ヴォーゲンブルク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ヴァルトリエ最大の港湾都市。
主にセフィド神聖王国と船による貿易を行い、外貨獲得に貢献している。
セフィドへの輸出品は帝国謹製の工作装置、家電、家庭調度品等の工業製品や、魔導科学の産物等。
セフィドからの輸入品は、小麦、野菜、羊肉等の食料品と石油、鉄鉱石、銅鉱石等の資源がある。

大規模な輸出入に耐えられるだけの大きな倉庫群があり、いつも港湾設備の係員や人足が忙しく働いている。
ここで集められた物資は、帝国横断鉄道によって帝都へと運ばれる。
特に食材の輸入量はヴァルトリエ一であり、食文化も国内随一であることから、「ヴァルトリエの食卓」とも呼ばれている。

基本情報

1.[地区分]
ヴァルトリエの最西端、西温帯地域のセフィド海峡に張り出している半島に位置する。
少し北に行くと、岩塩採掘都市ヴァルツ・ライヒェンヒルがある。
また、ヴァルトリエ横断鉄道の西側終着点でもある。

2.[地形、気候]

(考え中・・・誰か書いてくれると助かります)

3.[産業、名産品等]

(考え中・・・誰か書いてくれると助かります)

4.[領民]

(考え中・・・誰か書いてくれると助かります)

5.[統治]

(考え中・・・誰か書いてくれると助かります)

6.[軍隊]

(考え中・・・誰か書いてくれると助かります)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。