華爛帝国の文化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクヴィ地域に展開する最大の大陸国家で、和道国と同じく特殊な文化を築く中華風の文化国。

特に料理や食文化などが発達しており、華爛料理と言えば世界中で愛されている世界的に有名な料理。

更に、絹などを使った衣類などが有名であり女性の着る華爛ドレスはスリットが入った色っぽい物として世界中に広まっている。

また、医療技術などは特に人体の構造を利用した経穴や鍼灸などほかの地域では見られない物が発達している。

更に、華爛帝国の中で伝えられている華爛拳法は非常に多種に分かれており勁と言う全身の力のロスを無くした体格が不利な人間に向いた物が多い。

騎馬部族の末裔でもあり、騎乗での戦闘を得意としているため国家兵士は騎馬技術を学ぶ事が義務づけられている。

巨大な大陸故に、多くの行政区にわかれており地方によって使われている拳法の種類や料理文化などがかなり変化する。

国家は一つの皇帝に総べられており、官僚などになるためには非常に厳しい試験を潜り抜けなくては合格できないため。

1年に1度試験が行われるのだが、試験の合格率は1%にも満たない程の狭き門であり。

国家方針や政策などは占星術や風水などをを使っているという非常に珍しい国でもあるためそう言った物が発達している。

血筋と義侠を重んじており、殆どの民族が武術を嗜んでいるため礼儀正しく非常に誇り高い民族。

華爛帝国では、年に1度宮廷料理大会が催され華爛中の料理人たちが集まりそれぞれ自分の腕をふるまう。

レベルの高い料理を食べるため、世界中の人間が料理大会に華爛帝国へと訪れる。


華爛帝国のメイン職業一覧

  • 料理人
華爛帝国と言えばやはり、華爛料理なので特に料理が盛んなため料理人が非常に多い。
民間料理から高級料理など、作る人によってかなり作られる物が違うので種類が豊富。
特に、腕のいい料理人は皇帝家お抱えの料理人として雇われるため城で住み込みで働く事が出来る。
皇帝家のお抱え料理人として認められる事は、華爛帝国の料理人の名誉であり最高峰であり誰もが目指す道。

  • 武官
華爛帝国の中でも拳法家の最も出世コースに当たる職業で、皇帝家に仕える官僚。
本国や行政区に分かれ、仕事ぶりによって転勤があり地方に左遷されることもあれば中央に昇進することも。
最も重視されるのは、拳法家としての腕前と人格であり力だけでなく義侠心もみられる事となる。
基本的には、武官にすでに仕えている同じ門派の人間の推薦が無ければなる事はできないのだが。
年に一度、各門派の拳法家たちを集めて武術大会を行いそこで実績を残したものを登用することも。

  • 文官
華爛帝国の中で、武漢と双璧を成す学者たちが目指す職業の中の最高峰で皇帝家に仕える官僚。
高い学識能力と、風水や占星学に書学など様々な学問知識に精通していなければなることが出来ない狭き門。
政治補佐や外交、統制や法律など様々な役職に振り分けられるが数がかなり少なく試験が非常に厳しい。
更に、文官の中には宦官と言う男性が性器を切り落とされた特殊な人種が務める物があるが。
これは、皇帝家の妾や妃などの世話役を重としており最も重要な役職となっている。

  • 武術家
華爛帝国では、非常に武術が盛んで触り程度も含めれば。
国民の9割以上が武術を嗜んでいるという程一般的文化として溶け込んでいる。
そのため、武術を本格的に学び指導する者というのは特に広く重宝されているためかなり数の多い一般職である。
基本的には、武術家と何かを兼用するという形が多く武術を極めた者は武官として士官したり。
あるいは、武術家として道を究めるために世捨て人のような武者修行をするような人もいる。
軍人になる他は、用心棒などをすることも多く兼業するという意味では国民の殆どが武術家ともいえる。

  • 学士
武術が盛んであると同時に、華爛帝国では学問も同時に非常に重要なものとされているので。
アイオーン王国やセラフィータ王国と同じくらいに、学問施設などが発達しており。
教育課程なども殆ど二国と同じく、各地方にそれぞれ施設が作られており学年にわかれて既定の授業を行っている。
学士とは、教育施設で子供たちに授業をする教師のような役割を持っており非常に広く募集されている。
本来、学士は学問を本格的に研究する研究者のことを指す言葉であったのだが研究だけでは食いっぱぐれるため。
副業として、教師のようなことをやっていることからいつしか教師としての側面が主流となっている。
国家認定試験を通らなくてはなることができないのだが、文官に比べればはるかに難易度は低い。

  • 医師
武術が盛んな国である華爛帝国は、合理的に人体のことを研究しておりその知識を医療技術として利用している。
薬草などを使い、調合して漢方を作ったり人体経穴を利用した鍼灸治療など他国では見られない医療技術を誇る。
更に、特殊な武術を収めた者は自らの氣を使った気功治療なども稀ではあるが施術として使う者もいる。
華爛帝国の医師は、施術を行う者だけではなく薬草の調合をしたりする薬草売りや漢方売りもこれに該当する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。