ハゲ用語辞典


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ行


AGA(エージーエー)
男性型脱毛症のことです。詳しくは男性型脱毛症のところを見て下さい。



さ行


ジヒドロテストステロン(DHT)
男性型脱毛症の原因になる物質です。



た行


男性型脱毛症(AGA)
脱毛症の一種です。生えぎわが後退していく、そりこみが大きくなっていく、旋毛周りの髪が薄くなっていくという症状を示します。この症状の内一つだけが起こる人もいれば、全て起こる人もいます。第二次成長期以降に発症します。発症の原因は不明です。ただし、遺伝が関連していることが確実視されています。若ハゲは主にこの疾患が原因です。


テストステロン
男性ホルモンです。テストステロン自体には脱毛作用は無いとされていますが、男性ホルモン受容体である5αリダクターゼと結合することによって、ジヒドロテストステロンに変化し、脱毛作用を示します。



な行


ノイハゲ
ノイローゼハゲのこと。禿げてすらいない、もしくはハゲなのかどうか判断できないレベルの人が、自分の髪の毛の状態を誇張して表現したりするとこの言葉で呼ばれてしまいます。

ノコギリヤシ
DHTを阻害する効能があると言われていますが、脱毛症に対する効能は医学的には証明されてません。



は行


フィナステリド
5アルファリダクターゼの働きを阻害し、前立腺肥大症や男性型脱毛症の原因であるDHTの産生を防ぐ物質です。男性型脱毛症の治療薬として、フィナステリドを含有した「プロペシア」や「フィンペシア」という薬が発売されています。

フィンペシア
フィナステリドを含有した錠剤のことです。詳しくは別ページがあるので、そこを見て下さい。

プロペシア
フィナステリドを含有した錠剤のことです。詳しくは別ページがあるので、そこを見て下さい。



ま行


ミノキシジル
血圧降下作用を示す化学物質です。脱毛の抑制や、毛髪の成長促進作用も見られるので、脱毛症治療薬としても用いられます。毛髪に対して効果がある理由は現在不明です。ミノキシジルは体内に直接とりこむ場合は副作用リスクが高く、また重篤な副作用が起こる可能性が高いため、国内では血圧降下薬としては処方されず、脱毛症治療薬としても錠剤型では一部クリニックを除き処方されません。この成分を含む商品は、国内ではミノキシジルを含む液体を塗布する「リアップ」シリーズのみが発売されています。海外では塗布型は「ロゲイン」「ポラリス」など、錠剤型は「ミノキシジルタブレット」「ロニテン」などが販売されています。