ヴァルトリエ緑化公園


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴェストリ地区


(ドイツ語発音で 「西の帝都付近の町」=ヴェスタ+トリエ→語尾省略→ヴェストリ)

この地域に 「ヴァルトリエ緑化公園」 がある。

一応西大平原区画の中だが、東京ディ●ニーランドが東京の外にあるように
その由来にはこんなやりとりがあった。
皇帝陛下「そなたの希望は認めるが、環境保全派と科学推進派で内輪モメという仲違いは避けたい。科学者達のメンツも立ててやれ。 主要研究所からは離れた場所にするがよかろう。」

アイン「草木が健常に育成できる環境、、と同時に環境破壊で苦しむ都市部の事情も調査できる位置に建立しなければ『環境改善の効果』が測れません。 これらを総合的に鑑みるに・・・ 帝都ど真ん中でもなく、あまりに辺境でもなく・・・なおかつ寒冷のわが国においては比較的気候が温和・・・」

軍部高官「おそれながら・・オーラム・イズレーン最前線からは距離を離したほうが・・念を入れまして安全かと存じます・・!」

アイン「成果の情報取得・・報告を逐一してもらうことになりますので、帝都からあまり離れてしまっても困るのです。 しかし、交通の便がよければ『帝都城下区内』に無理にこだわらずとも実現可能・・・か・・。」

妖精ジル「私は正直、政治に疎い一介の精霊です。国内のあらゆる情勢を照らし合わせて知恵をまとめあげるご判断はそちらにお任せします。 でもこんなにも真剣に公園計画を考えてくださる上層がいてうれしい・・。」

皇帝陛下「追って下知する。 任されるのはこの身の運命と心得ておる。どれ、ひとつ知恵を絞ってみるとするかな・・。」
こんな相談の結果、上記の土地が確保され・・前周期において建造、もろもろの人々が噂を聞きつけ立ち寄ったということです。

帝都中心からの訪問と思われるキャラが数人、気軽に訪れていたということもあって、公園付近と帝都近郊西区をつなぐ交通の便は発達しており利便性に富んでいます。
また、ど真ん中でないゆえに「物価が中央に比べて低く、食材、日用品などをそこそこ安価で手に入れるのに都合がいい」といった生活感のある中規模都市の雰囲気を持つ地域です。


【名産品】黄金リンゴ・黄金リンゴ酒
ヴァルトリエ緑化公園、初期建設スレ(3期序盤)において、企画参加者からの要望で
植えられたリンゴの株。 魔力による品種改良によって、金色の淡い光を放つ。
もともとは景観向上のためのリンゴの木だったゆえ、このリンゴの木に成った実のうち、
鑑賞に向かない 形のふぞろいなものは庭師が刈り取っていた。
その取り払った黄金リンゴを活用するカタチで、瓶詰めの果実酒として生成しているのが
「黄金リンゴ酒」である。


【名産品】ジャム
(8期)ヴァルトリエ緑化公園、栽培園にて収穫した果物を煮込んで作った手作りジャム。
あんず、ブルーベリー、いちご を用意したつもりだったが、
いつのまにか「ピンク色のゲル」が混入していた。

ゲルを食べた人曰く、「味はとってもカオス」であるらしい。
ゲルを食べた猫曰く、「とってもおいしい」らしい。



↓ヴァルトリエ緑化公園、過去ログ保存場所↓
http://www3.point.ne.jp/~sunz/auc/kouen.htm


ヴァルトリエ緑化公園、企画者
妖精ジル (id:10ly)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。