地域文明の違い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴェルトの世界はそれぞれ、地域や国家によって大きく違う文化を展開形成している。

概ね、形態的には実際の世界の国家レベルの違いの文化があるが言語だけは共通。

ある程度の訛りはあるが、言葉そのものが通じないという事は未開の地の非文明人でもない限りはない。

また、国柄の職業や道具、武器防具なども大きく違いがありその国の特色をふんだんに現している。



アイオーン王国の文化
西洋風、特徴的にはヨーロッパ方面の中でも西欧系の特色が強い。

ウルヴァーン帝国の文化
欧米風、アメリカ西部開拓時代のような特色が強く出た文化が多い。

和道国の文化
和風、江戸時代中期から後期のような特色が強く出た文化が多い。

華爛帝国の文化
中華風、明王朝から新王朝に近い特色が強く出た文化が多い。

タルパラ諸島の文化
アジア風、ジャワ系の漁村民族風の特色が強い文化が多い。

セラフィータ王国の文化
ロシア風、ロシアでも近世代の文化特色が多い。

リベラットの文化
北欧風、ヴァイキング時代の後期などの特色が強く出た文化が多い。

イグニス大陸の文化
内陸のアジア風、アンコール朝やマラッカ王国などの特色がでた文化が多い。

クノスペン大陸の文化
先進的文化は存在していないが、原始的な集落などは存在している。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。