本件と関係のある情報の提供はこちら


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ 本件と関係のある情報をお寄せ下さい

行政法の漏洩で始まった本件疑惑は、
採点基準漏洩疑惑・民事系模擬裁判疑惑と、とどまるところを知らない広がりを見せています。
これも、ひとえにスレッド参加者を始めとする皆様からの情報提供のおかげです。
疑惑の追及にあたる人間が多ければ多いほど、真相解明への道は近くなります。

あなたも、まだ誰も知らない情報をお持ちでしたら、こちらのコメント欄までお寄せ下さい。
また、本件に関するブログの情報や、通報先の情報も、こちらまでお寄せ下さい。

機密性の高い情報・匿名性確保を要する情報を提供したいという場合は、こちらのコメント欄にてお呼び下さい。
そのつど安全な方法で対処いたします。


■ コメント

  • https://www.ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8.php3 
    小沢一郎(掲示板上に記載しないで意見を述べることも可能です。) -- 情報収集係 (2007-06-25 17:18:57)
  • http://shinshihou.seesaa.net/ 
    新司法試験.com -- 情報収集係 (2007-06-25 18:29:10)
  • http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00113049.html 
    FNNニュース -- 情報収集係 (2007-06-25 19:37:23)
  • webtakayama@goo.jp 
    髙山さとし -- 情報収集係 (2007-06-25 19:45:13)
  • https://www.komei.or.jp/contact/index.html
    あなたの声を公明党に!
    -- 情報収集係 (2007-06-25 20:06:23)
  • 今日法務省に電話した時には民法の件も知ってたよ。
    「無限にあるストーリーの中から、なぜに慶応だけが民事模擬裁判で3年後期に
    扱った事例がそっくりそのまま本試験で出るんですか?」
    「教材は一般に事務局にあるのだから、たとえ試験委員が関与していないとしても
    本試験に用いる以上、どこかで扱った事例か否か調べるのが当然なのだから
    知っていて黙認していたってことになりますよね。」

    って言ったら、それはそうですねと。公平とはいえないと。

    「そっくりそのまま同じ事例を扱って争い方=答えを知ってる人間と
    当日初見の人間とでは勝負にならない、無効だと」伝えておきました。

    今日の3時ごろの会話です。 -- 2chより (2007-06-25 20:48:55)
  • >>67 :氏名黙秘 :2007/06/25(月) 23:55:23 ID:???
    模擬裁判の題材が問題というより
    最後の時間に懇切丁寧なアフターフォローがあったんだよな
    んでそのアフターフォローと試験問題が一致してる…

    この担当教官が分かっててやった気がしてならんのだが… -- 内部生のポロ? (2007-06-26 00:00:42)
  • でた~状況証拠:2007/06/26(火) 02:49:52 ID:???
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=450568898&owner_id=1051597

    選択科目について
    ・どの科目が有利ということはない。自分が好きな科目をやるべき。
    ・今年も小泉先生は予想をはずしました。
    ・3年生から選択変える人もいます。
    ・択一後、一発目の試験が選択科目だから、試験1週間前はみんな選択科目を勉強してた。択一やんなきゃとおもいつつも…。
    ・試験委員の授業の場合は、やったこと以外からは出ていないとおもう。特に上様は神様。来年も試験委員に残れるかなあ。
    ・選択は合否を左右しないとおもう。他の科目大事。 -- 情報収集係 (2007-06-26 02:54:35)
  • 898 :でた~状況証拠:2007/06/26(火) 02:50:48 ID:???
    普段の勉強について

    ・予習大事。
    ・復習は夏休みに勉強会でやる。
    ・基本書を1冊決めてやりこむ。刑法なら有名教授ので大丈夫。
    ・とにかく授業をしっかり受ける。模擬裁判が結構大事だった。
    ・勉強法が同じ、基本書が同じなどで集って勉強会をするとよい。てか超重要。
    ・先生をうまく利用しろ。答案も見てもらえ。 -- 情報収集係 (2007-06-26 02:55:08)
  • http://megalodon.jp/?url=http://www.imgup.org/iup407008.jpg&date=20070626030028 -- 魚拓 (2007-06-26 03:05:42)
  • 〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号
    電話 03-3264-8111(代表)
    -- 情報収集係 (2007-06-26 03:27:45)
  • 159 :がさいれ ◆IGEMrmvKLI :2007/06/26(火) 03:39:57 ID:9Q6NXz7c
    でも行政法だから頑張って三田へ。

    2B42だ、デイスタラーニングルームだと諸説乱れた教室ですが、12時半ごろ、133教室に変更になりますた。133?・・?
    よくわからないのでハマグリ君に案内を頼む(笑)古い大学の教室みたい♪(大学の教室だが)
    ゾロゾロ出てきた人達と一緒に民族大移動。
    妙に旧クラスメート多し、という状況で1号館へ。
    400人教室なんだってさー。確かにひろーーい。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=355156151&owner_id=2792527 -- 情報収集係 (2007-06-26 03:45:22)
  • 176 :がさいれ ◆IGEMrmvKLI :2007/06/26(火) 03:44:29 ID:9Q6NXz7c
    今日は、上様答練の2回目。眠いわダルイわ気持悪いわだけど頑張っていく。12時10分頃地下4階へ。

    前回180人が参加した脅威の実績を誇る答練ですが、今日も満員御礼です。
    ちょっとみんなビックリしていた。「減るかと思っていたのに」というのが共通見解(笑)
    今日も法令と睨めっこ問題と、国Ⅰ過去問題アレンジ論文を1問です。
    いや、ほんといい練習です。
    しかも上様は180人分をかなり丁寧に添削されていました。
    凄いです偉すぎちゃいます感謝感激です。
    採点は本当に大変なんだよ。
    国Ⅰなら1通400円くらいかしらね。
    バイトなら72000円稼いでいるところですよ。
    解説&コメント集もメールで毎回送ってくれるしもう何も言いません。
    上様らぶりんぐ♪

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=345705010&owner_id=2792527
    -- 情報収集係 (2007-06-26 03:48:01)
  • 258 :がさいれ ◆IGEMrmvKLI :2007/06/26(火) 04:01:05 ID:9Q6NXz7c
    今日、U様が春休み中の行政法特訓講座の説明会を催した模様。
    今年は7回程度答案練習会を開いてくれるらしい。ありがたや。
    昨年の問題と模範答案もデータで既にくれた。
    普段の問題&解説解答のデータも含めて、史上稀に見る芸の細かい試験委員だと思う(笑)

    そうそう。ロースクールも来年は早くも4年生。
    最初の3年間は文部科学省の監視が厳しく、
    当初の予定通りのカリキュラム編成しか許されなかったそうだが(この縛りもよくわかんないが。2流官僚の考えることはわけわかめ)、
    4年目の来年からはカリキュラム変更が可能になる。
    慶應も相当動くらしいよ。まず3年次の民事法総合が、隔週土曜に4時間答案練習になるようだ。
    これはいいよねー!

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=301547263&owner_id=2792527
    -- 情報収集係 (2007-06-26 04:05:56)
  • 273 :氏名黙秘:2007/06/26(火) 04:04:03 ID:???
    >>265
    そうそう。ロースクールも来年は早くも4年生。
    最初の3年間は文部科学省の監視が厳しく、
    当初の予定通りのカリキュラム編成しか許されなかったそうだが(この縛りもよくわかんないが。2流官僚の考えることはわけわかめ)、
    4年目の来年からはカリキュラム変更が可能になる。
    慶應も相当動くらしいよ。まず3年次の民事法総合が、隔週土曜に4時間答案練習になるようだ。
    これはいいよねー! -- 情報収集係 (2007-06-26 04:06:16)
  • 2006年11月07日
    23:22 要件事実的民事法総合


    精神面でグダグダなので、とりあえず、そして漸くセミナーの講義を聞き始める。まずは今日サボった労働法という事で(笑)
    ちょっと中断して、明日の民事法総合Ⅱの予習を。
    民事法総合Ⅱは会社法ベースですと?うっそーん!な問題じゃない(笑)例のペットショップ・テナント事件ですよ、名板貸類推適用の。
    で、民訴の手続をがーっと聞いている。
    ま、商法の問題というより、不法行為や債務不履行の要件事実を学ばせたいのだろう。
    さり気に主要な契約形態などの要件事実はグイグイやってるんですよね、慶應民事系。
    恐らく狙いはこっちなんだろうなと最近思うようになった。
    あとは民訴は旧試験ではあまりやらないような手続面の詰めをやらせると。民法、商法、民訴のいわゆる典型論点とかは自分でやりなさいよ、ということではなかろうかと。
    よく考えたら完璧な戦略だ。
    そして気がつけば、要件事実三巨頭の一角、T中先生が試験委員に就任された。
    ぱっと見でも慶應は随分試験委員を送り込んだもんだな。 -- 情報収集係 (2007-06-26 04:12:38)
  • http://mixi.jp/view_diary.pl?id=248840156&owner_id=2792527

