【エルフの闇堕ち】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エルフ種は、妖精族長耳族共に激しい怒りや憎悪、怨恨などを抱き捉われると。

神聖さを失い、一転して暗黒の性質に堕ちてしまうという特性を持っている。

闇堕ちしてしまったエルフは通称ダークエルフと呼ばれている。

怒りや憎悪、怨恨などが本能であり本質となる凶暴な性質の種族になってしまう。

生きるためには、動物の血液を啜らなくてはならない。特に人間の生き血はダークエルフの好物。

ダークエルフとなってしまえば、二度と元のエルフ種に戻ることはできない。

ダークエルフは、エルフ種が闇堕ちする以外にも両親のどちらかがダークエルフである場合子供は必ずダークエルフが生まれる。

エルフ種はエルフ種同士でしか交配できないが、ダークエルフも本質的にはエルフと同じなので。

ダークエルフ同士ではなく、エルフとダークエルフでも交配することができる。

生まれ持ってのダークエルフの場合、片親がダークエルフ出ない場合は残虐性が薄れており。

第二世代のダークエルフならば凶暴性や残虐性を持っていないという個体が生まれることもある。

ただし、血液を啜らなくては生きていけないという性質自体は決して変わらない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。