十傑士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界各地で名を馳せる者たちの中でも、最強の十人に贈られる称号。

一切の制約や使用する戦いの手段など一切問わず、純粋に強い者たちだけが得られる栄誉ある物。

ヴェルト中の人間の中から10人選定された者たちに、十傑士の称号と勲章が与えられる。

基本的には一度選定されれば交代することはないが、十傑士の名を懸けた決闘で敗北した場合は勝利者に交代。

十傑士のメンバーが死亡した場合は空位となり、新たな人間が選定される。

十傑士のメンバーの選定は永世中立の組織、シュタルク・ヴィルベルが決定権と称号授与の権利を持つ。

十傑士に選ばれたことで特別な報償や権利などは得られないが、闘技大会でのシード権や、

兵士団や傭兵などの出世や昇給などに大いに影響する。

また、十傑士はそれぞれ海、空、炎、氷、光、雷、地、無、鋼、樹の枠があり、

メンバーに選定される人間はそれぞれ、与えられた枠に関連する二つ名を称号として与えられる。



【メンバー】

[海] ベアトリクス・アーヴィング
五大ギルドの一つ、蒼穹の海竜の女首領。
まだ、それ程出回っていないフリントロック式の二挺銃とマスケットライフルを駆使するヴェルトの世界でも数少ない有数の銃使い。
女性ながら、銃の扱いに長けており戦場を駆け無数の敵を弾数制限を物ともせずに蹴散らす実力を持つ。
また、海戦技術が非常に高くその分野においては間違いなく世界一の腕前を持つ。
称号は [海峡の竜女]

[空] セドリック・フェルディナンド
五大ギルドの一つ、白銀の天馬の首領。
老人でありながら屈強な肉体を持ち、人の背丈ほどもある巨大な長剣を駆る凄腕の剣士。
実質、五大ギルドを統べるマスターズギルドの覇者でもあり、その実力は折り紙つき。
豪快な剣技に隠れがちではあるが、弓術にも長けており遠近戦闘をまんべんなくこなす力がある。
称号は [天空の覇者]

[炎] オリバー・ノーバート
世界各地を転々とする傭兵集団、青い暴風のエースメンバー。
大柄な肉体に、巨大なブローバを手にして戦場で駆けるその怪力ぶりは自然災害並みと言われている。
力押しの戦い方しかしない一辺倒な戦士ではあるが、それこそが彼の最強の手段。
戦闘能力は高いが、己の充足感を満たすためだけに戦っており人を人とも思わぬところも。
称号は [狂炎]

[氷] セフィリア・フォン・グランツ
セラフィータ王国の女騎士団長。
正確無比なレイピア使いで、その剣が生み出す刺突は針の穴をも通すと言われる技巧派の騎士。
剣の腕もさることながら、魔術や精霊術にも特化しており氷の精霊を従えている魔法剣士。
自分にも他人にも厳しいその姿は正しく氷の十傑士の枠に相応しい。
称号は [氷剣精緻]

[光] ジェイク・ヴァレンタイン
アイオーン王国の騎士団長。
ロングソードとナイトシールドを使う正統派の剣技を駆使する世界屈指の実力者。
魔術にも長け、光魔術に関しては一流魔術師にも引けを取らない技術を持っている。
若くして騎士団長にまで上り詰めただけあって、人柄も公明正大で最もカリスマ性のある十傑士。
称号は [光の騎士]

[雷] レイン・オズワルド
世界で唯一伯爵級のドラゴンと一騎討ちで勝利したドラゴンスレイヤー。
和道刀と華爛拳法を駆使する武術家で、人の域を超越した疾さと卓越した戦闘技巧を持つ。
生まれつき魔術が使えないが、代わりに気功を利用した帯電能力を持つ。
十傑士史上異例の最年少記録を保持しており、非力さを補う技術の高さもあり接近戦においては十傑士最強を誇る。
称号は [雷帝]

[地] ワルター・イェーツ
ウルヴァーン帝国兵士団長。
ロングスピアの使い手で、パワーとスピード、テクニック全てがハイレベルな次元で完成された老兵士。
現在は、兵士団長として最前線は退いてこそ居る者のその実力はウルヴァーン帝国随一なのは衰えず。
ワルターの槍は天地を穿つとまで言われ、敵味方問わず恐れられている。
称号は [大地の穿槍]

[無] ヘンゼル・ウィンストン
森の奥でひっそり余生を過ごすエルフの魔女。
世界でもたった5人しかいない、ウィッチィのクラスを持つ魔法使い。
世俗を嫌い、森で隠居生活をしているが魔術の知識や技量においては彼女の右に出る者はいない。
一人、延々と魔術の研究をしているようで十傑士の中でも最古参のメンバー。
称号は [虚無の魔導]

[鋼] ウォン・カーン
華爛帝国で武道を極めるトンファー使いの虎人種。
亜人でありながら、武道を追求する求道者で非常に厳格な人物。
使い手の少ないトンファーを駆る武道家で、防御に回ったその堅固な守りは攻城兵器すら跳ね返すという。
どこにも属さず、ひたすらに己を磨くために修行の旅を続けている。
称号は [頑健鋼体]

[樹] ウィノナ・クレシード
クノスペン大陸の森で自由な生活を送る女性狩人。
森で生まれ、森で育った人間でありながらも動物同然の生活を続ける逞しい女性。
狩りが生業であることもあり、動体視力に優れ弓術の正確性と連射性能は銃器を超える程。
隠密戦闘に長けており、音もなく敵を仕留める実力は戦闘においても非常に高い効果を発揮する。
称号は [神樹弓]


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。