    課題がどーん。模擬裁判がブロックダイヤグラム作ってこいー、
    で民事実務基礎が平常点として評価される要件事実的課題。
    つーかこれ普通に試験問題じゃないんですかね(苦笑)
    民事実務基礎は民事法総合的演習課題が多くていいですね♪大変だけどさー。 -- 情報収集係 (2007-06-26 05:05:13)
  • 管理人さんへ。
    お疲れ様です。
    もう、黙っていられないので、私は、ニューヨークタイムズに翻訳を使い送りました。
    慶応は、国際的弁護士の育成を考え、また、多数の国際的な弁護士もいます。
    英語が必修です。
    もしかしたら、ですが、海外のメディアも取り立ててくれる可能性もあります。
    漏洩情報のグローバル化を推進したいのですが、如何せん、私の能力では。
    ご興味を引く方法論でしたらと思い、投稿させていただきます。
    頑張ってください。 -- 中堅ローの者 (2007-06-26 18:29:47)
  • ありがとうございます。皆様の活躍が私に力を与えてくれます。
    真相解明に向け、努力を続けましょう。 -- まとめサイト編集者 (2007-06-26 18:49:16)
  • 本件は法曹養成における最重要課程において,誠に忌忌しき事件である。
    我々としては,今後情報収集を行い,真相解明ならびに責任追及に向けた動きを行っていこうではないか,ということになった。
    現段階では,当該考査委員の秘密漏洩罪での告発の可能性を探り,文部科学省に対しては慶應義塾大学の厳正な処分,及び法務省に対しては結果的に不利益を蒙った受験生の救済を求めて活動を展開する予定である。
    これに賛同される諸氏は,大阪市北区樺島法律事務所まで連絡されたし。
    弁護士樺島正法 -- 樺島法律事務所 (2007-06-27 02:12:08)
  • 樺島正法先生、有難うございます。
    事務所のオフィシャルサイトなど、連絡先がありましたら、
    こちらのトップページにて御紹介したいと思いますが、教えて頂けないでしょうか? -- まとめサイト編集者 (2007-06-27 02:30:41)
  • 494 :氏名黙秘:2007/06/27(水) 03:17:45 ID:???
    民主にメールした人、
    他ローの疑惑もメールしてくれ。
    これを機に一気にやった方がいいだろ。


    495 :氏名黙秘:2007/06/27(水) 03:18:20 ID:???
    おうよ。いいけど。順番待ってね。


    496 :氏名黙秘:2007/06/27(水) 03:18:59 ID:???
    民主党に入れてやるから、もうちょっと頑張ってくれ。


    497 :氏名黙秘:2007/06/27(水) 03:21:26 ID:???
    >>495
    サンクス。
    ちなみに倒産法は、期末試験との類似性が問題らしい。
    しかも2年連続。
    よろしく頼む。
    -- 倒産法疑惑も頼む! (2007-06-27 16:18:48)
  • 漏洩かどうかの判断がよく議論になってるが、いくらなんでも
    「これは試験に出ます」なんてあからさまな漏洩する馬鹿はいない。
    大抵は漏洩かどうかの解釈が割れる程度でやるだろ。

    しかし、考査委員が答案練習会をやって直前期に重要判例を指摘する
    メールを送信したのは客観的事実。植村という教授の人格云々に関係
    なくその行為に弁解の余地はない。
    その行為を黙認していた大学側、同僚教授も同罪。
    問題提起しなかった学生にも反省すべき点は大いにある。

    -- l (2007-06-27 16:29:09)
  • 今日のターゲット、よろ。

    田原総一郎
    櫻井よしこ
    小林よしのり
    宮崎哲哉(宮崎哲哉ファンサイト☆☆ニュース議論スレッド☆☆http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/study/2577/1070218835/n
    福田和也
    立花隆
    丸山弁護士
    北村弁護士
    河上和雄
    升永弁護士《裁判の天才鬼才》
    紀藤正樹弁護士《人権派弁護士の権威》
    橋下弁護士
    久保利弁護士(クボリン)(連絡をしてくれるという有志がすでに2人も!!)
    柳田幸男弁護士(ハーバードロー&東大ロー運営諮問委員、ロー運営の最高峰!)
    勝谷(ジャーナリスト)(http://www.ytv.co.jp/takajin/
    三宅久之(政治評論家、元毎日新聞記者)
    日テレ「報道特捜プロジェクト」 (もと、大物検察官、河上氏もでている)
    報道記者イマイ(日テレ記者)
    鳥越俊太郎
    田丸美寿々
    金子勝 -- 情報収集係 (2007-06-27 16:32:33)
  • 489 :お願い:2007/06/27(水) 17:21:06 ID:???
    うちの民主党議員の秘書が、このスレを読んでいるので、
    慶應ローの漏洩問題を遺憾に思っている人は、
    できるだけ中身のある書き込みに限定して書き込んでほしい
    と言っていました。
    この問題を表ざたにしたくない者が、無意味な投稿をしている
    状態にしてほしいということです。
    漏洩問題に遺憾を持っている人は、できるだけ誠意ある書き込みをするよう
    お願いします。

    外部の人間にも少しでも読みやすいスレにするように、ご協力お願いします。
    -- 情報収集係 (2007-06-27 17:50:38)
  • 慶應大司法研究室の第4回憲法(慶大K村教授出題)
    監視カメラの事案で、本試験の刑訴に極めて有益。

    -- 刑事系(刑訴) (2007-06-27 18:52:01)
  • 778 :氏名黙秘:2007/06/28(木) 00:38:23 ID:???
    答練の解説の後、
    何人かが質問のために残っていました。
    大半の生徒が教室を後にした後のことです。
    やはり、試験委員の先生ですから、かなりしつこく先生に突っ込みました。
    そしたら、入管法のこと、退去強制処分のこと、原処分主義か否かについてのこと。
    そして、くれぐれも執行停止を落とさないことなど注意してもらいました。
    択一については穴埋め問題の確認、重判ポイント、そして、Bランク程度まで100選ポイントは読むようにいわれました。
    論文憲法については詳細なことは先生自体知らなかったようで、
    住民運動による反対と行政処分の他事考量を憲法的に構成させる様な問題といってました。
    ゴミ処理施設や火葬場の事案を復習するようにといわれました。

    選択科目が今一でしたので大変助かった、しかしだからこそ落ち着こうと思い作成しました。
    少なくとも守り切れたと思っています。 -- 情報収集係 (2007-06-28 00:52:38)
  • 209 :proxy02.sfc.keio.ac.jp:2007/06/26(火) 20:47:57 ID:5v6H5k27
    >>180
    名前を出して答案構成アップするのは私の程度が知れますが。。
    商事定期売買→民事定期売買→通常の履行遅滞解除を順に検討し,
    催告と解除の年月日をネチネチと書いています。瑕疵担保は
    (これ書くと荒れるかもしれませんが)数行書いて否定しています。
    後は普通です。履行補助者の故意過失とか。
    -- 情報収集係 (2007-06-28 03:26:38)
  • 今回の事件とは直接関係ありませんが、このようなサイトを見つけました。
    これによると、これまで数々の事件もみ消しがあったとされています。
    もちろん私はこのサイトとは何ら関係がありませんので、
    真実であるかは分かりません。
    ただ事実であるならば、慶応を応援する意味で今後の改善の参考にすべきだと思います。

    悪徳慶応義塾大学を告発する
    http://homepage2.nifty.com/inachan/
    http://homepage2.nifty.com/inachan/tuika.htm -- 司法の信頼を損なう今回の疑惑を残念に思います。 (2007-06-28 21:05:26)
  • 画像ファイルをお持ちの方は、こちらのアップローダーまでお願いします。
    http://keio-ls.ath.cx/upld/ 
    このサイトでは、直接に画像ファイルを貼り付けることはできないようです。
    匿名アップローダーのファイルを魚拓に取って、それへのリンクを貼る予定です。 -- まとめサイト編集者 (2007-06-29 01:01:51)
  • 法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律(平成14年法律第139号)
    第六条 
    3 法務大臣は、特に必要があると認めるときは、文部科学大臣に対し、法科大学院につ
    いて、学校教育法第十五条第四項の規定による報告又は資料の提出の要求、同条第一項
    の規定による勧告、同条第二項の規定による命令その他の必要な措置を講ずることを求
    めることができる。
    4 文部科学大臣は、法科大学院における教育と司法試験との有機的連携を確保するため、
    必要があると認めるときは、法務大臣に対し、協議を求めることができる。

    学校教育法
    第15条 文部科学大臣は、公立又は私立の大学及び高等専門学校が、
    設備、授業その他の事項について、法令の規定に違反していると認めるときは、
    当該学校に対し、必要な措置をとるべきことを勧告することができる。
    2 文部科学大臣は、前項の規定による勧告によつてもなお当該勧告に係る事項
    (次項において「勧告事項」という。)が改善されない場合には、
    当該学校に対し、その変更を命ずることができる。
    3 文部科学大臣は、前項の規定による命令によつてもなお勧告事項が改善されない場合には、
    当該学校に対し、当該勧告事項に係る組織の廃止を命ずることができる。
    4 文部科学大臣は、第1項の規定による勧告又は第2項若しくは前項の規定による命令を行うために必要があると認めるときは、
    当該学校に対し、報告又は資料の提出を求めることができる。 -- 情報収集係 (2007-06-29 04:00:18)
  • 870 :氏名黙秘:2007/07/01(日) 16:11:16 ID:???
    KOより黒いと噂されている芋や率迷、KOと同様の手口との噂のある常置、
    毎回漏えい疑惑のある兇徒や頭、期末試験そっくりさんとの評判の飯台・・
    キチンと調査したら、考査委員や試験委員の半数はアウトだな。
    ピロシ辞任必至になるよな。
    -- 情報収集係 (2007-07-01 16:18:35)
  • 469 :氏名黙秘:2007/07/01(日) 11:28:26 ID:???
    上様が重判の判例を指摘しただけでアウトなら、
    小幡も同罪じゃねえか。
    Aランクつけたものはすべて短答か論文で問われている知識だから。
    -- 情報収集係 (2007-07-01 16:28:26)
  • 517 :氏名黙秘:2007/07/01(日) 12:26:26 ID:???
    去年の環境法は上智の環境法の期末がそのまま出たんだろ?
    上智が真っ黒だから追及できないのかwww

    もうどんだけ泥仕合なんだよwww -- 情報収集係 (2007-07-01 16:31:01)
  • 518 :氏名黙秘:2007/07/01(日) 12:26:38 ID:???
    小幡は司法試験委員会本委員
    ttp://www.moj.go.jp/SHINGI/shihou.html#meibo -- 情報収集係 (2007-07-01 16:31:24)
  • 841 名前:情報屋 投稿日:2007/07/01(日) 15:47:38 ID:???


