セラフィータ王国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ズィルバーン・シュネーの北部を有する王政国家。

特に知と信仰を重んじており王都には世界最大規模の王立図書館と教会の本部が設立されている。

神聖騎士団と呼ばれる教会が有する騎士が同じく王都の警護を行っており、民衆からも慕われている。

世界でも非常に珍しい女性君主国家でもある。

王都の付近には巨大な塩湖が存在し、その中央にはオルディエン戦役以前の有翼人文化の名残である遺跡が見られる。

また、山脈に囲まれているため自然の要塞のような形となっている。

元々は、諸国家とせめぎ合いながら存在していた国であったのだが。

現在は、北部全てがセラフィータ王国の領地となっている。

アイオーン王国とは友好国協定を結んでおり、学科規定などを共通化している。



【組織】


【地名】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。