ウルヴァーン帝国の文化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土地や資源などが不足している割に、非常に文明レベルが非常に発達しており。

特に、魔導研究に力を入れているため魔導文明のレベルは世界の中でも最高峰と言われている。

魔導文明は主に兵器化、軍用化することを最重要事項としているために世界的にも非常に批判の声が大きい。

文化特色は、西部開拓時代に近く荒野や砂漠などに対応するため木造作りの建築様式が多いのだが。

西欧、東欧方面から地中海方面などの建築様式の建物ばかりの街もある。

これは、元々小国が並び文化、文明などの違っていた地域をウルヴァーン帝国が武力で支配下に置いた事で起きてしまった事。

世界的にも珍しい、多種類の文化がごちゃ混ぜになったような国として現在は成り立っている。

資源などが少ないため、産業などはあまり発達していないのだが魔導研究と同様に工業文明はかなり高いようだ。

反面、教育方面の施設は全く無いので子供たちの教育水準はかなり低くウルヴァーン人の識字率もそれなりに低い。


ウルヴァーン帝国のメイン職業一覧

  • 帝国魔導師
ウルヴァーン帝国で最も重宝される職業の一つで、帝国お抱えの魔導研究者。
資格などは必要なく、皇帝または研究所のチーフからの認可さえ下りれば誰でもなる事が出来る。
ウィザードクラス以上であることが最低限の資格であることはアイオーン王国と同じだが。
特例なども存在しており、尚且つ実力主義なため研究が思わしくない研究者は次々に解雇される厳しい職場。
その分、非常に給金が高く研究のための研究費用が惜しまれないために研究者たちにとっても快適な職場。
研究内容は、兵器化、軍用化されることが大前提とされているためそれ以外の研究は認可されていない。

  • 軍人
帝国内でも、日中に格差の大きい職業であり実力主義なウルヴァーン帝国の方針が最も顕著に出ている。
下級兵は自分より立場が上の兵士の命令には絶対に従わなくてはならず、これに背けば上官の意思一つで処刑される。
力こそが全てという理念に基づいており、大隊長クラスともなれば高官よりも給金が高く権力も非常に大きい。
上官は皇帝に背かぬ限り、部下を道具として扱う事さえも許されているため全員が必死で昇進を狙っている。

  • 傭兵
ウルヴァーン帝国は、帝国兵士団以外にも戦時は力のある者ならば傭兵への謝礼を惜しまぬために。
高い謝礼を目的にした傭兵たちが特に集まりやすい場所でもある。
特に、ギルドなどに所属することが出来ない後ろ暗い過去や犯罪歴のある者も実力があれば歓迎されているため。
特に荒っぽい無法者などが立身出世を狙って特に集まる場所でもあるのだが、競争率が高く安定した職業とは言えない。
ただし、その分活躍によっては軍人の上官の給金と同等の報酬が支払われるため高給取りの認識が高い。

  • 工業職
生産職の少ない半面、蒸気機関や魔導機関などを作る工業職などは非常に重宝されている。
当然ながら、これも実力主義が全面に出されていて結果を出した者には多額の報酬が支払われるが。
何の成果も出せない職人には、一切の報酬が支払われる事はないためやはり格差の大きい職。
仕事の危険度や量の割には、あまり元を取れる職ではなく食いつなぐ事も難しい職にあぶれたものが下働きに就く最終地点でもある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。