    考査委員である一橋の高橋が答案練習会に深くかかわり、都市計画法などの判例を扱ってた模様。
    -- 名無しさん (2007-07-01 18:19:03)
  • 291 :氏名黙秘:2007/07/03(火) 01:47:43 ID:???
    >>270
    答練の問題・解説、メールで全員にまわってたの!?

    ついこないだまで
    「自分は答練には出席していない、利益受けていないのに慶應ってだけで一緒にされて迷惑」
    って慶應生が次々沸いてたよ。

    バレてなければ平気でもっともらしい嘘つくんだな・・
    -- 情報収集係 (2007-07-03 01:52:55)
  • 77 :氏名黙秘:2007/07/04(水) 21:08:05 ID:???
    http://www.keio.ac.jp/news/070704.htmlに対する質問を書いてみたので添削してくれ。

    質 問 書
    前略 
    私は慶應義塾大学法科大学院(以下「慶応LS」と略記する。)以外の法科大学院を卒業し、
    第2回新司法試験を受験した者として、同試験に際し、慶応LSの行政法教官である植村栄治教授
    (元新司法試験委員考査委員)が法務省の依頼に反し答案練習会を学内で開催し、試験に出題され
    る論点等を示唆したことに対し、当該行為が司法試験、ひいては国民の司法に対する信頼を著し
    く害することであることを表明し、平成19年7月4日付で発表された「コメント」
    (http://www.keio.ac.jp/news/070704.html)について以下の通り質問します。

    1.「慶應義塾大学大学院法務研究科は、これまで法科大学院の理念に則り、その教育を進めて
    きました。」とあるが、慶應義塾大学大学院法務研究科では、法科大学院の理念をどのようなも
    のと考えているか。合格率を上げることは理念に含まれるのか。
    2.1.で挙げた理念に「則り」、いかなる教育を進めてきたのか。試験問題を漏洩することは
    理念に則った教育に含まれるのか。
    3.「この度、植村教授が、関与が禁じられている答案練習会を開催したと法務省から指摘され
    たこと」は考査委員として軽率な行為であったとしているが、答案練習会を開催したことが軽率
    であったとの判断か、それとも答案練習会の開催を法務省に指摘されたことが軽率だったという
    判断か。
    4.司法試験考査委員が答案練習会を開催することは法務省により自粛を要請されている事実に
    ついて慶応LS当局は平成19年2月より前に知っていたか。 -- 情報収集係 (2007-07-05 00:47:46)
  • 83 :氏名黙秘:2007/07/04(水) 21:09:52 ID:???
    5.植村元考査委員が答案練習会を学内で開催していたことについて慶応LS当局はいつ知ったの
    か。それを知った際に差し止める等の措置を取らなかったのはなぜか。
    6.仮に4.について知っていて、5.で差し止めの措置を取らなかったとすれば、慶応LS当局
    として本件答案練習会を黙認したといえるのではないか。
    7.慶応LSにおいて、サークル活動、自主ゼミ、教官の主催する課外ゼミ等に際し、教室を使用
    する際には何らかの手続が必要か。必要な場合、どのような手続が必要か。
    8.7.の回答が必要な場合、植村元考査委員は本件答案練習会の開催にあたりその手続を履践
    したのか。
    9.慶応LSとしてはこのような公正を疑わせるべき行為が行われた第2回新司法試験について、
    どのような是正措置が講ぜられるべきと考えるか。
    10.本件謝罪文を一読すると、直接悪いのは植村のみであって、慶応LSの組織的関与はないから、
    慶応LSの責任は間接的なもの、すなわち監督責任に止まるとも読めるが、慶応LSは自身の責任に
    ついてどのように考えているか。
    11.そもそも、6月29日に法務大臣が記者会見をし、植村元考査委員の解任を発表したのに慶応LS
    がコメントを発表したのは7月4日であり、その間時間がかかりすぎている。ミートホープ社であっ
    ても即日コメントを発表しているのになぜ慶応LSは発表までにこのように時間がかかったのか。
    慶応LSが本件を大した問題ではないと考えたからではないか。
    12.最後に、現在は第2回新司法試験の公法系の漏洩のみが問題となっているが、それ以外の科目、
    すなわち、民事系や刑事系、及び第1回新司法試験並びに旧司法試験について漏洩または漏洩を
    疑わせる行為はなかったのか。また、現時点で把握していないとしたら調査をして公表する意思は
    あるか。

    以上質問する。

    なお、質問及び回答内容または回答がなかった旨の事実については公表する予定で
    あるのでその旨申し添える。
    以 上 -- 情報収集係 (2007-07-05 00:48:11)
  • この問題をさらに大きくしたいのであれば、去年について洗うべきだ。慶應のI先生がターゲットになっているようだが、憲法は過去に早稲田法職と同じ問題が出ているし、去年の京都大学の定期試験と1回目の新試験は酷似しており、このような点からも追及すれば新聞の一面をかざることもありうると思う。問題を持っているが提供できない。早稲田の法職は平成12年程度だったと思う。漏洩とまでは言わないが、明らかに不公正なことがわかるはず。 -- 名無しさん (2007-07-05 04:49:28)
  • 396 :スネーク部隊協会担当 ◆PvXNu/N/qw :2007/07/12(木) 23:02:57 ID:???
    ・法科大学院協会はこの事件に消極的(やはりお手盛り意識があるから)
    ・協会にはあまり情報や証拠が回っていないので事態を把握できていない
    ・文科省の調査への回答を拒否してるローがいくつかあるけど協会はそれを黙認
    ・が、どういうわけか近々協会が緊急会合を決定(弁護士会からの外圧?)

    とりあえず特定されると職を失う身の上なのでこれ以上は勘弁。

    ただ一つアドバイスをすると、
    自分の知る限り、中途半端な情報と証拠しか協会に流れてないせいか、
    去年の騒動に毛の生えた程度の認識しか持っていない様子。
    民主党が民事や刑事に関する証拠、他のローの考査委員の闇指導の証拠を握っていて、
    国会再開後には「法科大学院制度自体への疑問」というスタンスで
    追求する気でいること、を協会の方に教えてやるのが良いと思われる。

    実際に前川議員や平岡議員もローには懐疑的なわけだし、
    「国会再開までに慶應を厳罰に処さないと法科大学院制度自体が崩壊する危険がある」
    という認識を持たせれば、きっと自分達の保身のために動いてくれる。

    自分はもう受験生ではないけど、お前らを応援してるよ。
    健闘を祈る。 -- 情報提供係 (2007-07-12 23:19:03)
  • 複数のローで行われたという経済法の答練の問題を入手しました。
    どうすればいいですか? -- ACO (2007-07-16 16:42:50)
  • http://keio-ls.ath.cx/upld/  -- あぷろだにUPすれば? (2007-07-17 02:05:11)
  • ACOさん、入手された文書は紙媒体ですか?
    紙である場合は、コピーを取り、文科省や法務省・民主党に送られると宜しいでしょう。
    民主党に届けば、その件も国会追及の対象となる可能性が高いです。

    電子データになっている場合は、すぐ下にあるアップローダーをご利用下さい。
    ホストアドレスを記録しない、匿名性と安全性の高いアップローダーです。 -- まとめサイト編集者 (2007-07-18 03:08:00)
  • 紙媒体です。
    友人の書き込み等があるので少し心配しているのですが・・・
    また、試験委員が参加している答練ではなかったようなので、ただ単に問題を的中させただけなのかもしれません。
    経済法選択者ではないので、どの程度的中しているのか判断に困っているのですが・・・。
    でも、とりあえず、民主党にコピーを送ってみます。
    ありがとうございました。 -- ACO (2007-07-18 22:05:07)
  • すいません!
    僕は経済法選択者なのですごい興味あります。
    実物をぜひ見せてください!!

