幕庁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和道国の実質的な実権組織。

元々は和道国の軍事的な部分を担う侍たちの組織であったが、主家から実権を預かり国のトップとして君臨している。

首都に城を構え、政治的、軍事的最高権力者である大君が全ての幕庁の方針を取り仕切っている。

幕庁は、大君をトップに軍事総帥、政治大老、剣術指南役などを幹部に据えその下に多くの御家人たちが従えられている。

幕庁への登用は、基本的に侍の血筋でなくてはならず家柄などを非常に強く重視している。

学識は勿論のこと、剣術や弓術、馬術などの能力が高くなくては出世することは難しいとされている。

幕庁は、和道国首都の城内を差し他の行政区を任された者たちは幕名と呼ばれている。

基本的に、幕名の治める行政区分内の方針などは幕名のトップである名殿に一任されており幕庁自らが干渉することは少ない。

本来、幕庁は主家の名を帯びてから政治的、或いは軍事的な行動を起こすのが決まりなのだが現在はその判断すらも幕庁が実権を握っている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。