精霊術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔力の類は使わず、精霊と直接契約する事で精霊その物を使役する術。

精霊と契約すれば誰でも使える術であるため、特別な力や資質は必要ない。

敢えて言うなら、精霊に好かれるのが必要と言える。

そして、大前提として精霊と意思疎通を取る事が出来るという才能が必要。

精霊は生物とは違い、自然存在であるため力で屈服させたり無理やり動かす事は生物には不可能であるため。

精霊自ら力を貸したいと思われるような人物でなければ使えない術であるため、使用者が非常に少ない。

特に、精霊に近い存在であるエルフ族や有翼人族がこの術に長けていると言える。

何の力も必要なく、精霊の力そのものを使えるためかなり強力であるが。精霊の苦手な場所では使えないという欠点もある。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。