    今年の問題は、第一問を的中させただけなら、十分ありえることだと思うんですよ。
    でも、第二問は、傾向が結構変わっていたので、ここまで的中させていたとしたら、さすがに
    黒の可能性が高いと思います。
    僕は経済法で試験を受けたので、見せてもらえれば一応の判断はできると思います。
    ぜひ、うpしてください! -- 2ちゃんねるリークスレ61からの転載 (2007-07-20 00:54:18)
  • 民主党は参院選で忙しそうなので、現在答練について調査中である文科省にも送ってみては。
    送る前には文科省に電話して、送り先を教えてもらうといい。 -- 名無しさん (2007-07-23 01:10:53)
  • 経済法は、考査委員のいる北大で行われた闇答練が的中したらしい・・・。
    ふざけた試験だな。 -- 名無しさん (2007-07-25 02:49:50)
  • 総務省行政評価局の行政相談を利用するのはどうだろう。総務省にも話を聴いてもらおう。

    https://www.soumu.go.jp/menu_03/hyoukakyoku/gyousei/gyousei-form.html

    ここでなら、ワケワカメな理由つけて情報公開を遅らせるような法務省の行為について文句言えるかも。
    あ、それ以前に受験生を不安なままずっと放置している事について文句いうか。 -- 名無しさん (2007-07-25 19:37:34)
  • http://www.lawschool-jp.info/soshiki.html -- 非難声明をあげるべきでしょう。 (2007-07-28 03:20:22)
  • 255 :氏名黙秘:2007/07/28(土) 03:57:15 ID:???
    軽くブチ切れたんで夜中だけど確認をとってみた。

    理事達の中で刑訴や民法を含む植村以外の漏洩についても追求すべしと強く声を上げたのは、
    東大、一橋、早稲田、中央、法政くらいだったらしい。
    (結局、これらの理事が植村の調査委員に任命されて終わった)

    ちなみに、佐藤幸治は出席すらしなかったとか。
    学者はクソすぎ。

    樺島弁護士の刑事告発や選挙後の政治問題が加速することになったけど、
    是正措置については早急に何か行動に移す必要があるぞ。 -- 名無しさん (2007-07-28 03:59:26)
  • 646 :氏名黙秘:2007/07/28(土) 13:55:57 ID:???
    朝っぱらに母校の法科大学院協会理事にメールを送ったところ、速攻で返信があった。
    「事実関係が明らかにならないまま処分をすることはできないので、まずは事実関係を明らかにする必要がある」
    これが法科大学院協会の結論であるそうだ。読売の記事については否定も肯定もしていない。
    だから、植村以外の疑惑をちゃんと調べているのかどうかは不明。
    ただ、法科大学院協会による処分を前提とした調査がこれから行われること、これだけは確かなようだ。 -- 名無しさん (2007-07-28 14:57:06)
  • ACOさん、経済法の答練の冊子をうpして下さい・・・。
    お願いします・・・。 -- 経済法選択者 (2007-07-29 15:38:19)
  • 今朝の神戸新聞にも掲載されましたが,以前報道されたとおり,
    昨日,平成19年8月1日,取り急ぎ法務大臣宛に上申書を提出しました。
    この上申には既に多くの学者,弁護士,市民の賛同を得,上申書に名を連ねていただきました。
    また,今回の上申までに賛同の意志を確認できなかった関係者や
    市民の皆様につきましては,第2弾,第3弾の上申を予定しています。
    上申や告発の趣旨にご賛同の皆様は,樺島法律事務所まで御一報されたし。
    -- 弁護士樺島正法 (2007-08-02 12:22:38)
  • 4日の日経新聞で法務省発表がありました。結論はそこまでの影響はないとみて「何もしない」ですが、もしそれで万一のことがあれば一生恨みが残りそうです。影響ないわけがないと思うのでやはり是正措置をとっていただきたいですよね。 -- 匿名希望 (2007-08-04 06:40:04)
  • 法務大臣政務官
    おくの    しんすけ
    奥野 信亮
    生年月日 昭和19年3月5日
    出身地 東京都
    衆議院議員 奈良3区、当選2回
    --------------------------------------------------------------------------------
    経歴
    昭和37年 3月 慶應高校卒
    41年 3月 慶應義塾大学 工学部卒
    法務大臣政務官
    -- 名無しさん (2007-08-05 14:18:14)
  • ACOさん、経済法の答練の冊子について、民主党にコピーを送るだけでは不十分です。
    どうかここにupしてくれませんか?
    ここでうpして理論武装してからでないと通用しなそうです。
    法務省がマジメにやる気がないことは、今回の発表で良く分かりましたよね。
    -- 再びACOさんへ (2007-08-07 23:15:38)
  • 皆様おはようございます。

    本日、弁護士や議員、市民30名以上による告発状を東京地検に提出いたします.

    加えて、今般の事件は司法試験法に内在する制度的瑕疵による、
    と考えられる。したがって、法改正なくば、今回同様の漏洩が
    より巧妙になされることが懸念される。
    そこで、司法試験法改正案を用意し、関係者に働きかけていく
    予定である。

    午後3時、東京地検で会おう。

    樺島正法 -- 大阪弁護士会所属弁護士樺島正法 (2007-08-10 09:28:19)
  • ・検察に報告すべきこと

    刑訴疑惑について、ヒララキを基点とした漏洩情報の集積が行われた可能性があること。
    間接事実はヒララキの司法研答練における供述。

    樺島教授に対して、2ちゃんねる上で名誉毀損行為や侮辱行為が行われたこと。
    証拠はこのスレと前スレ。
    さらに侮辱者がアク禁になった事実があれば、
    そいつのアクセス情報を2ちゃん管理者から提供を受けて調べればいい。
    慶応関係者のホストだったら慶応爆沈。

    古いけど、学事が「塾生には何の影響もありません」と言っていた事実。
    まだ調査も始まる前に、なんでそんな事を断言できたのか。

    前々スレか前スレの最後に浮上した、植村の漏洩の動機にA組の女が絡んでいるという証言。
    ついでに合宿もやっていたそうだな。このへんも。 -- 名無しさん (2007-08-15 03:01:02)
  • 今回の問題について,いくつかの雑誌社に文書を送って真相解明をお願いしたところ,
    週刊ポストの記者から取材がきました。
    週刊ポストとしては,慶応ロー生からの生の声が必要とのこと。
    否定的な発言はもちろんのこと,植村教授やひららぎ教授,池田教授に
    指導を受けた学生から教授がどんな人柄だったかということが聞ければ,
    記事になる可能性が高まるとのことです。
    私たちは核心的な証拠を持ち合わせておらず,また取材に応じてくれる
    慶応ロー生の知り合いもいない状態です。
    当方の希望と致しましては,こちらのHPの管理人さんのご協力を
    仰げないかと考えております。
    具体的には,週刊ポストさんからの取材に応じていただき,
    いくつかの証拠と証言を提供していただけないでしょうか。
    どうかご考慮くださいませ。
    連絡先は,taichin55@mug.biglobe.ne.jp
    の大森宛でお願いします。
    どうぞ宜しくお願い致します。 -- 中央ロースクール有志一同 (2007-08-17 17:32:30)
  • 先日、匿名で慶應義塾大学法科大学院ねいで司法研究所が行なった
    答案練習会の問題と解説の一部の送付を受けました。

    今回の送付に係る資料は行政法・民事法・刑事法に関するものであったが、
    これらの資料をどのような目的で分析すべきなのかについて
    より詳細な見解を示していただきたい。

    刑事法第2問については、本試験問題と、件の答案練習会出題の
    問題とが、酷似しているという結論に達した。
    しかし、この問題「だけ」出題者の記載がなく、「問題漏洩」である
    と今の段階で判断することはできかねる。

    加えて、民事法の資料については、どこがどう類似しているのかも
    一見しただけでは判りかねる。

    関係者諸氏、至急情報提供頼む。

    m-kaba@kabashima-law.jp -- 樺島法律事務所 (2007-08-21 12:04:00)
  • 連絡ありがとう.
    新たな漏洩疑惑に,報道関係者からの問い合わせがありました.
    より詳細な情報を求めます.
    樺島法律事務所まで,情報提供求む.
    m-kaba@kabashima-law.jp -- 樺島法律事務所 (2007-08-23 15:45:58)
  • 一受験生としての感想。
    ここまで的中するのは偶然にしては、出来すぎてる。
    普通ならありえないと思う。
    仮に百歩譲って漏洩でないとしても、何らかの極めて不可解な出来事が(裏で)
    なにかあたのは疑いようがないと思う。
    月並みだが、真相解明が必要だ。
    最後にもう一度言う。偶然ではあり得ない。 -- 名無しさん (2007-08-23 17:29:54)
  • 747 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:01:51 ID:Yovb5I16
    昨日のTKCでは何か進展あった?


