もしものことがあったら


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海のもしもは 118 (海上保安庁)

誰かが溺れた、船が衝突した、密航・密輸かもしれない。、不審人物が出入りしている、油が浮いている、灯台の明かりが消えている。http://www.kaiho.mlit.go.jp/joho/tel118/index.htm

河川湖沼 119 (消防) 110 (警察)

誰かが溺れた、死体が浮いている、事件のときなど。

 

もしも誰かが溺れたら

まずは先ほどあげた番号に通報(このとき冷静に伝えること)

飛び込まず、周囲の人を呼び、浮くものを落水者に投げる。

もし、ペットボトルしかなくて少し遠くにいたら、中に水を少し入れて投げる。

浮き輪があればもちろんそれを使う。

タモ網を使ってつかませることは浮かせることは出来ないが、流されるのを防止できる。タモの中に浮くものを入れて渡すことも可能。

 

もし自分が溺れたら

まず、膨張式ライフジャケットを着てたら膨らませる。

発泡体でできたものなら浮いているはずなので、そのまま待つこと。

もしベストなどをきていなかったら、まずズボンを捨てる。それから服を脱いで、空気をいれ袋のようにする。もしあるなら近くの浮いているごみを使おう。

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。