※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京電力ヒアリング(by加藤さん)

●参加者
加藤、海野、浦井、上村、多島
橋本、小林

●東伊豆町風力発電の現況
  • 既存の風車3基(稲取)が既に稼動。
設置は東伊豆町による。東電に売電している。
  • 東伊豆町では今後35基の風車の設置が予定されている。
  • 東電は河津町と東伊豆町に風力発電施設建設を計画している。
だが、環境影響評価の結果に対して環境団体から異議申し立てが
あったため建設計画はサスペンド中。改めて事前調査を行っている。
  • 東電は補助金を受けないので、環境影響評価は義務付けられてはいない。

  • CEFは東伊豆町天目地区(熱川)に10基を建設予定で既に着工。
  • CEFは補助金を受けているため、環境影響評価が義務付けられている。
  • 伊豆新聞は、「環境保護団体はCEFの工事着工に対して抗議している」と報道。

  • 東電は基本的に原子力発電を中心にした電力供給を希望
  • 電気の安定供給のためには、出力の増減を極力抑えたい。
  • 自然エネルギーは常時安定量を出力できない。
 →自然エネルギーは他の安定発電できる手段と併用するための
   代替的な手段のひとつ