    748 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:05:18 ID:???
    178 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:26:51 ID:???
    米丸恒治・神戸大学法科大学院教授
    (漏洩疑惑の質問に答えて)
    第2問行政法の問題につきましては,
    事実,事案そのものを裁判例から取ったのではないかと思われるような
    非常に事実が酷似した裁判例が,大阪地裁平成18年の判決にございました。
    当初の法学セミナーの座談会の段階では,
    調査したんですが見つけだせないで座談会に臨みました。
    後からこの事案を見ますと
    事実としては設問2の回答に直結するような事案であります。



    749 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:05:55 ID:???
    180 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:27:21 ID:???
    その事案がそれぞれの大学院でどのように扱われたのか,
    そもそも扱われなかったのか,扱われた大学院があるのかどうか,
    私は調査できるような立場ではございませんけれど
    もし,仮に,たとえば,
    事案として酷似した裁判例を,たまたまやった教員がいたとしますと,
    やはり受験生にとっては,その事案を知っているか知っていないかで
    設問2の回答の難易が格段に違ったのではなかろうか
    と,この第2問の設問2については,言えるような事案でした。



    750 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:06:40 ID:???
    184 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:28:21 ID:???
    問題になっている大学でその事案に触れられたのか
    私は調査できていませんけれど,
    可能性としては,類似した案件とか,
    この分野の主要な最高裁の裁判例に意識を向けさせるだけでも,
    受験生には結果的に事実上大きな影響を与えたことは,
    否定できないと私としては思います。



    751 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:07:45 ID:???
    194 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:33:01 ID:???
    ですので,具体的に質問をいただいた方に対する答えとしては,
    本問と類似の裁判例が
    事前に法科大学院の授業や答練で扱われていたという事実がもしあったとしたら
    そのことが試験に影響を与えなかったとは言えないのではないかと
    私としては考えざるを得ないと思います。
    先ほど紹介した平成18年の大阪地裁の判決を見ていただければ,
    問いの答えとして非常にぴったりの裁判例です。



    752 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:08:41 ID:???
    196 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:33:33 ID:???
    この大学での答練で試験になるような出題が行われたということが
    問題になったのでありますけれど,
    客観的にどのようなことが行われたのかということについて
    私ども法科大学院にいる教員に対しての客観的な情報は十分明らかになっておりません。
    従って,いただいた質問に対して客観的にそれをどう評価すべき
    この場で私が意見を述べるような状況にありません。



    753 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:09:33 ID:???
    199 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/24(金) 23:34:13 ID:???
    一般論として,私個人として申し上げておきたいのは
    行政法の世界は,特に他の分野より範囲が広いです。
    作ろうと思えば,誰も知らないようなできたばかりの条例であるとか,
    法案の段階でしかないような法律についても,出題しようと思えばできる。
    材料の点で事欠かない,際限がないのが行政法分野の特徴であります。
    そういう中で出題がされていくわけですので,
    それをロースクールの教員あるいは予備校が,予測してその素材を使って教育するのは,
    そもそも不可能と言ってもいいくらいのことです。
    それぞれの法科大学院ではそういうことは期待できません。
    そういう世界ですから,
    逆に試験委員の立場に立てば,試験委員として業務に携わりながら,
    出題を検討途上にある裁判例と類似した問題を特に重点的に授業などで取り扱うようなことは,
    厳に慎まなければいけないと思っています。



    754 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:16:43 ID:???
    353 :法学セミナーTKCシンポジウム:2007/08/25(土) 00:31:19 ID:???
    米丸神戸大学法か大学院教授が紹介していた
    今年度新司法試験公法系第2問元ネタ裁判例はこれです。

    大阪地裁平成18年1月25日判決
    http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=33367&hanreiKbn=04

    ほんと問題そのまんま これを知っていれば絶対有利


    755 :氏名黙秘:2007/08/25(土) 12:22:23 ID:???
    平成19年新司法試験論文公法第2問の元ネタ裁判例である大阪地裁平成18年1月25日判決の存在が
    受験生に明らかになった。
    7月の段階では,辰巳もセミナーも伊藤塾も新司法試験解説でこの裁判例に触れなかった。

    米丸教授は回りくどく慎重に言葉を選び断定を避けている。
    慶応名指しもしていない。
    しかし慶応でこの大阪地裁平成18年1月25日判決が学生に知らされた可能性を
    暗に示唆しているのでは?
    新たな行政法疑惑出現だよ。まとめサイトに載せて欲しい。

    -- 名無しさん (2007-08-25 12:35:13)
  • それよりも先に
    TKCのシンポ自体の総括が先だろ
    後は、米丸教授自身に直接確認とってからでも遅くない

    いやそれより
    管理人は情報公開氏がKO大学広報に今回の件について
    電話した件を早く載せてほしい。 -- ↑ (2007-08-26 13:49:48)
  • 先日、民事法に関連すると思われる資料の送付を受けたが、
    これはどこの大学で使用されたものか。
    送付を行なった方、あるいは、事情を知る方、情報提供求む。 -- 樺島法律事務所 (2007-08-30 13:36:53)
  • そういえば、渋谷先生の論文にも書かれていたが、第三者評価機関は何をしているのか。文部科学省が設置するものと日弁連が設置するものがあったはずだ。ロースクール発足から三年目を迎える今年は、全てのローはいずれかの評価機関の評価を受けなければならないはずだったと思う。第三者評価機関の評価には、ロースクールの認可を取り消しに至らしめる効果があったはずだ。
    -- 名無しさん (2007-09-02 07:16:42)
  • ↑「発足から三年目を迎える今年」ではなく、「発足して三年経過した今年」の間違いです。すみません。 -- 名無しさん (2007-09-02 08:07:49)
  • 民事系の間接リークに関する情報をご提供いただき、ありがとうございます。
    私の手持ちの資料から、該当する記事を検索してみました。
    http://megalodon.jp/?url=http://www.imgup.org/iup407008.jpg&date=20070626030028 
    このMIXI魚拓を見ると、「どこかで聞いたような問題だねえ」という話のくだりは、
    慶應ローの受験生から試験についての話を聞いたあと、教員から出た発言であるようです。
    慶應ロー生が話すより前に、教員側から試験内容について「どこかでやった問題だねえ」と言ったわけではないようです。 -- まとめサイト編集者 (2007-09-02 17:29:12)
  • 慶應大学司法研修室の第1~7回までの全ての問題・解説を所持しています。まだ役に立ちますか?あまりに事態が動かないので、もしまだ役に立つならば、信頼できる方に郵送したいのですが。 -- 名無しA (2007-09-02 18:16:25)

  • 【刑事訴訟法の問題漏洩】

    慶應司法研の答案練習会は、組織的に漏洩してませんか?

    ●第6回(派遣検察官)…監視カメラ、前科立証

    ●第4回(慶大・駒村教授)…憲法の回なのに監視カメラ
    京都府学連判例、必要性・緊急性・相当性まで解説
    カメラの設置方法が複数あり、あてはめ必要

    ●第3回(慶大・平良木教授)…訴因が昨年本試験の没問題と発言。

    ※第4回は年明け1月。そろそろ試験問題が分かる時期。

    ※これが偶然の的中なら、宝くじ1等が当たるぐらいの確率。

    ※H教授は旧試験時代から漏洩疑惑があった。

    ※試験委員でなくても組織的な人脈があれば試験問題を知りうる。
    H教授は裁判官出身、慶大法のNo.1、各界の人脈も豊富。


    -- 受験生 (2007-09-02 21:51:25)
  • 管理人さん
    昨日の法科大学院協会の処分によりいよいよネタはそろい機は熟したと言えます。
    もう背に腹は代えられない事態ですし
    通報のすすめの第二弾として訴訟のすすめの特設ページを設けるべきじゃないかと。

    発表前と発表後でできる訴訟は大きく異なりますから
    とりあえず発表前に限定して原告を募るべきかと。
    訴訟をすれば十中八九勝てそうな破竹の勢いです。

    それと、忙しいと思われますがTKC総括や開示請求氏の一橋
    教授や慶應広報への電話の権もお願いします。 -- 羊示古 (2007-09-03 02:08:36)
  • 名無しA (2007-09-02 18:16:25) さん
    司法研の答練資料は、こちら宛に封書にてお送り下さい。
    発送する際には、匿名でも結構です。

    〒140-0013
    東京都品川区南大井3-23-3 PMR845
    新司法試験受験生有志

    これは、署名をつのる段階で、とりまとめ用に作成された私書箱です。
    ここに送って頂ければ、当サイト編集者の元へ確実に届きます。
    資料が到着しましたら、メールや葉書などでその旨をご連絡いたします。

    編集者宛てに送られた答練資料は、受験生有志によって漏洩の有無を検討するほかに、
    民主党をはじめとする各政党の代議士の方々や、編集者と連絡のあるマスコミ、法科大学院協会理事、
    司法試験考査委員の方々に送られ、疑惑の真相解明に役立てられることになります。

    あるいは、「この資料は慶應大学司法研で行われた答練である」という事を明記されたうえ、
    直接に民主党の前川先生・社民党の保坂先生・自民党の稲田先生などの方々に、
    直接、答練資料のコピーを郵送するという方法も考えられますね。 -- まとめサイト編集者 (2007-09-03 08:16:17)
  • 資料を送る際、相談したい事がありましたら、こちらのメールアドレスにご連絡下さい。
    98trader@mail.goo.ne.jp 
    当サイト編集者と直接に連絡を取ることが可能です。 -- まとめサイト編集者 (2007-09-03 08:54:49)
  • 鳩山法務大臣のブログへの受験生のコメントが5件に増えてる。
    みんな、頑張ってるな!!

