工業区で作られた物を扱う事が殆ど。

また、一年に一度王国創立祭が開かれ街全体で盛大なカーニバルが催され。有名劇団の劇場公演に加え、闘技場で武具大会が行われる。

王城区は名の通り、王城のある街の最奥部で白を貴重とした巨大な王城が構えている。

周りは川堀で囲まれており、城門は巨大な跳ね橋のみが入り口となっている。

城内は玉座のある謁見の間、執務室や王族の生活空間がある一般人は許可が無ければ出入りできない区画。

兵士の訓練場と詰め所がある軍区画。そして一般人が自由に立ち入りできる共有区画でわかれている。城内には魔術研究所も置かれている。

異種族への差別が全く無い国の王都だけあって、様々な種族が自由に生活し出入りできるが入国、入街審査が非常に厳しく犯罪歴のある者は立ち入る事さえ許されない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。