    http://www.hatoyamakunio.org/001/2007/08/post_a710.html

    -- 名無しさん (2007-09-03 16:08:59)
  • 管理人様へ提案です。
    受験生の意見を鳩山先生のプログに集中砲火して、関心の高さを見せつけるべく、
    まとめサイトでも働きかけてみませんか? -- 名無しさん (2007-09-03 17:49:08)
  • 鳩山邦夫法務大臣 ホームページ コメント欄
    http://www.hatoyamakunio.org/001/2007/08/post_a710.html#comments

    コメント書き込んできたけど
    いったん内容チェックの後掲示するみたいだ。

    メルアドなしで投稿できるようだ。よくわからないで2回投稿してもうた。
    みんながんがんとりあえずコメントせよ。 -- 名無しさん (2007-09-04 01:21:58)
  • 今一度 アクションを とのメール
    ありがとうございます。

    なにしろ 新任の国対委員長となり
    現場の法務関係を 離れていますが
    千葉景子議員や 小川敏夫議員にも
    早速 ご趣旨を伝えて 何らかの
    動きを出してくれるよう
    お願いしてみます。

    ちょうど軽井沢で研修中
    みんな 一緒にいます。

    簗瀬進  -- 今朝、簗瀬先生からご返信いただきました。 (2007-09-04 09:02:59)
  • 検事・裁判官経験後,弁護士小川敏夫議員 info@ogawatoshio.com
    民主党総務委員長千葉景子議員 tomato@cyberoz.net 

    ○小川敏夫第153回7号  司法制度改革推進法案(2001年10月31日)
    私は、民主党・新緑風会を代表して、ただいまの法案に対し質問いたします。
    司法は、立法、行政と並び三権の一つを担うもので、法の支配の理念に基づき、日本国憲法のよって立つ個人の尊重と国民主権を真の意味において実現する役割を担う民主主義の根幹をなす部門であります。
    日本国憲法制定から五十余年を経た今日、司法がその基本理念に基づく役割を真に担うことができるよう制度の改革に取り組みがなされることは十分に意義があるもので、民主党・新緑風会も真の改革の実現のために積極的に取り組む考えでおります。
    ところで、司法の改革を論ずる上において基本的な議論は、司法が本来果たすべき機能と役割を十分に果たし得ているかを検証することが最初です。
    司法は、具体的事件、争訟を契機に、法の正しい解釈、適用を通じて当該事件、争訟を適正に解決して、違法行為の是正や被害を受けた者の権利救済を行います。そしてまた、行政の違法行為などから被害を受けた者の権利救済など、行政の行き過ぎ等の誤りから国民の権利を守る役割が課せられているのです。あるいは、公正な手続のもとで適正かつ迅速に刑罰権を実現して、ルール違反に対処するとともに、政府の恣意的な刑罰権等の行使により国民が不当な不利益をこうむることがないよう、国民の権利を守る役割が課せられております。
    今、私たちが司法の改革を論ずるに当たっては、まず第一に、ただいま述べた司法に課せられた役割を司法が十分に担い得ていたのかを検証し、司法がこれを十分に担い得ていないのであるとするなら、その原因と対策を論議、検討し、その役割を十分に担い得る司法制度に改革すべきを論ずるべきであります。
    司法制度改革審議会の意見書は、「裁判所は、これらの権限の行使を通じて、国民の権利・自由の保障を最終的に担保し、憲法を頂点とする法秩序を維持することを期待されたのである。裁判所がこの期待に応えてきたかについては、必ずしも十分なものではなかったという評価も少なくない。」と述べ、慎重な表現ではあっても、司法が司法に課せられた役割を十分に担い得てきたかについて疑問を呈しています。
    そして、同意見書は、「身体にたとえて、政治部門が心臓と動脈に当たるとすれば、司法部門は静脈に当たる」とし、静脈の規模及び機能の拡大を図る必要があるという場合、「その中に、立法・行政に対する司法のチェック機能の充実・強化の必要ということが含まれていることを強調しておかなければならない。」と述べ、司法の本質面においての改革の必要性を強調しています。
    本法案は、第一条の「目的」において、「この法律は、国の規制の撤廃又は緩和の一層の進展その他の内外の社会経済情勢の変化に伴い、司法の果たすべき役割がよる重要になることにかんがみ」、司法制度改革を推進することを目的とすると規定しています。
    社会経済情勢の変化に合わせ司法制度を改革することが必要であることは認めますが、審議会の意見書が、司法制度改革の根本的な課題を、「法の精神、法の支配がこの国の血肉と化し、「この国のかたち」となるために、一体何をなさなければならないのか」、「日本国憲法のよって立つ個人の尊重と国民主権が真の意味において実現されるために何が必要とされているのか」を明らかにすることにあると設定していることに表現されるところの、司法の本質面においての改革の目的は一体どこに行ってしまったのでありましょうか。
    右に述べた司法の本質面における改革の措置を講じた上で、さらに社会経済情勢の変化により必要とされる改革を論じるべきであるのにかかわらず、司法の本質面における改革が置き去りにされた上での社会経済情勢の変化により必要とされる改革のみを論じる本法案の目的は、司法制度審議会が求めた司法の本質面における改革の精神を歪曲し、単に経済事情からの要請に応じた改革にとどめようとの意図が図らずも露呈したものであるという批判にどう答えるのでありましょうか。
    これでは、今、真に必要とされる司法の本質面における改革はなおざりにされたまま、規制緩和のかけ声のもと、弁護士の数をふやすだけで改革が片づけられてしまうのではないかとの危惧を感じるのは果たして私だけでしょうか。
    そこで、司法制度改革推進本部長となる総理大臣にかえて、官房長官にお尋ねします。
    本法案第一条「目的」にある「国の規制の撤廃又は緩和の一層の進展その他の内外の社会経済情勢の変化に伴い、司法の果たすべき役割がより重要になることにかんがみ」の条文の意味することを御説明ください。
    右の条文は、司法制度改革審議会の意見に一定の枠をはめ、これを制限するものであっては決してなりませんが、審議会意見に枠をはめるものでも、これを制限するものでもないことをお約束してください。
    本法案は、審議会の意見の趣旨にのっとって行われる改革を推進するものですが、審議会の右意見を最大限に尊重して諸施策を講じることを約束してください。
    次に行きます。
    審議会の意見は、立法、行政に対する司法のチェック機能の充実強化の必要性を強調し、「行政に対する司法のチェック機能については、これを充実・強化し、国民の権利・自由をより実効的に保障する観点から、行政訴訟制度を見直す必要がある。」と断じております。ところが、本法案第二条「基本理念」、第五条「基本方針」の中に行政訴訟制度の見直しに直接触れた部分がありません。
    そこで、法務大臣にお尋ねします。
    行政訴訟の見直しを行う考えはありますか。行政訴訟の見直しは本法案が推進する司法改革の中に含まれますか。第二条「基本理念」、第五条「基本方針」の中で、行政訴訟の見直しはどのように位置づけられ、法文のどこに示されているのですか。
    次に行きます。
    審議会の意見は、違憲立法審査制度についても触れ、あわせ、「最高裁判所裁判官の選任等の在り方についても、工夫の余地があろう。」と指摘しています。
    そこで、法務大臣にお尋ねします。
    違憲立法審査権を機能させる方策及び最高裁判所裁判官の選任等のあり方の工夫について、本法案の基本理念と基本方針ではそれぞれどのように位置づけられているのでしょうか。それらは、法文上、どのように示されているのでしょうか。それらについて、今後どのように取り組むお考えでしょうか。
    司法制度改革審議会は、「国民のための司法を国民自らが実現し支えなければならない。」と述べ、国民が統治主体、権利主体として司法の運営に主体的に参加することを求めております。その実現の一つとして、裁判員制度の導入を提案しています。ただいま述べた趣旨から、国民がわきにいるだけの制度ではなく、国民が主体となって判断する裁判員制度の導入が必要であります。
    そこで、法務大臣にお尋ねします。
    裁判員制度の導入に当たっては、国民が統治主体として主体的に参加する裁判員制度を導入する考えでいますか。
    先般、今国会において成立しました自衛隊法改正案では、秘密漏えいに関する規定の改正部分について、非常に重大な内容の改正点でありながら、政府・官僚によってその重要性についての説明が隠されたまま審議に入ってしまったという声が多くあります。
    私は、国民の権利の最後の守りである司法の改革において、重要な事項が国民の目から隠されたところで論議されたり、議論の方向が恣意的に左右されたりしては決してならないと思います。このためには、司法改革の推進体制が国民の前に開かれた、そして自由で公正な論議のなされる場でなければならないと考えます。
    そこで、官房長官にお尋ねします。
    本法案によって設置される司法制度改革推進本部の透明性及び公正さの確保のために、具体的にどのような施策を講じる考えでおりますか。
    そして、推進本部事務局に、司法及び行政の職員だけでなく、日本弁護士連合会やその他の関係団体の推薦する弁護士やその他の者をなるべく多く配置すべきと思いますが、その点はどうですか。事前に聞いたところでは、五十数名中、弁護士が四、五名配置されると聞いていますが、それでは少な過ぎますので、弁護士をさらに増員してください。
    裁判を受ける立場で司法にかかわる国民一般の声を反映させるため、事務局に民間人も配置するのが適切と思いますが、この点はどうですか。
    あわせ、法務大臣にお尋ねします。
    本法の規定によらないで顧問会議及び検討会議を設置すると聞いていますが、どうですか。
    顧問会議及び検討会議のメンバーはどのような構成を考えていますか。
    顧問会議には日弁連会長や民間人なども参加させるのが好ましいと思いますが、その点はどうですか。検討会議にも弁護士や民間人を多く参加させるべきと思いますが、その点はどうですか。
    推進本部下の各会議や検討会の議事を公開して行うべきと思いますが、その点はどうでしょうか。
    次に行きます。
    本法第四条では、日弁連に協力義務を課しています。
    そこで、法務大臣にお尋ねします。
    協力義務の内容について説明してください。日弁連の独立性を害することにはならないでしょうか。
    次に行きます。
    男女共生は今日の我が国社会の基本であります。
    そこで、これまで男女共生社会構築に努力してこられた法務大臣にお尋ねします。
    今回の司法改革に当たり、ジェンダーバランスの採用についてお考えをお聞かせください。
    次に行きます。
    今回の司法改革の大きな改革点の一つは、法曹養成制度の改革にあります。
    これまでの司法試験及び司法修習による法曹養成制度を改革するのは、単に法曹の数を増員するためだけに行うのではありません。改革の本質は、現行制度が法律知識に偏った知識の試験と技術の習得の養成制度であったため、幅広い識見と豊かな人間性そして倫理観を備えた法曹人の輩出に不向きであったことの反省から、単に法律知識の試験や法廷技術等の習得にとらわれないで、幅広い分野から人材を集め、人間性豊かな法曹を育成するための教育を行う制度の確立を目的として法科大学院制度の創設が推進されるべきものであります。
    したがって、これから設置される法科大学院は、法学部履修者だけを対象としたものではなく、法学部以外の学部と分野から幅広く入学者を選考する必要があります。このためには、法学部を履修した者を前提として二年制の法科大学院を設置することは好ましくなく、これを三年制にして法学教育を最初から受ける者が対応できるようにすべきであり、司法制度改革審議会の意見も同様であります。
    法科大学院を設置予定の大学では、既設の法学部履修者を対象として既設の大学院を手直しする程度で法科大学院を設置する動きもあるように仄聞しますが、このような法科大学院では法曹養成制度の改革の趣旨が失われてしまいます。
    そこで、法務大臣にお尋ねします。
    法科大学院は法曹養成に特化した教育機関でありますので、文部科学省ではなく、法曹三者などで構成する国家行政組織法三条による委員会を設立し、その所管とするべきと考えますが、いかがですか。
    法科大学院設置に当たっては三年制を原則とする方針を採用するべきと考えますが、その予定でおりますか。
    法学部履修者に限らず、幅広く人材を集めるためにどのような方策を検討しておりますか。
    また、文部科学大臣にお尋ねします。
    従来の大学院と法科大学院の関係をどのように整えていく考えでありますか。
    次に行きます。
    小泉総理は、米百俵の精神を掲げております。司法改革にもその精神を発揮し、すぐれた法曹の輩出のため十分な予算措置を講じるべきと考えます。
    そこで、官房長官にお尋ねします。
    司法改革に対する十分な予算措置を考えておりますか。また、経済的困窮が理由で法曹になれないということのないよう、困窮者に対する支援措置を考えておりますか。
    最後に、民主党は、司法の本質を見据えた改革の提言をまとめ、法曹人口の増大、法曹一元の実現、陪審制など国民の司法参加の促進、行政訴訟制度の改革、家庭裁判所の改革、司法アクセスの改善、裁判の適正迅速化、裁判以外の紛争解決手段の拡充、司法行政の適正化、法科大学院構想、隣接専門職種の参加などを提案しております。
    今回の司法制度改革審議会の意見には一部に不十分な点もありますが、民主党が提案する司法改革へと改革する方向にあるものであり、民主党はこれを高く評価しております。
    司法制度改革審議会の意見による改革が正しく実現されることを期待するとともに、民主党はさらなる改革の実現に努力していくことを述べます。
    そして、答弁によりましては再度質問に立つことを申し添えた上、私の質問を一応終わります。(拍手)


    ○森山眞弓国務大臣

    小川議員にお答え申し上げます。
    まず、私に対する質問の最初は、行政訴訟制度の見直しについてでございました。
    行政訴訟制度の見直しは、第二条に言う構築すべき司法制度の中に含まれていることはもとよりでございますし、第五条第一号に掲げる民事に関する裁判所における手続の一層の充実及び迅速化等の中に含まれておりますので、本法案により推進される司法制度改革の中において所要の検討を行ってまいりたいと考えております。
    次に、違憲立法審査権を機能させる方策及び最高裁判所裁判官の選任等のあり方等についてお尋ねがございました。
    本法案は、その第二条において、「基本理念」として、より適切かつ実効的にその使命を果たすことができる司法制度の構築及び司法制度を支える体制の充実を掲げ、第五条において、「基本方針」として、裁判所における手続の一層の充実、裁判官の能力及び資質の一層の向上のための制度の整備等をうたっております。御指摘の点につきましては、法文上はこれらの内容に含まれます。
    これらの点につきましては、司法制度改革推進本部設置後、このような基本理念及び基本方針を踏まえ、司法制度改革審議会意見を最大限に尊重いたしまして所要の検討が進められていくものと考えております。
    いわゆる裁判員制度についてお尋ねがございました。
    司法制度改革審議会の意見を踏まえ、広く一般の国民が裁判官とともに責任を分担しつつ協働し、裁判内容の決定に主体的、実質的に関与することができるような制度の設計に取り組んでまいりたいと考えております。
    顧問会議及び検討会議の設置、それぞれのメンバー構成、議事の公開等についてお尋ねがございました。
    顧問会議のようなものを設けることや検討会を開催することについては、官房長官からも申し上げるかと存じますが、これらの会議のメンバーについては、多くの民間人に参加していただくことは当然のことと考えておりますが、それぞれの役割に照らして適任の方にお願いできるよう、その構成にも十分留意しつつ、今後人選が行われていくものと考えております。
    これらの会議の議事の公開につきましては、そこに集まっていただく方々の御意見を伺いながら、できるだけ公開の努力がなされる必要があるものと考えております。
    日弁連の協力義務の内容や日弁連の独立性に与える影響についてお尋ねがございました。
    弁護士は司法制度を支える重要な存在であり、日弁連は、司法制度改革審議会の意見の中で掲げられた弁護士や日弁連にかかわる改革課題について、推進本部と連絡調整をとりつつ、その実現のため必要な取り組みを行っていくことが求められるわけでございます。この取り組みは、第二条に定める「基本理念」にのっとり、日弁連みずからの立場と責任において行われるものでございますから、日弁連のいわゆる独立性を害するものではございません。
    司法制度改革に当たってのジェンダーバランスについてまたお尋ねがございました。
    司法制度改革の推進体制やこれからの司法を担う人的体制のあり方につきましては、男女を問わず、これにふさわしい能力、識見を備えた方々に御活躍いただく必要があると考えております。
    法科大学院の所管についてお尋ねがございました。
    司法制度改革審議会意見では、法科大学院は学校教育法上の大学院とすべきであるとしておりまして、大学院を含む大学教育の振興等をつかさどる文部科学省の所掌とすることが適当と考えられますが、法科大学院に関する制度の立案や運用に当たりましては、法曹関係者も含めた幅広い意見が適切に反映されることが重要であると考えております。
    法科大学院の修業年限についてお尋ねがございました。
    司法制度改革審議会意見は、法科大学院の標準修業年限を三年とする一方で、法律学の基礎的な学識を有すると法科大学院が認める者については、短縮型としての二年での修了を認めることとすべきであるとしておりますが、この趣旨は、修業年限を二年のみとする法科大学院を想定してはいないものと考えられます。
    今後、関係機関と連携しつつ、二年短縮型の要件等も含め、具体的な制度設計を検討してまいりたいと考えております。
    法科大学院に幅広い人材を集めるための方策についてお尋ねがございました。
    司法制度改革審議会意見では、二十一世紀の法曹には法律以外の分野を学んだ者を幅広く受け入れていくことが必要であるとの観点から、法科大学院においては法学部以外の学部の出身者や社会人等を一定割合以上入学させるなどの措置を講ずるべきであるとしております。
    今後、このような提言の趣旨を踏まえまして、関係機関と連携しつつ、法科大学院に関する具体的な制度設計について検討してまいりたいと考えております。
    以上でございます。


    ○福田康夫国務大臣 

    小川議員の質問にお答えします。
    まず、第一条の条文の意味についてお尋ねがございました。
    第一条は、司法が法の支配の理念に基づき、国民の基本的人権を擁護するなどの役割を担っていることを当然の前提とした上で、規制緩和等の内外の社会経済情勢の変化に伴って、このような司法の果たすべき役割の重要性がより一層増大することにかんがみ、司法制度改革を推進することを本法案の目的とする旨規定したものでございます。
    次に、第一条と司法制度改革審議会の意見との関係についてお尋ねがございました。
    第一条は、司法制度改革審議会の意見の趣旨にのっとって行われる改革の内容に枠をはめたり、これを制限したりするものではございません。
    次に、司法制度改革審議会意見の尊重についてお尋ねがございました。
    政府は、本年六月十五日に閣議決定した司法制度改革審議会意見に関する対処方針において、同審議会意見を最大限に尊重して司法制度改革の実現に取り組むこととしており、この方針に従って所要の施策を講じていきたいと考えております。
    次に、推進本部の透明性及び公正さの確保についてお尋ねがございました。
    推進本部には有識者による顧問会議のようなものを設置することを考えているほか、立案に当たりましては、幾つかのテーマごとに、学者、実務家、有識者等による検討会を開催する必要があるのではないかと考えております。
    このような対応を行うこと自体により、司法制度改革推進過程の透明性と公正さの確保も図られることとなるものと考えておりますが、さらに、できるだけの情報公開を行うとともに、国民各層からの御意見にも十分に耳を傾けつつ改革を進めてまいりたいと考えております。
    次に、推進本部事務局に弁護士、民間人を配置すること等についてお尋ねがございました。
    司法制度改革推進本部事務局につきましては、内閣の責任のもとに、政府全体として司法制度改革審議会意見の趣旨にのっとった司法制度改革を迅速かつ確実に実現していくことができるよう、これにふさわしい体制を整備していきたいと考えております。
    このため、関係省庁等から派遣される者だけでなく、弁護士や多様な知識、経験を有する民間人の積極的な活用を図ることを検討してまいりたいと考えております。
    次に、司法制度改革に対する予算措置についてお尋ねがございました。
    今般の司法制度改革におきましては、二十一世紀にふさわしい質、量ともに豊かな法曹の養成が実現できますよう、所要の予算を確保し、司法の人的基盤の充実強化に努めてまいりたいと考えております。
    最後に、経済的困窮者に対する支援措置についてお尋ねがございました。
    司法制度改革審議会意見は、資力のない人等にも法曹となる機会を実効的に保障できるよう配慮すべきであるとし、法科大学院につきましても、奨学金等の各種支援制度を十分に整備、活用すべきものであると提言しております。
    今後、こうした提言の趣旨を踏まえ、関係機関と連携しつつ、所要の検討を行ってまいりたいと考えております。


    ○遠山敦子国務大臣

    小川議員の御質問にお答え申し上げます。
    従来の大学院と法科大学院の関係についてのお尋ねでございますが、法科大学院は、新たな法曹養成制度の中核として法曹養成に特化した実践的な教育を行う大学院として設置されるべきものとされておりますが、従来の研究後継者養成型の大学院との併存や法曹以外の職種を想定したカリキュラムを持つコースとの併設なども可能と考えられます。
    このように、法科大学院を含めた大学院を全体としてどのようなものとするかにつきましては、各大学の創意工夫を促しつつ、新たな時代にふさわしい日本の法学教育及び法曹養成教育のあり方にこたえられるものとなるように十分に検討してまいるべきものと考えております。
    -- 名無しさん (2007-09-04 09:15:50)
  • ↑なぜかなり昔の議論をこんな長い引用で書き込むのか。他の情報がわからなくなる。ロー発足時の理念を書きたいなら、要旨をまとめるか、参照の形にすべきだ。管理人さんにはお手数ですが、
    上の引用を削除していただきたい。 -- 名無しさん (2007-09-04 15:22:15)
  • 前川や民主党に連絡とれる人、国政調査権を発動するようにお願いの連絡をしてください。

    -- 名無しさん (2007-09-05 20:37:34)
  • 国会始まってないのに無理だって馬鹿

    仮の差止め使う訴訟しかないんだよ。事前の救済方法は -- ↑ (2007-09-05 22:52:01)
  • 今、本気で訴訟提起
    を考えたいと思っています。まとめサイトの意見コーナーの最後のところに意図を書き込みました。専門家のかた、できるだけ回答をいただけると助かります。まとめサイト意見コーナー
    http://www34.atwiki.jp/vipepper/pages/33.html?PHPSESSID=84ade4d221c8e3ca2f52d6d971cccea1&flag_mobilex=1 -- 名無しさん (2007-09-05 23:36:03)
  • 読売新聞6日朝刊13面で、元最高栽調査官で現在法政ロー教授の木谷明氏がコラムで意見を書いています。かなり法務省を強く批判しています。ここまで強く法務省の対応を批判した記事はなかったのではないかと思います。 -- 名無しさん (2007-09-06 04:34:48)
  • 今朝の朝日新聞に愛知大学教授(榎本修氏)が投稿

    18面
    -- 今朝の朝日新聞 (2007-09-07 09:42:07)
  • http://yuukinohan.exblog.jp/6116930/&br()
    管理人に緊急の用事があるって コメント欄参照 -- motto (2007-09-09 17:33:44)
  • (アクセス禁止となった荒らしとプロバイダーが同じらしく、現在2ちゃんねる
    に書き込めませんので、こちらで報告します)
    昨日、ネット上で訴訟提起の話が出ていたため、応援と情報交換ができればと、
    正午東京地裁に行きました。首尾よく600氏と会うことができましたが、
    参加者は数名。他にも参加希望の方は居られたのかもしれませんが、お会い
    できませんでした。
    12時10分には他の場所に移動していたこと、我々がスーツで受験生に見え
    なかったことなども会えなかった原因かもしれません。
    会えなかった方申し訳ありません。

    私自身、合格したならば、その後の国賠提起は考えたことはありましたが、発表前
    の仮の差止めは準備期間その他の事情等々から難しいと思っておりました。
    600氏も同じ考えでありました。国賠の可能性等々につき情報交換し解散いたし
    ました。

    受験生という不安定な身分でありながら、訴訟提起の可能性を探られた600氏
    の勇気に感じるところがありました。ただ、発表前の差止めに期待をかけていた
    だいた方には、大変申し訳ないと思っています。 -- 本日東京地裁に集合した者 (2007-09-10 14:39:28)
  • 追記
    本日地裁に集合した者です。「新司法試験差止訴訟 訴状案検討スレ」の>>853、「新司法試験考査委員による出題リークの件100」の>>271が真の600氏である点につき保証いたします。
    また、私が書き込めないのは、一昨日からなのであって、600氏とはまったく関係はありません。2ちゃんねる上には、工作員がアドレス聞き出して書き込み禁止にしただのと噴飯物の書き込みがありますが、当然、そのようなことはありません。
    分断工作も堂に入ったものです。私達が相手にしている連中が「息を吸うように嘘をつく」連中であること再認識させていただきました。
    -- 本日東京地裁に集合した者  (2007-09-10 22:42:35)
  • お前は数名キタといってるが271では2名しかいないと
    書いてる。この齟齬はどう説瞑するんだ。
    当初の予定では二弁に逝くといってたが止めたのはどうしてだ
    600がかたくなにトリップつけないのはなぜだ。600のせいで混乱しているんだぞ
    お前が教えろ
    最後に担保要求されたと言うことだが誰にだ?
    またいくらだ?
    審尋せずに要求されることなどあり得ない。

    以上について答えろ。回答は代わりに転載してやる。 -- 工作員じゃないなら以上について説明しろ (2007-09-10 23:15:23)
  • 【ついに短答試験の漏洩が新聞に!】
    http://www.asahi.com/edu/news/TKY200711100266.html

    植村教授は、憲法考査委員から出題を聞き、
    学生に出題判例をメールしている。

    植村教授に漏洩した憲法考査委員とは、誰か?
    漏洩をしたのは、この2人だけか?
    慶應には、もっと陰湿な漏洩がある。
    内部生には周知である。
    証拠が挙がれば、もっと大事になるだろう。
    -- 匿名 (2007-11-11 22:00:53)
  • ブログ
    http://hugetu.blog.ocn.ne.jp/blog/2007/11/post_ec30.html) -- 名無し (2007-11-13 14:24:58)
  • 慶應法科,慶應全体の問題になるからw -- 名無しさん (2007-11-18 16:15:19)
  • 司法という先に見える職業上、だめだろw
    不正行為のあった慶應法科はw
    うちの会社にも迷惑かかるし、この事件長引いたり、大きくなると、
    今後の慶應の大学自体のレベルにもかかわるから。
    慶應院だけじゃなくて学部卒の人間にまで迷惑かかるからいい加減
    今回の件でやったことは白状して。
    by 慶應卒社会人 -- 名無しさん (2007-11-18 16:19:43)
  • 司法試験という試験の性格上、その先に見える職業は公正なものであるべきだから、困るんですが。
    ここの関係の方が居る企業とは取引が安心して出来ないから困るんですが。
    法科はこういう事実が出てるんだから、白状したら?
    私たち慶應学部卒の一般社会人にまで迷惑かかるからやめてよね。就職とか悪くされたら本気で訴えるから。 -- 名無しさん (2007-11-18 20:36:33)
  • 多くの他の大学でも試験考査委員でないにせよ、合格間もない
    実務家を招いて答案練習会を行っているのになぜ慶応義塾だけやり玉にあげられ
    るのか、疑問を呈します。他の大学の疑惑も調査してみてください。 -- 名無しさん (2008-11-12 17:58:23)
名前:
コメント:


皆様からの情報をお待ちしています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。